メール操作も条件付きで可能に 自動運転の改正法試案公表

メール操作も条件付きで可能に 自動運転の改正法試案公表

ないわー・・・


自動運転社会の実現に向けて1歩前進です。車の自動運転に関する規定が初めて盛り込まれた改正道路交通法の試案が公表されました。ドライバーは自動運転中も安全に車を走らせる義務を負うとしたうえで、携帯電話の通話やメールの操作などは条件付きで認めるとしています。

メール操作も条件付きで可能に 自動運転の改正法試案公表
メール操作も条件付きで可能に 自動運転の改正法試案公表

政府は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年をめどに、自動運転の5つの段階のうち、運転席にいるドライバーが操作のすべてを自動運転に委ねることができる「レベル3」の高速道路での実用化などを目指しています。

警察庁が、20日に公表した改正道路交通法の試案はこのレベルの自動運転を想定していて、自動運転で車を走らせる行為は法律上の運転にあたると位置づけ、安全に車を走らせる義務は装置を使用するドライバーが負うとしています。

そのうえで、これまで禁止されていた、携帯電話を持ったままでの通話やメールの操作、カーナビの画面の注視などは、操作をすぐに引き継げるという状況であれば、自動運転中は認めるとしています。

一方、交通事故が起きた場合の原因究明などのため、自動運転の作動状態を記録する装置の備え付けが車の所有者などに義務づけられています。

警察庁は今後、一般からの意見を募集してさらに検討を行い、来年の通常国会に道路交通法の改正案を提出する方針です。

国家公安委員長「国民から幅広く意見募集」

今回、公表された改正道路交通法の試案について、山本国家公安委員長は20日の定例の記者会見で、「試案は、国内外の自動車メーカーなどが自動運転の実用化に向けて技術開発を進めている情勢を踏まえたもので、国民から幅広く意見を募集することにしている。多くの方に試案を知っていただきたい」と述べました。

情報源:メール操作も条件付きで可能に 自動運転の改正法試案公表 | NHKニュース


【速報】自動運転中スマホOKに 道交法改正案 条件つきで
【速報】自動運転中スマホOKに 道交法改正案 条件つきで

自動運転の際に、携帯電話での通話やメールが、条件付きでできるようになる。

警察庁は、自動運転実用化のための規定を盛り込んだ、道路交通法の改正案をまとめた。

自動運転のレベル3では、渋滞中の高速道路など特定の条件に限って、車のシステムが全ての運転操作を行う。

道交法改正案では、レベル3の自動運転中、ドライバーがシステムから確実に運転を交代できる態勢でいる場合には、携帯電話での通話や、カーナビを見ることの禁止を解除することなどを盛り込んでいる。

これにより、自動運転中にスマートフォンでメールをしたり、テレビを見たりすることができるようになる。

一方、飲酒については、引き続き、禁止している。

警察庁は今後、国民から意見を募集し、改正案を2019年の通常国会に提出して、東京オリンピック・パラリンピックが行われる2020年前半の施行を目指している。

情報源:【速報】自動運転中スマホOKに 道交法改正案 条件つきで(フジテレビ系(FNN)) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:【速報】自動運転中スマホOKに 道交法改正案 条件つきで – FNN.jpプライムオンライン


はぁ・・・


記事の有効期限: 2019年12月20日 金曜日 2:33pm