なんか不穏。Twitterでもバグ発生が発生し、データが漏えい | ギズモード・ジャパン

ふむ・・・


Image: Jose Luis Magana/AP
Image: Jose Luis Magana/AP

漏れたのは機密事項じゃないけれど…セキュリティー面が不安ですね。

本日Twitterは、「November bug 」と呼ばれるバグの影響を受けた一部のユーザーに向け、その知らせを通知しました。これまでのところ、同社はどれだけのアカウントのデータが潜在的に公開されるのか、その数を見積もることを拒否しているとのことです。

漏洩事件多し

最近は大規模なFacebookの情報流出個人的な写真にアクセスできるバグ、そしてGoogle+のバグ、次に2番目のGoogle+のバグ、そしてAmazonの従業員が顧客のメールアドレスを共有した後、“技術的な問題が起こった”として更に多くのメールアドレスが漏洩してきました。

ですが今回はちょっと毛色が違い、おそらく個人情報漏洩は少なく、アカウントがロックされている/いないに関わらず、電話番号に付随した国番号が漏洩したらしいとのこと。

不穏な動き

データ漏洩は良いことではありません。TechCrunchは、この情報は外国人関係者による内部通報者の追跡に使用される可能性があると報じています。

Twitter自身も、報告書の中で「中国とサウジアラビアにある個々のIPアドレスからの多数の問い合わせ」を含む「異例の活動」を発見した、と書いています。それらは反対思想を持っているので、良い扱いを受けていない国々です。

Twitterは「あなたは何もする必要はありません、私たちはこの問題を解決しました」と主張しています。しかしながら、たとえ国番号のような比較的価値の低い情報であっても、なぜTwitterが1カ月以上も経ってから、ユーザーに個人的な情報を知らせるのかは不明です。

Twitterが公表した説明文は、ヘルプセンターから読むことができます。

Source: The New York TimesTechCrunchTwitter

情報源:なんか不穏。Twitterでもバグ発生が発生し、データが漏えい | ギズモード・ジャパン


はぁ・・・


記事の有効期限: 2019年12月18日 Wednesday 8:13pm