プロ野球 日本シリーズ ソフトバンクが勝利 2年連続の日本一

プロ野球 日本シリーズ ソフトバンクが勝利 2年連続の日本一

広島0-2ソフトバンク、最後は完封負けか・・・


  • ソフトバンクは3日、日本シリーズ第6戦で広島に2-0で勝利した
  • 4回1死二、三塁から、西田哲朗がスクイズを決め、それが決勝点となった
  • この勝利で第3戦から4連勝となり、2年連続9度目の日本一に輝いた

プロ野球の日本シリーズは広島市のマツダスタジアムで第6戦が行われ、ソフトバンクが広島に2対0で勝ち、2年連続の日本一に輝きました。ソフトバンクの日本一は前身の南海、ダイエーを含め9回目です。

日本シリーズは本拠地・福岡で3連勝したソフトバンクが対戦成績を3勝1敗1引き分けとし、2年連続の日本一に王手をかけて、第6戦を迎えました。

プロ野球 日本シリーズ ソフトバンクが勝利 2年連続の日本一
プロ野球 日本シリーズ ソフトバンクが勝利 2年連続の日本一

試合はソフトバンクが4回、1アウト二塁三塁から7番・西田哲朗選手がスクイズを決めて先制しました。
5回に3番のグラシアル選手がシリーズ初ホームランとなるソロホームランを打ち、2対0とリードを広げました。

先発のバンデンハーク投手は力のある速球とブレーキの効いたカーブを有効に使って6回を無失点に抑え、2人目の武田翔太投手、3人目の嘉弥真新也投手も広島に得点を与えませんでした。

最後は抑えの森唯斗投手が3人で抑えて、2対0でソフトバンクが勝ち、通算成績を4勝1敗1引き分けとして、2年連続の日本一に輝きました。

ソフトバンクの日本一は前身の南海、ダイエーを含め9回目です。

広島は34年ぶりの日本一はなりませんでした。

ソフトバンク 工藤監督「最高に幸せ」

2年連続の日本一に輝いたソフトバンクの工藤公康監督は選手たちに胴上げされたあと、ファンを前にしてのインタビューで「最高に幸せです。選手たちがシーズン終盤から休むことなく突っ走ってくれて、最後に日本一になれて幸せに思う。リーグ優勝を逃して悔しい思いをして、とにかく頑張ろうという選手たちの強い思いが出ていたと思う」と選手たちをねぎらいました。

また、日本シリーズで見せた早めの投手リレーについて「僕だけでなく、投手コーチと話しながら、短期決戦は第2先発を作ってやったほうがいいとアドバイスをくれたことがいい結果につながった」と話していました。

そして、最後に「福岡に待ってくれているファンに日本一の報告ができてうれしく思う。僕は日本一幸せな人間です。選手のみんな、ごくろうさま、ありがとう」と笑顔で締めくくりました。

MVPはソフトバンク 甲斐

プロ野球の日本シリーズのMVP=最高殊勲選手には、このシリーズ、6つ続けて盗塁を阻止する強肩で広島の足を封じたソフトバンクのキャッチャー、甲斐拓也選手が選ばれました。

また、優秀選手はソフトバンクから、
▽5試合に登板していずれも失点を許さず、胴上げ投手にもなった抑えの森唯斗投手、
▽第5戦でサヨナラホームランを打った4番の柳田悠岐選手、
▽チーム最多7本のヒットを打った中村晃選手の3人が選ばれました。

敢闘選手には広島から、このシリーズ、3本のホームランを打った鈴木誠也選手が選ばれました。

日本シリーズで6回の盗塁を阻止した甲斐選手は「びっくりした。自分1人の力では取れなかったと思う。ピッチャーが一生懸命けん制をしたり、クイックモーションで投げてくれたりしたおかげなので、感謝したい。広島はいいチームで、いろいろ考えてリードをしたが、なんとか勝ててよかった」と話していました。

福岡では号外配布 ファン喜び「感動」

プロ野球 ソフトバンクが2年連続の日本一を決めたことを受けて、地元・福岡市の中心部では新聞の号外が配られ、喜びを分かち合っていました。

新聞の号外は、福岡市の繁華街、天神のデパートの前で3日午後10時前から配られ、道行く人たちが次々に受け取っていました。

号外を受け取った福岡市内に住む30代の女性は「号外でホークスの日本一を知りました。2年連続の日本一は感動しました」と興奮した様子で話していました。

家族3人で福岡市を訪れていたという男性は「ラジオで日本一を知りました。家族で喜ぶことができてうれしいです。選手たちに感謝したいです」と話していました。

また、屋台に設置されたテレビで試合を観戦していた客たちは日本一を決めた瞬間、両手を挙げて喜びを分かち合っていました。

30代の男性は「ものすごくうれしいです。ホークスは福岡の宝です。日本一になってくれて福岡は元気になります」と話していました。

情報源:プロ野球 日本シリーズ ソフトバンクが勝利 2年連続の日本一 | NHKニュース


カープは3日、広島市のマツダスタジアムで行われた日本シリーズの第6戦でソフトバンクに0対2で敗れました。

カープはこれで対戦成績が1勝4敗1引き分けとなり、34年ぶりの日本一はなりませんでした。

カープは日本シリーズで最初の2試合を1勝1引き分けとしましたが、その後、ソフトバンクに3連敗し日本一に王手をかけられ、3日夜、本拠地・マツダスタジアムに戻って第6戦に臨みました。

カープは先発のジョンソン投手が4回にスクイズ、5回にソロホームランで2点を失いましたが、6回まで粘り強く投げ、リリーフ陣も無失点でつなぎました。

しかし打線がソフトバンクの投手陣を前にヒット4本無得点に終わり、0対2で敗れました。

この結果、カープは4連敗で1勝4敗1引き分けとなり、34年ぶりの日本一はなりませんでした。

情報源:カープ敗れ日本一ならず|NHK 広島のニュース


胴上げされるソフトバンク・工藤監督(撮影・大森 寛明)
胴上げされるソフトバンク・工藤監督(撮影・大森 寛明)

◇SMBC日本シリーズ第6戦 ソフトバンク2―0広島(2018年11月3日 マツダ)

プロ野球のSMBC日本シリーズは3日、マツダスタジアムで第6戦が行われ、工藤公康監督率いるソフトバンクが広島に2―0で勝利。第3戦から4連勝を飾り、通算成績4勝1敗1分けで2年連続9度目の日本一に輝いた。

ソフトバンクは4回に1死二、三塁の好機をつくり、西田のスクイズで先制。広島・先発ジョンソンが投じた高めの速球を、きっちり投前に転がした。5回にはグラシアルが左越えに今シリーズ第1号ソロ。キューバ人助っ人が一振りで貴重な追加点をもたらした。

投げては先発のバンデンハークが広島打線を寄せ付けず、6回4安打無失点の好投を見せた。今シリーズここまで4連続盗塁阻止を記録していた捕手の甲斐は、初回に田中、2回に安部の盗塁を阻止。シリーズ新記録の6連続盗塁刺を達成し、この日も赤ヘルの足攻を封じた。

7、8回を武田、嘉弥真が無失点で抑え、9回は守護神の森が登板。完封リレーで勝利を飾り、2年連続の歓喜の瞬間が訪れた。

今季のソフトバンクはリーグ戦は2位に甘んじたが、クライマックスシリーズ(CS)で首位・西武を撃破し、2年連続の日本シリーズ進出。初戦を引き分け、第2戦で黒星を喫する厳しいスタートとなったが、本拠ヤフオクドームに舞台を移した第3戦から息を吹き返したかのように3連勝。その勢いのまま敵地マツダスタジアムに乗り込み、4連勝で日本一を決めた。

広島はジョンソンが6回2失点と好投も、打線がバンデンハークの前に無得点。今シリーズ8連続盗塁死を喫するなどソフトバンクバッテリーに自慢の機動力を封じられ、好機をつくれなかった。リーグ3連覇を果たし、CSでも圧倒的な強さを見せたが、34年ぶりの日本一はまたしても果たせなかった。

情報源:ソフトB、2年連続日本一!第3戦から4連勝で決着 西田が値千金Vスクイズ(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

情報源:ソフトB、2年連続日本一!第3戦から4連勝で決着 西田が値千金Vスクイズ― スポニチ Sponichi Annex 野球


8回無死、遊ゴロに倒れた代打・新井(一塁手は内川)カメラ・渡辺 了文)
8回無死、遊ゴロに倒れた代打・新井(一塁手は内川)カメラ・渡辺 了文)

◆SMBC日本シリーズ2018第6戦 広島0―2ソフトバンク(3日・マツダスタジアム)

「SMBC日本シリーズ2018」第6戦は、ソフトバンクが勝利して第3戦から4連勝で対戦成績を4勝1敗1分けとし、2年連続9度目の日本一に輝いた。ソフトバンクは3回にスクイズで先制し、その後も加点した。パ・リーグ球団が日本一に輝くのは6年連続。1989年から30回行われた平成の日本シリーズは、パが18回、セが12回の優勝で幕を閉じた。

試合前、挨拶するソフトバンク・内川(左)の肩を叩く広島・新井(カメラ・岩下 翔太)
試合前、挨拶するソフトバンク・内川(左)の肩を叩く広島・新井(カメラ・岩下 翔太)

広島は悲願の34年ぶり日本一はならず、今季限りでの現役引退を表明していた新井の花道を飾れなかった。

この日スタメンを外れた新井は、ベンチからナインを鼓舞。2点を追う8回に先頭打者として代打で登場すると、悲鳴混じりの大歓声がマツダスタジアムに響いた。カウント2ボール2ストライクから遊ゴロに倒れた。

新井はその後、一塁手として9回に守備についた。

9月5日にマツダスタジアムで今季限りでの現役引退を表明した。1998年ドラフト6位で広島入団。フリーエージェント(FA)権を行使して移籍した阪神から8季ぶりに復帰した15年シーズン以降は、精神的支柱として25年ぶりのリーグ制覇、37年ぶりの2連覇に大きく貢献した。飾らない人柄で皆から愛された“新井さん”は、球団初の3連覇を置き土産にユニホームを脱ぐ。

情報源:【広島】新井が引退 最後の打席は8回代打で遊ゴロ…第3戦から4連敗で34年ぶり日本一ならず(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

情報源:【広島】新井が引退 最後の打席は8回代打で遊ゴロ…第3戦から4連敗で34年ぶり日本一ならず : スポーツ報知


試合後に声援に応える広島・新井=マツダスタジアム(撮影・堀内翔)
試合後に声援に応える広島・新井=マツダスタジアム(撮影・堀内翔)

「日本シリーズ・第6戦、広島0-2ソフトバンク」(3日、マツダスタジアム)

広島は4連敗を喫し、1勝1分け4敗で34年ぶり4回目の日本一はならなかった。敵地での3連敗から気持ちを切り替えたいところだったが、ソフトバンク甲斐に立て続けに二盗を阻止されるなど、らしさを出せなかった。

0-2で迎えた九回。ソフトバンク抑えの森唯斗に先頭の菊池、続く丸と倒れ2死走者なし。大観衆の「誠也コール」の中、今シリーズで好調の鈴木が打席に入ったが、快音は響かなかった。

今季限りでの引退を表明している新井は八回、代打で出場も遊ゴロ。九回に一塁守備にもつき、ベンチ最前列で見守ったが思いは届かなかった。

情報源:広島4連敗で終戦…34年ぶり日本一ならず 新井、最後の試合で思い届かず(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:広島4連敗で終戦…34年ぶり日本一ならず 新井、最後の試合で思い届かず/カープ/デイリースポーツ online


ナインの手で胴上げされる工藤監督(撮影・棚橋慶太)
ナインの手で胴上げされる工藤監督(撮影・棚橋慶太)

「日本シリーズ・第6戦、広島0-2ソフトバンク」(3日、マツダスタジアム)

ソフトバンクが広島との日本シリーズを4勝1敗1分けで制して、2年連続9回目の日本一を決めた。

ホームでの3連勝でVに王手をかけて乗り込んだ敵地で先発のバンデンハークが好投。6回4安打無失点、10奪三振の快投を披露した。

打線は四回無死一、二塁から内川が送りバントを決めると、続く西田のスクイズで1点を先制。五回にはグラシアルが左越えに1号ソロを放ち、貴重な追加点を奪った。

七回からは武田、嘉弥真とつなぎ、九回は守護神・森がマウンドへ。広島の反撃を許さず、ソフトバンクが1敗1分けからの4連勝で日本シリーズを制した。

前身の南海・ダイエー時代を含め18度目の日本シリーズ出場で、出場6度連続での日本一にもなったソフトバンクは、これで日本シリーズではセ全球団を撃破した。

過去8度の相手は阪神3、中日2、巨人・ヤクルト・DeNA各1。広島相手は初めてで、セ・リーグ全球団を破っての日本一となった。

情報源:ソフトバンク、広島に4勝1敗1分けでシリーズ制覇 セ全球団撃破(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:ソフトバンク、広島に4勝1敗1分けでシリーズ制覇 セ全球団撃破/野球/デイリースポーツ online


最後の誠也もファウルで粘ったけど、サードゴロで終わってしまった・・・。初戦の引き分けと、延長10回のサヨナラ負けが勝てていればなぁ・・・


記事の有効期限: 2019年2月3日 Sunday 11:23pm