社員旅行が嫌な人達の不満「欠席だと費用が返金されない」「参加しないと評価下がる」 | キャリコネニュース

仕事の人間関係を終業後も続けるのは苦痛。


  • 社員旅行についてアンケートを行ったところ、「行きたい」と回答した人は8%だった
  • 参加を断りづらく、休んだ場合は確実に評価に響くので重荷に感じる社員が多いらしい
  • また、旅行費用が天引きされ、不参加の際に費用が戻ってこない会社もあるという

福利厚生の一環として会社が実施する社員旅行。景気の良い企業では、ディズニーランドの貸切や海外旅行など、豪華なイベントを企画するところもある。

社員同士の交流を深め、仕事を忘れて楽しむことができるのは良い点だ。しかし2017年にキャリコネニュースが行ったアンケートでは、社員旅行に「行きたい」と回答した人はわずか8%。6割以上の人が「絶対やだ」と答えている。

企業口コミサイト「キャリコネ」に寄せられた、社員旅行に「行きたくない」と感じている人々の口コミを見てみよう。(参照元 キャリコネ

「参加しないと評価が下がる」「管理職ぐるみで出席を強要してくる」

行きたくない……
行きたくない……

「年一回の社員旅行を『福利厚生』として自慢に思っている。実施日は週末前の最終出勤日の業務後から週末に行う。参加しないと評価が下がり、しばらく嫌味を言われ続ける。社員も本当は行きたくないと思っているが、仕方がないので参加している」(コールセンタースタッフ 30代前半 女性 正社員 年収500万円)

「社員旅行や部門の懇親会があり、参加しないと評価に響くというローカルルールがある」(会計コンサルタント 30代前半 男性 正社員 年収600万)

「社員旅行が年に一回ある。給料から毎月旅行費用が天引きされている。欠席すれば返金されるが、ほとんどのものは行きたくないと言っているにもかかわらず、理事長以下管理職ぐるみで出席を強要してくる。古い体質である」(教師・インストラクター 30代前半 男性 正社員 年収400万円)

海外旅行や高級旅館など、社員の楽しみとなっている社員旅行がある一方で、「参加の有無が仕事の評価にかかわってしまう」という口コミが目立った。

参加を断りづらく、休んだ場合は確実に評価に響くとあっては、社員旅行そのものを重荷に感じる社員もいるだろう。

本来、社員旅行は福利厚生の1つとして、社員が日頃の業務を忘れてリフレッシュし、社員同士の交流を深めるためのものだ。評価を気にして無理やり参加し、社員旅行自体がストレスとなってしまっては意味がない。「行かない」という選択肢も尊重されるべきで、その選択が評価につながってはいけない。

「仕事とプライベート分けたい」「仕事面と一緒に旅行したくない」」

「社員旅行の参加自体は自由だが、強制的に給料からイベント費が徴収され、参加しなくても返金されず、微々たる『お土産』という形でお茶を濁される」(技術関連職 30代前半 男性 正社員 年収300万円)

「仕事面と社員旅行を一緒にしたくないのは現実です。家族が行きたくないと言えばそれまでです。そして何より私が苦しいです」(経営コンサルタント 20代前半 男性 正社員 年収700万)

「社員旅行の参加自体は選べる会社でも、不参加の際に天引きされた旅行費用が戻ってこない」という残念な口コミも。旅行の欠席が評価に響かなかったとしても、徴収されたお金が戻ってこないのは不公平だ。また、「家族参加ができる社員旅行もあるが、仕事とプライベートを分けたい」という口コミも見られた。

社員旅行でストレスが増えてしまってはもったいない。会社側は無理強いや体育会系のノリを改善し、参加しやすい雰囲気を作ることが求められる。

情報源:社員旅行についてアンケート 「行きたい」と回答した人は8%で6割超が「絶対やだ」|ニフティニュース

情報源:社員旅行が嫌な人達の不満「欠席だと費用が返金されない」「参加しないと評価下がる」 (2018年10月30日) – エキサイトニュース(1/2)

情報源:社員旅行が嫌な人達の不満「欠席だと費用が返金されない」「参加しないと評価下がる」 | ニコニコニュース

情報源:社員旅行が嫌な人達の不満「欠席だと費用が返金されない」「参加しないと評価下がる」 – ネタりか

情報源:社員旅行が嫌な人達の不満「欠席だと費用が返金されない」「参加しないと評価下がる」 | キャリコネニュース


当然の反応だろう。


記事の有効期限: 2019年1月15日 Tuesday 10:04am