日本シリーズ第5戦 ソフトバンクが3連勝し王手

日本シリーズ第5戦 ソフトバンクが3連勝し王手

広島4-5ソフトバンク、延長10回に柳田の一発でサヨナラ負け・・・


プロ野球の日本シリーズ、ソフトバンク対広島の第5戦が1日夜、福岡市のヤフオクドームで行われ、ソフトバンクが延長10回、5対4でサヨナラ勝ちしました。ソフトバンクは本拠地で3連勝して対戦成績を3勝1敗1引き分けとし、2年連続の日本一に王手をかけました。

情報源:日本シリーズ第5戦 ソフトバンクが3連勝し王手 | NHKニュース


延長10回、柳田(手前)にサヨナラ本塁打を浴びた中崎
延長10回、柳田(手前)にサヨナラ本塁打を浴びた中崎

「日本シリーズ・第5戦、ソフトバンク5-4広島」(1日、ヤフオクドーム)

広島は痛恨のサヨナラ負け。逆転で接戦を落とし、1勝3敗1分けで後がなくなった。

十回に悲劇が待っていた。守護神中崎が柳田に痛恨被弾。サヨナラ負けで沈んだ。

リードを守り切れなかった。五回に不振の丸が逆転2ラン。その裏に追いつかれると、六回は会沢のソロで再び勝ち越した。だが、七回、フランスアが明石に痛恨の同点ソロ被弾。流れを失った。

2年連続の日本一に王手をかけたソフトバンクは、工藤監督の執念采配も実った。先発の千賀を五回、2死一塁で交代。丸に対して左腕モイネロを投入したが、逆転2ランを被弾。ここでの継投は裏目となったが、積極的にタクトを振り続け、八回2死から守護神・森を投入。右腕は期待に応え、八、九回を無失点でしのぎ、サヨナラ勝利に結びつけた。

堅守も光った。一回は左翼手・中村晃が丸の浅い飛球をスライディングキャッチ。二回は右翼手・上林がレーザービームで、2点目の生還を阻止。堅守で失点を防いだ。

広島は七回から登板したフランスアが九回も続投。だが、リードを守り切れず、痛恨の3連敗で後がなくなった。

情報源:広島 痛恨のサヨナラ負けで崖っぷち 守護神中崎が柳田の一撃に沈む(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:広島 痛恨のサヨナラ負けで崖っぷち 守護神中崎が柳田の一撃に沈む/カープ/デイリースポーツ online


本拠地ヤフオクドームでの日本シリーズは12連勝

■ソフトバンク 5-4 広島(1日・ヤフオクドーム)

ソフトバンクが劇的なサヨナラ勝ちを収め、2年連続の日本一に王手をかけた。1日、本拠地ヤフオクドームで行われた広島との日本シリーズ第5戦。このシリーズ2度目の延長戦に突入すると、延長10回に柳田が劇的なサヨナラ弾を放ち、両チーム一歩も譲らない大激戦に終止符を打った。

先制したのは広島だった。2回2死一、三塁で會澤が適時打を放ち、1点を先行。4回に逆転を許したものの、5回に、この試合まで打率.125と大不振に陥っていた丸が、シリーズ初本塁打となる逆転2ラン。逆転に成功した。

ソフトバンクはその直後、1死満塁のチャンスで柳田の投ゴロの間に三塁走者が生還し、同点に追いついた。だが、広島はその直後、會澤が武田から左翼ホームランテラス席に飛び込むソロ本塁打を放ち、勝ち越した。

ただ、ソフトバンクも食い下がる。7回1死で打席に立った明石がフランスアのスライダーを右翼ホームランテラス席へと運び、再び同点に。第1戦で延長12回引き分けという激戦を演じた両チームが再び白熱の試合を展開した。

決着は延長10回。加治屋が1死二塁のピンチを脱すると、その裏、先頭で打席に入った柳田がシリーズ初アーチとなるサヨナラ弾を放ち、ソフトバンクが劇的なサヨナラ勝ち。本拠地での日本シリーズは12連勝とし、対戦成績を3勝1敗1分けに。日本一に王手をかけて、第6戦が行われる敵地マツダスタジアムに乗り込むことになった。

情報源:【日本S】ソフトバンクが2年連続日本一に王手! 延長10回、柳田が劇的サヨナラ弾(Full-Count) – Yahoo!ニュース

情報源:【日本S】ソフトバンクが2年連続日本一に王手! 延長10回、柳田が劇的サヨナラ弾 | Full-count



ここは勝ってほしかったな・・・
得点のチャンスは何度もあったのに、活かせないんだもんなぁ。


記事の有効期限: 2019年1月1日 Tuesday 11:41pm