新天皇公布なら改元は5月2日 政府見解、保守派に伝達

4月1日付じゃないのかよ。


新元号の公表時期を巡り、仮に、皇太子さまが来年5月1日の新天皇即位後に改元の政令を公布された場合、1日中の施行は困難で、改元は翌2日にずれ込むとの見解を政府がまとめたことが分かった。即位後の公布を主張する自民党保守派にこの見解を伝えた。政令の決定時期は「皇位継承前でも問題ない」として新元号を事前公表する方針を堅持する。関係者が15日、明らかにした。

新天皇即位後の公布では来年5月1日の即位と同時に改元ができず、国民生活にも影響を与えることを明確にし、保守派の理解を求める狙いがあるとみられる。

新元号に関する「政府見解」のイメージ
新元号に関する「政府見解」のイメージ

情報源:新天皇公布なら改元は5月2日(共同通信) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:新天皇公布なら改元は5月2日 政府見解、保守派に伝達


崩御による改元じゃないんだし。早く決めて発表しろよ。


記事の有効期限: 2019年12月16日 Monday 2:40pm