iPS細胞のストック事業を、外部組織に移行へ

iPS細胞のストック事業を、外部組織に移行へ – FNN.jpプライムオンライン

ふむ・・・


京都大学iPS細胞研究所は再生医療に使うiPS細胞の備蓄事業について、外部組織への移行を検討していると明らかにしました。

【iPS細胞研究所山中伸弥所長】
「高品質なIPS細胞を安定的にそして低コストで供給すること。そのための手段として永続的な組織を作ることを考えている」

iPS細胞は患者本人の細胞から作れば移植した時の拒絶反応を避けられますが、作成の時間と費用が課題でした。

そのため研究所は拒絶反応を起こしにくい白血球の型を持ったドナーの細胞から予めiPS細胞を作って備蓄しておく事業を進めていました。

ただ、雇用の確保や収益事業の制限など、大学での活動には限界があるため、公益財団法人への移行を検討しているということです。

情報源:iPS細胞のストック事業を、外部組織に移行へ(関西テレビ) – Yahoo!ニュース

情報源:iPS細胞のストック事業を、外部組織に移行へ – FNN.jpプライムオンライン


へぇ・・・


記事の有効期限: 2019年12月18日 Wednesday 8:20pm