退任後報酬支払うとした文書にサインも “正式文書でない”

退任後報酬支払うとした文書にサインも “正式文書でない” | NHKニュース

ふむ・・・


日産自動車のカルロス・ゴーン前会長が逮捕された事件で、側近の前代表取締役がゴーン前会長の退任後に報酬を支払うとした合意文書に毎年、サインしていたことを認めていることが関係者への取材でわかりました。一方で前代表取締役は「正式な文書ではなく退任後の報酬は決まっていなかった」などと容疑を否認しているということです。

日産自動車の代表取締役だったグレッグ・ケリー容疑者は(62)会長だったカルロス・ゴーン容疑者の報酬を(64)有価証券報告書に少なく記載していたとして金融商品取引法違反の疑いが持たれています。

関係者によりますと、ケリー前代表取締役はゴーン前会長の実際の報酬との差額を退任後に支払うとした合意文書を毎年、作成していましたが、東京地検特捜部の調べに対し、この文書にみずからが毎年、サインしていたことを認めていることが関係者への取材でわかりました。

一方でケリー前代表取締役は「文書はゴーン前会長を日産につなぎとめるために作成したが、正式な文書ではなく退任後の報酬は決まっていなかった」などと主張し、ゴーン前会長とともに容疑を否認しているということです。

特捜部はこうした文書が前会長の退任後の報酬が確定していたことを示す証拠の1つとみて調べているものとみられます。

情報源:退任後報酬支払うとした文書にサインも “正式文書でない” | NHKニュース


はぁ・・・


記事の有効期限: 2019年12月2日 Monday 10:17am