人気絵本「はらぺこあおむし」翻訳 森比左志さん死去 101歳

人気絵本「はらぺこあおむし」翻訳 森比左志さん死去 101歳 | NHKニュース

101歳か、お悔やみ申し上げます。


児童文学作家で、世界的ロングセラーの絵本「はらぺこあおむし」の翻訳などを手がけた森比左志さん(本名 森久保仙太郎さん)が今月9日、心筋梗塞のため、都内の自宅で亡くなりました。101歳でした。

人気絵本「はらぺこあおむし」翻訳 森比左志さん死去 101歳
人気絵本「はらぺこあおむし」翻訳 森比左志さん死去 101歳

森比左志さんは相模原市の出身で、小学校の教諭などをへて歌人や児童文学作家として活躍しました。

中でも、アメリカの絵本作家、エリック・カールさんの作品「はらぺこあおむし」の翻訳を手がけるなど、カールさんの作品の多くを翻訳しました。

また、これまでに980万部余りが発行された「こぐまちゃんえほん」シリーズの作者のひとりでもあり、絵本の文章部分を担当しました。

いずれの作品も世代を超えて永きにわたって人気を集めています。葬儀は13日と14日、東京・中野区の宝仙寺で執り行われます。

ネット上でも悼む声

森さんが亡くなったことについて、ネット上では、悼む声が広がっています。

このうちツイッターには「本当にすてきな絵本をありがとうございました」とか「ご長寿とはいえまだまだ長生きしてほしかった」など、感謝の言葉とともに残念がる投稿も相次いでいます。

作品の思い出を振り返る人も多く「はらぺこあおむしは私も子どもたちもセリフを覚えるほど大好きな大好きな絵本の一つでした」とか「子どものころ大好きでした。今は子どもに読み聞かせています」など、自分と子どもの2世代にわたって親しんだという投稿が目立ちました。

情報源:人気絵本「はらぺこあおむし」翻訳 森比左志さん死去 101歳 | NHKニュース


家にあるわ。


記事の有効期限: 2019年1月12日 Saturday 2:54pm