日本人もメンバーの修道女ロックバンドが人気、法王の前で演奏へ:AFPBB News

ほぉ・・・


2019年1月18日 21:21

ペルーのリマでリハーサルを行うシエルバスのメンバー(2019年1月14日撮影)。(c)Cris BOURONCLE / AFP
ペルーのリマでリハーサルを行うシエルバスのメンバー(2019年1月14日撮影)。(c)Cris BOURONCLE / AFP

【1月18日 AFP】若い修道女たちのロックバンドが、動画投稿サイト「ユーチューブ(YouTube)」や音楽サービスの「Spotify(スポティファイ)」「iTunes(アイチューンズ)」でヒット曲を飛ばし、人気を呼んでいる。来週パナマで開かれるローマ・カトリック教会の祭典「世界青年の日(World Youth Day)」では、フランシスコ法王(Pope Francis)や数千人の信者たちの前で演奏を披露する。

バンド名は「シエルバス(Siervas)」。楽曲はロックンロールだが、セックスや薬物とは無縁だ。伝統的な修道衣に身を包み、持ち味のメロディックな旋律を奏でる。

メンバーはチリ、日本、エクアドル、中国、コスタリカ出身の若手修道女たちだ。

「これは、福音の教えを伝え、私たちの強さを示す新しい手段です」とメンバーの一人、シスター・イボンヌ(Sister Ivonne、37)は話す。「つまり、ロックは私たちが好きな音楽で、私たちがどういう人間かについて多くを表現してくれるのです」

シエルバスはキャッチーなキリスト教の歌を演奏する。メロディーだけを聞けば、音楽シーンの中心で活躍するロックバンドとほとんど変わらない。ペルーの首都リマで高層ビルのヘリパッドを舞台に演奏するミュージックビデオ「トラスト・イン・ゴッド(Trust in God)」は口コミで広がり、ユーチューブで約200万回再生された。

日本人のメンバーでバイオリン担当のシスター・アリサ(Sister Arisa、24)によれば、シエルバスは2014年にリマで、多国籍の音楽好きの修道女たちによって結成され、これまで米国を含む11か国で演奏してきた。シスター・アリサは「私たちが集まったのは、神様のおぼしめしでした」と語っている。(c)AFP/Roberto CORTIJO

情報源:日本人もメンバーの修道女ロックバンドが人気、法王の前で演奏へ(AFPBB News) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:日本人もメンバーの修道女ロックバンドが人気、法王の前で演奏へ 写真10枚 国際ニュース:AFPBB News




ふむ・・・


記事の有効期限: 2020年1月20日 Monday 2:45pm