SUBARU 新たに10万台のリコール

SUBARU 新たに10万台のリコール

上をいくら挿げ替えても現場が勝手にやるんだから意味が無い。


車の燃費や排ガスの検査データの改ざんなどを行っていた自動車メーカーのSUBARUは新たに10万台をリコールすると発表しました。

情報源:SUBARU 新たに10万台のリコール | NHKニュース


11月5日、SUBARU(スバル)は、完成車不正検査問題への対応策として、新たに国内向け車両約10万台の追加リコールを実施すると発表した。写真はジュネーブで3月撮影(2018年 ロイター/Denis Balibouse)
11月5日、SUBARU(スバル)は、完成車不正検査問題への対応策として、新たに国内向け車両約10万台の追加リコールを実施すると発表した。写真はジュネーブで3月撮影(2018年 ロイター/Denis Balibouse)

[東京 5日 ロイター] – SUBARU(スバル)<7270.T>は5日、完成車不正検査問題への対応策として、新たに国内向け車両約10万台の追加リコールを実施すると発表した。これにより、同問題に関するリコール台数はあわせて約53万台となる。新たなリコールの費用は約65億円になる見通しだ。

追加リコールの対象になるのは今年1月9日から10月26日に生産された「インプレッサ」など9車種で、「トヨタ86」も含んでいる。リコール届出は11月8日になる予定。

スバルでは昨年10月以降、同社の群馬製作所で完成車検査の不正が相次いで発覚し、国土交通省が徹底調査を指示。社外の専門チームがまとめた報告書により、不正検査が昨年12月末まで行われていたとの判断に至った。

しかし、その後の検査員への確認で、ブレーキペダルの検査などでそれ以降も不適切な対応があった疑いが強まった。同社では「(検査員の供述の)不整合を解消するために」新たなリコールに踏み切ったとしている。

情報源:スバル、検査不正で10万台を追加リコールへ 費用は約65億円に(ロイター) – Yahoo!ニュース

情報源:スバル、検査不正で10万台を追加リコールへ 費用は約65億円に | ロイター


スバルのロゴ
スバルのロゴ

スバルが出荷前の完成検査をめぐって不正をしていた問題で、今年に入ってからも検査の不正が続いていた疑いがあることがわかった。関係者によると、同社は追加のリコール(回収・無償修理)をする方針。同社は5日午後3時から、中村知美社長ら幹部が会見を開いて詳細を明らかにする。

スバルでは昨秋以降、無資格検査問題や排ガス・燃費データの改ざん、ブレーキ検査の不正などが相次いで発覚。不正は昨年12月中旬まで続いていたとして、計約42万台のリコールを届け出た。その後国土交通省の指摘を受け、今年10月、不正は昨年12月末まであったと訂正し、6千台を追加リコールしていた。今回のリコールは、前回の追加リコールを上回る規模になる見通し。

スバルはこの問題とは別に1日、エンジン部品の不具合で国内外約41万台のリコールを発表。これに対応するため、9月中間決算の営業利益予想を490億円引き下げている。(贄川俊)

情報源:スバル、今年に入っても検査不正か 追加リコールへ(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

情報源:スバル、今年に入っても検査不正か 追加リコールへ:朝日新聞デジタル



現場責任者を変えないと改善はできないよ。


記事の有効期限: 2019年1月5日 Saturday 4:41pm