“神の薬”中国人に横流しか 卸売会社社長ら逮捕

“神の薬”処方薬 中国人に横流しか 卸売会社社長ら逮捕 | NHKニュース

ふむ・・・


中国で「神の薬」と呼ばれるほど人気が高い日本製の医薬品を、埼玉県の医薬品卸売会社が、中国人の密売グループに横流ししていた疑いがあることがわかりました。大阪府警察本部は、こうした医薬品を無許可で販売する目的で保管していたとして、会社の社長らを逮捕し、密売の実態解明を進めることにしています。

逮捕されたのは、埼玉県草加市の医薬品卸売会社の社長、増谷健一容疑者(60)と、大阪 天王寺区の大学生、楊皓然容疑者(22)ら3人です。

警察によりますと、増谷社長ら3人はことし9月、貧血の治療薬などの医薬品を許可を受けずに、病院や薬局以外の相手に販売する目的で倉庫に保管していたなどとして、医薬品医療機器法違反の疑いが持たれています。

中国では、日本製の医薬品は“よく効く”として「神薬」=「神の薬」と呼ばれ、人気が高いということです。

警察はことし5月に、SNSを利用して中国人観光客などに密売していた中国人のグループを摘発し、入手先の調べを進めた結果、3人が仕入れた医薬品を大量に横流ししていた疑いがあることがわかったということです。

調べに対し増谷社長は容疑を否認し、楊容疑者は容疑を認めているということです。

また楊容疑者は密売グループの1人とみられ、特に人気の高い処方箋の必要な薬も密売していた疑いもあり、警察はこれまでに関係先から痛風治療薬などの処方薬を押収しています。中国人への医薬品の密売をめぐって、卸売会社が摘発されるのは珍しいということで、警察は仕入れや販売の実態解明を進めることにしています。


“神の薬”処方薬 中国人に横流しか 卸売会社社長ら逮捕
“神の薬”処方薬 中国人に横流しか 卸売会社社長ら逮捕

中国で「神の薬」と呼ばれるほど人気が高い日本製の処方薬を、埼玉県の医薬品卸売会社が中国人の密売グループに横流ししていた疑いがあることが、捜査関係者への取材で分かりました。大阪府警察本部は、医薬品を無許可で販売する目的で保管していたとして、社長の男らを逮捕し、密売の実態解明を進める方針です。

逮捕されたのは、埼玉県にある医薬品卸売会社の60代の社長の男ら数人です。

捜査関係者によりますと、処方箋が必要な痛風治療薬などの医薬品を、許可を受けずに病院や薬局以外の相手に販売する目的で保管していたとして、医薬品医療機器法違反の疑いが持たれています。

中国では日本製の医薬品は、“よく効く”として「神薬」=「神の薬」と呼ばれ、医師の処方箋が必要なものは特に人気が高いということです。

警察はことし5月に、SNSを利用して中国人観光客などに密売していた中国人のグループを摘発し、入手先について調べを進めた結果、埼玉県の卸売会社が仕入れた医薬品を大量に横流ししていた疑いがあることが分かったということです。

中国人への医薬品の密売をめぐって、卸売会社が摘発されるのは珍しいということで、警察は仕入れや販売の実態解明を進めることにしています。

情報源:“神の薬”処方薬 中国人に横流しか 卸売会社社長ら逮捕 | NHKニュース


はぁ・・・


記事の有効期限: 2019年12月2日 Monday 4:57pm