オーストラリア エルサレムをイスラエルの首都と認定

オーストラリア エルサレムをイスラエルの首都と認定 | NHKニュース

ふむ・・・


オーストラリアのモリソン首相は中東のエルサレムをイスラエルの首都と認めると発表し、中東和平が実現したのちに大使館を移転させる方針を明らかにしました。

オーストラリアのモリソン首相は15日、シドニーで演説し、中東の長年の係争地であるエルサレムについて、「首都をどこに決めるかはすべての国が持つ権利だ。イスラエル政府の機関が多く置かれている西エルサレムを首都と認める」と述べて、エルサレムをイスラエルの首都と認定すると発表しました。

そのうえで、現在、テルアビブにあるオーストラリア大使館については移転先の候補地を検討し始めたものの、中東和平が実現するまで移さず、当面はエルサレムに、貿易と防衛に関する事務所を設置すると述べました。

また、モリソン首相は、「パレスチナが望む東エルサレムを首都とする将来的な国家の樹立を受け入れる」として、イスラエルと、将来的なパレスチナ国家が共存する「2国家共存」による解決を目指す方針に変わりはないとしています。

モリソン首相はことし10月、イスラエルにある大使館をエルサレムに移転することを検討すると発表し、国内外から批判を受けていました。

アメリカなどに続き、オーストラリアもエルサレムを首都と認定したことで、パレスチナ側が反発を強めるのは確実です。

イスラエルは歓迎 パレスチナ側は反発

オーストラリアの対応について、イスラエル外務省は「ユダヤ民族とエルサレムとの歴史的なつながりを認めるとともに、中東和平の将来に向けた現実的なアプローチだ」として歓迎する声明を出しました。

一方、パレスチナ側は声明を出し、「平和と安全に反する無責任な政治判断だ。オーストラリアはアメリカのトランプ大統領やイスラエルのネタニヤフ首相の仲間入りすることを選択している」と反発しています。

情報源:オーストラリア エルサレムをイスラエルの首都と認定 | NHKニュース


へぇ・・・


記事の有効期限: 2019年12月16日 Monday 11:55am