ゴーン前会長の後任、ルノーに「指名させぬ」 日産伝達

さて・・・


日産自動車の臨時取締役会が開かれたグローバル本社=横浜市
日産自動車の臨時取締役会が開かれたグローバル本社=横浜市

日産自動車が、金融商品取引法違反容疑での逮捕を受けて会長職を解いたカルロス・ゴーン容疑者の後任会長について、大株主の仏ルノーに対し、指名させないとの意向を伝えていたことが分かった。

日産の幹部が明らかにした。「会長を決める権利まで向こうにあるわけではない」と話した。ゴーン容疑者が会長職の解任後も取締役にとどまっていることを踏まえ、取締役の追加そのものが難しいことを理由に挙げた。

2社のつばぜり合いは、今回の事件をきっかけに国際的な注目を集めており、日本とフランスの外交問題にもなりつつある。

パリ郊外にあるルノー本社=20日、ブーローニュビヤンクール、疋田多揚撮影
パリ郊外にあるルノー本社=20日、ブーローニュビヤンクール、疋田多揚撮影

世耕弘成経済産業相は22日、大阪万博誘致のために訪れたパリで、ルメール仏経済相と1時間ほど会談。両氏は「両社のアライアンス(提携)が安定的に続くことが重要」との認識で一致した。

ただ、世耕氏は会談後の取材に「今後の提携のあり方は関係者が合意、納得した上で進めることが重要」とも話し、フランス側を牽制(けんせい)した。

ルノーが日産株の43%を握るのに対し、日産の持つルノー株は15%。業績で上回る日産が、多くの利益をルノーに配当として納めてきた。

会談に先立ち、握手を交わす世耕弘成経済産業相(右)とルメール仏経済相=22日、パリ、疋田多揚撮影
会談に先立ち、握手を交わす世耕弘成経済産業相(右)とルメール仏経済相=22日、パリ、疋田多揚撮影

フランス政府は出資先のルノーを通じて日産への影響力をさらに強め、自国の雇用につなげたい。ゴーン容疑者は、その意向を踏まえて関係強化に動いていたが日産側は不満を募らせ、先行きは事件によってさらに流動化している。

ルノーは日産との関係への影響に神経をとがらせる。最高経営責任者(CEO)の暫定代行に就いたティエリー・ボロレ氏は22日の声明で「ルノーグループの利益と(三菱自動車を含む)3社連合の持続可能性を守るという使命に集中し続ける」と述べた。

フランス側の警戒心は、地元メディアの報道にも反映されている。仏経済紙レゼコーは「陰謀説は本当か?」と見出しをつけた記事を22日付紙面に掲載。「クーデターだと疑わないわけにはいかない」というゴーン容疑者側近の声を紹介した。

情報源:ゴーン前会長の後任、ルノーに「指名させぬ」 日産伝達(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

情報源:ゴーン前会長の後任、ルノーに「指名させぬ」 日産伝達:朝日新聞デジタル


日産自動車がカルロス・ゴーン容疑者の代表取締役会長職を解任した22日の臨時取締役会の詳細なやり取りがわかった。約4時間の長丁場となった取締役会のほとんどは、ルノー出身の2人の取締役から「解任やむなし」の結論を得るために費やされていた。

横浜市の日産本社。午後4時半、22階建てビルの最上階に近い役員会議室に西川(さいかわ)広人社長ら5人の日本人取締役が着席し、ルノー出身のベルナール・レイと、ジャンバプティステ・ドゥザンの両取締役はフランスからテレビ会議で参加した。

「情報がない、事実を教えてくれ」「日本の司法手続きはどうなっているのか」。ルノー出身の2人から矢継ぎ早に質問が上がった。

フランスでは、日産とルノーの統合を計画したとされるゴーン容疑者を、日産側が追放したとの「陰謀説」が連日報道されていた。日産には、2人が解任に反対した場合、ゴーン容疑者を陥れたとの印象が広がりかねないとの懸念があった。

しかし、報酬を実際より大幅に低く見せたうえ、会社の資金も私的に流用していた手口が詳細に説明されるにつれ、雰囲気は変わった。「ほんの一握りの人間が金脈を取りに行っていた。こんなことができるのか」。想像を超える内容に、ある日本人取締役は言葉を失った。

「解任に賛成いただけるでしょうか」。西川社長が決議に移ると、ルノー出身の2人は「アグリー(賛成)」と答え、解任は全会一致で決まった。

ある日産幹部は、取締役会を終えた後、「陰謀ではないと2人は納得し、はっきり賛成に回った」と解説し、安堵(あんど)の表情を浮かべた。

情報源:ルノー出身2人に「陰謀ではない」説得4時間(読売新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:ルノー出身2人に「陰謀ではない」説得4時間 : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


ふむ・・・


記事の有効期限: 2019年11月24日 Sunday 2:48pm