日産 15万台リコールへ ブレーキ性能検査で不正

日産、約15万台リコール 不正検査、11車種で

はぁ・・・


検査データの書き換えなど不正が相次いでいる日産自動車は、新たな検査の不正がわかったと先週発表したおよそ15万台について、リコールを国に届け出ました。

対象となるのは、日産の「ノート」「リーフ」「キューブ」「ジューク」「シルフィ」「アトラス」「シビリアン」「マーチ」と、日産が製造していすゞが販売している「エルフ」と「ジャーニー」、それに日産が製造して三菱自動車が販売している「ふそうキャンター」の合わせて11車種、およそ15万台です。

製造期間は去年11月7からことし10月25日までです。ブレーキやハンドルなど6つの性能を調べる検査で、正しい測定をしていなかったということです。

燃費や排ガスなどのデータを改ざんするなど検査をめぐる不正が相次いだ日産は、ことし9月、国土交通省に再発防止策を提出しましたが、その後も続けられていた不正によるリコールとなります。

一連の不正な検査でリコールの対象となった車はおよそ130万台に上り、国土交通省は再発防止策の実施状況を四半期ごとに報告するよう求めるなど、指導を徹底していくことにしています。

情報源:日産 新たな検査不正発覚の15万台 リコール届け出 | NHKニュース


日産自動車追浜工場に並ぶ自動車=2017年、神奈川県横須賀市
日産自動車追浜工場に並ぶ自動車=2017年、神奈川県横須賀市

日産自動車は13日、ブレーキやスピードメーターなど6項目で新たな検査不正が見つかったことを受け、小型車「ノート」などの11車種、計14万8780台をリコールすると国土交通省に届け出た。

リコールの対象車は、追浜工場(神奈川県横須賀市)で生産した「ノート」や「リーフ」のほか、グループのオートワークス京都(京都府宇治市)が手掛けた「アトラス」や「シビリアン」など。昨年11月から今年10月25日に生産された。

今回の不正は自主点検で発覚し、今月7日にリコールの方針を公表していた。

情報源:日産、約15万台リコール(共同通信) – Yahoo!ニュース

情報源:日産、約15万台リコール 不正検査、11車種で – 共同通信 | This kiji is


情報源:日産:リコール関連情報 完成検査不備に関するリコールについて


ふむ・・・


記事の有効期限: 2019年12月13日 Friday 3:44pm