韓国徴用判決「総理指示踏まえ具体的な措置検討」 菅官房長官

韓国徴用判決「総理指示踏まえ具体的な措置検討」 菅官房長官 | NHKニュース

厳しくやってやれ。


2019年1月7日 20時33分

太平洋戦争中の「徴用」をめぐる判決で、韓国の原告側が日本企業の資産の差し押さえを裁判所に申し立てたことについて、菅官房長官は記者会見で、安倍総理大臣の指示を踏まえ、韓国側の対応を見極めつつ、具体的な対抗措置の検討を進める考えを示しました。

太平洋戦争中の「徴用」をめぐる判決で、韓国の原告側が日本企業の資産の差し押さえを裁判所に申し立てたことについて、安倍総理大臣は6日のNHKの「日曜討論」で、国際法に基づく具体的な対抗措置の検討を関係省庁に指示したことを明らかにしました。

これについて、菅官房長官は記者会見で「韓国側の対応も見極めつつ、政府として対応の検討を行っているが、総理の指示も踏まえ、改めて関係省庁間で協力しつつ、国際法に基づき、きぜんとした対応をとるために具体的な措置の検討を深めていく」と述べました。

そのうえで「日韓関係に否定的な韓国側の動きが相次いでいることは大変残念だ。日韓関係は非常に厳しい状況にあるが、わが国の一貫した立場に基づき、韓国側に適切な対応を求めていきたい」と述べました。

さらに海上自衛隊の哨戒機が韓国軍の駆逐艦から射撃管制用レーダーを照射された問題で、韓国国防省が映像を公開したことについて、菅官房長官は「『防衛省の立場とは異なる主張がみられる』との報告を受けている。引き続き、防衛当局間で必要な協議を行っていく」と述べました。

レーダー照射問題 韓国国防省 “防衛当局間で問題解決を”

海上自衛隊の哨戒機が韓国軍の駆逐艦から射撃管制用レーダーを照射された問題で、韓国国防省のチェ・ヒョンス(崔賢洙)報道官は、7日午前の定例記者会見で、「両国は対話が必要だということについては共感しており、実務協議に向けてやり取りしているが、まだ具体的には決まっていない」と述べ、改めて防衛当局間の協議を通じて問題を解決したいという姿勢を示しました。

一方、韓国国防省はすでに韓国語と英語で公開している韓国側の主張をまとめた映像について、7日夜、日本語、中国語、フランス語、ロシア語、スペイン語の5つの言語でも公開しました。
国防省によりますと、今後アラビア語についても公開する予定だということです。

情報源:韓国徴用判決「総理指示踏まえ具体的な措置検討」 菅官房長官 | NHKニュース


へぇ・・・


記事の有効期限: 2020年1月7日 火曜日 10:57pm