エジプトで“ファラオに仕えた神官の墓発見” 床下に穴も

エジプトで“ファラオに仕えた神官の墓発見” 床下に穴も | NHKニュース

ほぉ・・・


エジプト考古省は、首都カイロの南で、4400年前にファラオに仕えた神官の墓を発見したと発表し、今後、墓の内部からひつぎや副葬品などさらなる発見が期待されるとしています。

エジプトで“ファラオに仕えた神官の墓発見” 床下に穴も
エジプトで“ファラオに仕えた神官の墓発見” 床下に穴も

エジプトのアナニ考古相は15日、カイロの南にあるサッカラでエジプトの調査隊が4400年前、古代エジプトのファラオに仕えた神官の墓を発見したと発表しました。

公開された墓は奥行きが10メートル、幅3メートル、高さも3メートルで、壁には、多数の像やヒエログリフと呼ばれる文字が彫られています。

また、赤茶色や青色など当時の鮮やかな色彩が保たれています。エジプト考古省によりますと、墓の床下には5つの穴があり、神官のひつぎや副葬品などが収められている可能性があるということで、今後、発掘作業を進めるということです。

アナニ考古相は「新しい発見で、保存状態が非常によく、色彩も残っている」と述べ、高い価値があると強調しました。

情報源:エジプトで“ファラオに仕えた神官の墓発見” 床下に穴も | NHKニュース


へぇ・・・


記事の有効期限: 2019年12月16日 Monday 11:46am