「徴用」めぐる裁判の原告側 新日鉄住金を訪問も面会できず

「徴用」めぐる裁判の原告側 新日鉄住金を訪問も面会できず

当たり前だろ。


韓国の最高裁判所が太平洋戦争中の「徴用」をめぐる裁判で、新日鉄住金に損害賠償の支払いを命じたことを受けて12日、原告の弁護士が、判決に従うよう申し入れを行うために新日鉄住金の本社を訪問しました。しかし、会社側と面会することはできず、今後、資産を差し押さえるための手続きに踏み切る構えを示しました。

韓国の最高裁判所は先月、太平洋戦争中に、「徴用工として日本で強制的に働かされた」と主張する韓国人4人に対して、1人当たり日本円にして約1000万円の損害賠償を支払うよう、新日鉄住金に命じる判決を言い渡しました。

これを受けて、原告の弁護士2人や支援者が、判決に従って、賠償の支払いに応じるよう、申し入れを行うため、12日午前、東京 千代田区にある新日鉄住金の本社を訪問しました。

しかし、警備員から面会には応じられないことを伝えられたということで、弁護士の1人は記者団に対して、「当事者と会わないということは、私たちと協議をする意思がないことを確信させた。財産の差し押さえに向けた手続きを始めざるをえない」と述べ、今後、韓国にある新日鉄住金の資産を差し押さえるための手続きに踏み切る構えを示しました。

また、すみやかな賠償の支払いや被害者への適切な対応などを求める要請書を、後日、新日鉄住金に送ると説明しました。

新日鉄住金はこれまで、日韓両政府の外交状況などを踏まえて今後の対応を決める考えを示しています。

官房長官「韓国政府の対応見極めたい」

菅官房長官は午前の記者会見で、「政府として特にコメントすることはない。今般の韓国の大法院判決で敗訴した日本企業を含め、韓国内での関連訴訟の対象となっている日本企業とは、平素から緊密な連携をとっている」と述べました。

そのうえで、「わが国としては、韓国政府に対し、大法院判決により生じた国際法違反の状態の是正を含め直ちに適切な措置をとることを求めており、韓国政府が具体的にどのような対応を講じるかを見極めたい」と述べました。

また、記者団が「日本政府としては、関連訴訟の対象となっている企業に対し、賠償に応じないよう促しているのか」と質問したのに対し、菅官房長官は「緊密に連携をとっている」と述べるにとどめました。

情報源:「徴用」めぐる裁判の原告側 新日鉄住金を訪問も面会できず | NHKニュース


元徴用工判決、原告代理人 新日鉄住金に速やかな賠償申し入れ
元徴用工判決、原告代理人 新日鉄住金に速やかな賠償申し入れ

韓国の最高裁が元徴用工への賠償を命じた判決を受け、原告の代理人弁護士らは被告である新日鉄住金本社を訪れ、賠償命令に速やかに応じるよう求めました。

午前10時ごろ、東京・千代田区の新日鉄住金本社に元徴用工の原告代理人弁護士らが訪れました。韓国の最高裁は先月末、韓国人の元徴用工4人に賠償金を1人当たりおよそ1000万円ずつ支払うよう新日鉄住金に命じています。

これを受け、代理人弁護士らは「この判決に従い、速やかに賠償金を支払うよう期待する」などと申し入れる要請書を渡そうと本社に入りましたが、新日鉄住金側の警備担当会社が預かり、直接、手渡すことはできなかったということです。

「(新日鉄住金は)我々が来るのをあらかじめ知っていたのに『一歩も建物に入れるな』と。(新日鉄住金が)このように我々と協議も議論もしないのは到底理解できない」(元徴用工代理人弁護士)

一方、新日鉄住金は「(先月の判決の後に出した)コメントのとおりです。適切に対応します」としています。

情報源:元徴用工判決、原告代理人 新日鉄住金に速やかな賠償申し入れ(TBS系(JNN)) – Yahoo!ニュース

情報源:元徴用工判決、原告代理人 新日鉄住金に速やかな賠償申し入れ TBS NEWS


はぁ・・・


記事の有効期限: 2019年1月12日 Saturday 12:59pm