インフルエンザ 薬服用後に転落死も 厚労省が注意呼びかけ

「賃金構造基本統計」も不適切 問題の統計は23に | NHKニュース

ふむ・・・


2019年1月28日 19時54分

厚生労働省が不適切な手法で統計調査を行っていた問題で、政府は新たに厚生労働省の「賃金構造基本統計」で決められた手法で調査が行われていなかったと発表しました。これで問題が見つかった基幹統計は7つの省庁の23統計となりました。

厚生労働省が賃金や労働時間に関する「毎月勤労統計調査」を不適切な手法で行っていた問題を受けて、政府は、特に重要な統計と位置づける56ある「基幹統計」について適切に行われているか点検を行い、先週24日、7つの省庁の22の統計で延べ31の手続き上のミスなどが見つかったと公表しました。

総務省は28日夜、緊急に会見を開き、新たに賃金の実態を労働者の雇用形態や職種ごとに把握するために厚生労働省が行っている「賃金構造基本統計」で、決められた手法で調査が行われていなかったと発表しました。

具体的には、総務大臣から承認を受けた計画では調査員が事業所に出向き対面で調査すべきところを、ほぼすべてで用紙を郵送で送り、回収していたほか、バーなど一部の業種を調査対象から外していたということです。

これで問題が見つかった基幹統計は7つの省庁の23統計で、延べ34の手続き上のミスとなりました。

点検結果の取りまとめにあたった総務省によりますと、政府がミスなどがみつかった統計の数を発表した翌日の先週25日に、厚生労働省から「賃金構造基本統計」でミスが発覚したと連絡があったということで、これまでのところこれ以外に追加の報告はないということです。

情報源:「賃金構造基本統計」も不適切 問題の統計は23に | NHKニュース


はぁ・・・


記事の有効期限: 2020年1月28日 Tuesday 10:44pm