ピーター・フランクル氏がBTS問題に言及「安い方法で人気を上げようとするのは許せない」

世界を敵に回してることに気づいてないのかね・・・


BTS(ロイター)
BTS(ロイター)

13日放送のTBS系「ビビット」は米国のユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」が韓国の7人組ヒップホップグループ「防弾少年団(BTS)」の原爆Tシャツ問題を非難した話題を取り上げた。

同団体はBTSの過去の行為について声明を発表し「ナチス親衛隊の徽章をつけた帽子でポーズしたり、コンサートでナチスを想起させる旗を掲げたりしていた。日本の人々とナチスの被害者に謝罪すべきだ」とBTSと所属事務所に謝罪を求めた。

番組には祖父母がナチスのアウシュビッツ強制収容所で亡くなり、母親も収容された経験を持つ数学者のピーター・フランクル氏(65)がVTR出演した。

同氏はナチスの象徴をパフォーマンスの材料に使ったBTSに「こういう安い方法によって自分たちの人気をさらに上げようとすることはやっぱり許せない。残念ながら、世界ではこういうものを実際禁じるのは当のドイツだけなんですね。ボク個人としてはすごい怒りを感じるんですけど、でも何もできないから無力感が強い」と怒りとやるせなさをにじませた。

さらに「何よりも責任があるのは服をデザインしたとか、彼らに着せた人たちなんですね」とTシャツのデザイン会社や所属事務所の責任を厳しく指摘。

「日本人と韓国人は今の若者世代はお互いにあまりわだかまりはなくて仲良く過ごせる。だから同じ音楽を愛することもできるし。そういう中に、嫌なこと入れるのは罪だと思いますね」と、関係改善に水を差す行為を批判した。

情報源:ピーター・フランクル氏がBTS問題に言及「安い方法で人気を上げようとするのは許せない」(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

情報源:ピーター・フランクル氏がBTS問題に言及「安い方法で人気を上げようとするのは許せない」


はぁ・・・


記事の有効期限: 2019年1月13日 Sunday 11:55am