CNN.co.jp : レイプされ出産の女性、殺人未遂で起訴 法律で中絶できず エルサルバドル

えぇ・・・


中米エルサルバドルで義父に強姦されて出産した女性が殺人未遂で起訴された/MARVIN RECINOS/AFP/Getty Images
中米エルサルバドルで義父に強姦されて出産した女性が殺人未遂で起訴された/MARVIN RECINOS/AFP/Getty Images

(CNN) 中米エルサルバドルで義父に強姦(ごうかん)されて妊娠・出産した女性が、生まれた子どもを殺害しようとしたとして起訴された。同国は法律で一切の人工妊娠中絶を禁止している。

支援団体のCEJILによると、イメルダ・コルテス被告(20)は昨年4月、義父との間にできた子どもを仮設トイレで出産した。子どもは無事だったが、コルテス被告は殺人未遂の罪に問われた。

弁護人がトムソン・ロイター財団に語ったところによると、有罪になれば20年以下の禁錮を言い渡される可能性がある。コルテス被告は起訴内容を否認しているという。

エルサルバドルでは人工妊娠中絶が法律で厳格に規制され、たとえ強姦されて妊娠した場合でも、母親の生命が危険にさらされていたとしても、例外なく中絶は認められない。

コルテス被告の釈放を求める嘆願には5万近い署名が集まっている。

支援者らによると、コルテス被告は同国南部の貧しい家庭に生まれ、12歳の時から70歳の義父によって性的に虐待され続けていた。子どもが生まれた時は、自分が出産したとは認識しておらず、出血に気付いて悲鳴を上げ、病院に運ばれたという。

後に発見された赤ん坊は元気そうな様子だったといい、コルテス被告の母親に引き取られた。母親は今も、娘を強姦した男性と同居している。

エルサルバドルでは、女性が人工妊娠中絶したり、あるいは単純に流産しただけで、50年以下の禁錮を言い渡される可能性がある。中絶の合法化を求める市民団体によると、法律に基づいて起訴された女性は2000~2011年にかけて少なくとも129人に上り、「(コルテス被告と)同様のケースは数えきれない」という。

情報源:レイプされ出産の女性、殺人未遂で起訴 法律で中絶できず エルサルバドル(CNN.co.jp) – Yahoo!ニュース

情報源:CNN.co.jp : レイプされ出産の女性、殺人未遂で起訴 法律で中絶できず エルサルバドル


自称人権団体はこういう所に文句言えよ。


記事の有効期限: 2019年1月13日 Sunday 11:38am