NHK杯フィギュア 男子は宇野昌磨が優勝

NHK杯フィギュア 男子は宇野昌磨が優勝 | NHKニュース

おめでとうございます。


広島市で開かれているフィギュアスケートのNHK杯は男子シングル後半のフリーが行われ、ピョンチャンオリンピック、銀メダリストの宇野昌磨選手が優勝を果たしました。

ショートプログラムでトップに立った宇野選手は、最初の4回転サルコーは回転不足と判定されましたが、2つめの大技、4回転フリップと続く4回転トーループは成功させました。

その後、2本目の4回転トーループは着氷でバランスを崩して予定していた連続ジャンプにできず、最後の連続ジャンプも1つめの3回転サルコーの着氷が乱れて2つめのジャンプを跳ぶことができませんでした。

それでも演技終盤のステップでは今シーズン初めて最高レベルの評価を得ました。

宇野選手はフリーで183.96、ショートプログラムとの合計、276.45で2位に22点以上の大差をつけて優勝を果たしました。

宇野選手はグランプリシリーズ1戦目のカナダ大会でも優勝していて、来月、カナダで開かれるグランプリファイナルに4年連続の出場を決めました。

このほか山本草太選手が合計213.40で6位。佐藤洸彬選手が合計185.18で。10位でした。

情報源:NHK杯フィギュア 男子は宇野昌磨が優勝 | NHKニュース


ほぉ・・・


記事の有効期限: 2019年1月10日 Thursday 10:29pm