丸がFA宣言「他球団の評価も聞いてみたい」

どうなるのかね・・・


FA権行使を表明する広島・丸佳浩=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
FA権行使を表明する広島・丸佳浩=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)

広島の丸佳浩外野手が7日、マツダスタジアムを訪れ、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権について「本日、球団に行使する旨を伝えました。プロ野球選手として他球団の評価を聞いてみたい。宣言して残留も認めてもらっているので、きょうの結論に至った」と話した。球団には書類を提出した。

行使期間は、日本シリーズ終了翌日から7日間以内(土、日曜と祝日を除く)と決められており、今年は13日が期限。翌14日にNPBからFA宣言選手が公示され、15日から全球団と交渉が可能になる。

丸は今季、2年連続となるリーグMVPの有力候補。打率・306、39本塁打、97打点の活躍でリーグ3連覇の大きな原動力になった。

情報源:広島・丸がFA宣言「他球団の評価も聞いてみたい」(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:丸がFA宣言「他球団の評価も聞いてみたい」/カープ/デイリースポーツ online


丸佳浩外野手
丸佳浩外野手

プロ野球、広島の丸佳浩外野手(29)が国内フリーエージェント(FA)権を行使する考えを明らかにした。7日、広島市内で、報道陣の質問に答えた。他球団の評価を聞く一方、残留も選択肢の一つとしている。

すでに広島との交渉を終えており、複数年契約に加え、年俸2億1000万円からの大幅増などの条件提示を受けたとみられる。松田元オーナーはFA権を行使して、他球団の条件を聞いた上で広島に残る「宣言残留」も認める意向だ。

丸は千葉経大付高(千葉県)から2007年高校生ドラフト3位で入団。昨季、セ・リーグの最優秀選手(MVP)に選ばれた。今季も125試合に出場し、打率3割6厘で、自己最多の39本塁打、97打点と活躍し、球団初のリーグ3連覇に貢献した。(金額は推定)【田中将隆】

情報源:<プロ野球>広島の丸外野手がFA宣言(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:プロ野球:広島の丸外野手がFA宣言 – 毎日新聞


FA権行使を球団に宣言した広島・丸(撮影・後藤 正志)
FA権行使を球団に宣言した広島・丸(撮影・後藤 正志)

広島の丸佳浩外野手(29)が7日、FA権を行使する意向を表明した。マツダスタジアムで報道陣の取材に応じ、「プロ野球選手である以上、他球団の評価を聞いてみたい思いがある」と胸中を明かした。

丸は「昨日決断しました」と明かし、「プロ野球選手である以上、他球団の評価を聞いてみたいという思いがある。そういう機会はなかなかない」とFA宣言した理由を説明。「球団には高く評価していただいていて、ありがたく思っています」と広島への感謝も口にした。

今季は打率・306、39本塁打、97打点の成績を残し、打線をけん引。リーグ3連覇の原動力となった中心選手に広島は球団は4年契約で出来高払いを含めて総額17億円を打診している様子。宣言残留も認めている。他球団も調査を進め、巨人が25億円超、丸の地元・千葉に本拠を置くロッテも20億円規模の資金を用意していると見られ、リーグ屈指のスラッガーの争奪戦に発展しそうだ。

情報源:広島・丸がFA宣言「他球団の評価を聞いてみたい」 巨人、ロッテと争奪戦へ(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

情報源:広島・丸がFA宣言「他球団の評価を聞いてみたい」 巨人、ロッテと争奪戦へ― スポニチ Sponichi Annex 野球


カープで今シーズン39本のホームランを打ち、球団史上初のリーグ3連覇に貢献した丸佳浩選手が、国内に限ったFA=フリーエージェントの権利を行使することを明らかにしました。

情報源:カープ 丸がFA権行使へ|NHK 広島のニュース


今季国内フリーエージェント(FA)権を取得した広島東洋カープの丸佳浩選手(29)は7日、広島市南区のマツダスタジアムで会見し、FA権を行使することを球団に伝えたと発表した。

情報源:【速報】広島カープ丸選手がFA権行使 | 中国新聞アルファ


カープで球団史上初のリーグ3連覇に貢献した丸佳浩選手が国内に限ったFA=フリーエージェントの権利を行使することを表明しました。

丸選手は7日、広島市のマツダスタジアムを訪れFAに関する書類を球団に提出したあと、報道陣の取材に応じました。

丸選手は、「6日に決断した。プロである以上、ほかの球団の評価を聞いてみたかった。それを聞ける機会はなかなかない」と話し、権利を行使する理由について説明しました。

球団側がFAの権利を行使した場合でも残留を求めていく考えを示していることについて、丸選手は「宣言残留を認めてもらっているので、いろいろ考えた結果、権利を行使した。球団側からは『出来るだけ残ってほしい』と言われていて、ありがたくうれしく思う。どうなるか分からないが、はっきりと答えを出したい」と話しました。

丸選手はプロ11年目の29歳。平成20年に高校生ドラフトの3巡目でカープに入団しました。
走攻守、三拍子そろった外野手でこれまで盗塁王と最多安打のタイトルを1回ずつ獲得し、ゴールデン・グラブ賞にも去年まで5年連続で輝きました。
また、去年はセ・リーグのMVPにも選ばれています。

今シーズンは、125試合に出場し、打率3割6厘をマーク。
自己最多の39本のホームランを打ち、球団史上初となるリーグ3連覇に貢献しました。
丸選手については、巨人やロッテが調査していて、複数の球団が獲得に名乗りを上げる可能性があります。

丸選手のFA宣言について広島の鈴木清明球団本部長は、「事前の話し合いで、丸選手から『宣言残留できるのか』と聞かれていて、『かまわんよ』と伝えている。すでに提示した条件が変わることはないが、球団として最大限の評価をした」と話していました。

その上で、「彼がいろんな話を聞いて、最終的に決めること。ただ、彼の代わりはおらず補強は無理なので、残留してほしい」と話していました。

情報源:カープ 丸がFA権行使を表明|NHK 広島のニュース


残留に一縷の望みをかけて・・・


記事の有効期限: 2019年1月7日 Monday 2:45pm