広島からFAの丸 3球団との交渉で「結論は出ていない」

広島からFAの丸 3球団との交渉で「結論は出ていない」

背番号は決め手になるかね?


プロ野球 広島から国内に限ったFA=フリーエージェントを宣言した丸佳浩選手が25日、広島市内で取材に応じ、「結論は出ていない」としながらも、これまで交渉した3球団とは今後、再交渉しない見通しで、近く最終的に決断するものとみられます。

丸選手はフリーエージェントを宣言したあと、残留を求める広島に続いて今月22日にロッテと交渉し、24日夜は3球団目となる巨人と東京都内で交渉しました。

丸選手は25日、広島に戻って、マツダスタジアムで報道陣の取材に応じ、24日夜の巨人との交渉について「プレーに専念できるようサポート体制を整えるということばをいただいた。原監督からは『新しい血を入れてほしい。カープでやってきたいいものをジャイアンツに持ち込んでやってもらいたい』と話してもらった」と交渉の一端を明かしました。

丸選手はこれで3球団との交渉を終え、「ある程度の判断材料はそろったが、現段階で結論は出ていない」と話していますが、いずれの球団とも再交渉はしない見通しです。

丸選手に対しては3球団とも複数年の大型契約を提示し、これに加えて、ロッテは井口監督がみずからの背番号「6」を譲る考えを示しているほか、巨人は原監督の現役時代の背番号「8」を提示していて、こうした条件の中から近く最終的に決断するものとみられます。

情報源:広島からFAの丸 3球団との交渉で「結論は出ていない」 | NHKニュース


報道陣の取材に応じる広島・丸佳浩=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
報道陣の取材に応じる広島・丸佳浩=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)

国内FA権を行使している広島・丸佳浩外野手が25日、マツダスタジアムを訪れ、取材に応じた。前夜に都内で巨人と交渉したが、結論は出ず「まだ考えています」と話した。交渉については「誠意を持ってお話ししていただきましたし、よりプレーに専念できるようにサポートできる態勢を整えると言っていただきました」と振り返った。

同席した原監督からは「ジャイアンツに新しい血を入れてくれ、カープでやってきたいいものをジャイアンツに持ち込んでほしい」と訴えられたという。これで広島、ロッテ、巨人と交渉を終えた。

情報源:FAの広島・丸、巨人との交渉から一夜明けも結論は出ず「まだ考えています」/カープ/デイリースポーツ online


それでいうのなら、現在の「9」は緒方監督の現役時代の番号だし。


記事の有効期限: 2019年11月25日 Monday 5:05pm