「ゴーン氏の退任後の報酬 未決定で記載必要ない」ケリー氏

「ゴーン氏の退任後の報酬 未決定で記載必要ない」ケリー氏 | NHKニュース

ほぉ?


金融商品取引法違反の疑いで逮捕された日産自動車のグレッグ・ケリー前代表取締役が逮捕後、カルロス・ゴーン前会長の退任後に報酬を支払う計画があったことを認めたうえで、「退任後の報酬は正式に決まっていたわけではなく、有価証券報告書に記載する必要はない」などと説明していることが、関係者への取材でわかりました。

日産自動車の代表取締役だったグレッグ・ケリー容疑者(62)は、会長だったカルロス・ゴーン容疑者(64)の報酬を有価証券報告書に少なく記載していたとして、金融商品取引法違反の疑いが持たれています。

関係者によりますと、ゴーン前会長は公表されるみずからの報酬を毎年10億円程度にするようケリー前代表取締役に指示し、実際の報酬との差額は、ゴーン前会長の退任後に退職の慰労金やコンルタントの契約料などとしておよそ80億円が支払われる計画になっていたということです。

これについて、ケリー前代表取締役は逮捕後、ゴーン前会長の退任後に報酬を支払う計画はあったことを認めたうえで、「退任後の報酬は正式に決まっていたわけではなく、有価証券報告書に記載する必要はない」などと周囲に説明していることが、関係者への取材でわかりました。

金融商品取引法などでは、退任後に報酬を受け取る場合でも受け取る額が確定した段階で有価証券報告書に記載する必要があり、東京地検特捜部が詳しい経緯を調べています。

情報源:「ゴーン氏の退任後の報酬 未決定で記載必要ない」ケリー氏 | NHKニュース


なんとでも言えるわな。


記事の有効期限: 2019年11月26日 Tuesday 10:00am