「中学生日記」の脚本家 蓬莱泰三さん 死去

「中学生日記」の脚本家 蓬莱泰三さん 死去 | NHKニュース

89歳か・・・、お悔やみ申し上げます。


NHKのドラマ「中学生日記」の脚本などを手がけた脚本家で作詞家の蓬莱泰三さんが、今月5日、肝内胆管がんのため東京都内の病院で亡くなりました。89歳でした。

蓬莱さんは兵庫県出身で、大学を卒業後、新聞記者やNHK大阪放送劇団をへて、執筆活動に入りました。

昭和49年から平成12年にかけて、NHKのドラマ「中学生日記」の脚本に携わり、その時代ごとの中学生たちが抱える悩みや友情などを丁寧に描いたほか、NHK教育テレビで放送していた子ども向けの人気番組、「できるかな」の脚本も担当しました。

また、合唱曲の作詞も手がけるなど、子どものための作品を数多く残しました。

関係者によりますと、蓬莱さんはことし6月にがんと診断されたあと自宅で療養を続けていましたが先月末に体調を崩し、今月5日、東京都内の病院で亡くなったということです。

情報源:「中学生日記」の脚本家 蓬莱泰三さん 死去 | NHKニュース


TVドラマで見ていたのは、「フルハウス」と「アルフ」くらいだな。「中学生日記」も含めてTVドラマってどうにも好きになれない。


記事の有効期限: 2019年1月14日 Monday 11:06pm