指の静脈の生体認証 デジカメ画像で突破される危険 | NHKニュース

ふむ・・・


第三者によるなりすましを防ぐため、体の特徴などから個人を特定する生体認証の技術が急速に普及しています。ところが、中でも安全性が高いとされる指の静脈を利用した生体認証が、条件によっては市販のカメラで撮影した指の画像で突破される可能性があることが、国立情報学研究所の調査で分かりました。

指の静脈の生体認証 デジカメ画像で突破される危険
指の静脈の生体認証 デジカメ画像で突破される危険

この生体認証は、指の内部にある静脈のパターンを赤外線で読み取って個人を特定するもので、なりすましが難しいことから、生体認証の中でも安全性が高いとされています。

これについて、国立情報学研究所の越前功教授らの研究グループは、市販のデジタルカメラで研究員の指を撮影したうえで、その画像を特殊な方法で加工すると、静脈のパターンを復元できることを確認しました。

そのうえで、復元した静脈のパターンを市販の生体認証センサーに読み取らせた結果、半数以上の指で本人だと認証されたということです。

これを受けて、センサーを製造している大手電機メーカーが確認したところ、金融機関のATMで使われているセンサーは問題なかったものの、市販のセンサーの場合、ソフトウェアが最新のものに更新されていないと突破されてしまうケースがあったということです。

メーカーでは、この問題による被害などは確認されておらず、最新のソフトウェアであれば対策済みだとしたうえで、今回の調査結果を今後の安全対策に生かすとしています。

越前教授は「静脈のパターンを復元するのは技術的に難しいので過度に心配する必要はないが、将来的に、思わぬところで私たちの生体情報が盗まれてしまう可能性はある」と警鐘を鳴らしています。

静脈認証の仕組みと今回の実験

指の静脈の生体認証 デジカメ画像で突破される危険
指の静脈の生体認証 デジカメ画像で突破される危険

指の静脈を使った生体認証は、指紋を読み取るのではなく、指に赤外線を当てると血液が赤外線を吸収して、内部に張り巡らされた静脈が影となって写るのをセンサーが読み取る仕組みです。

静脈のパターンは一人一人違ううえ、表面から見えないため、偽造やなりすましが難しいことから、こうした生体認証は金融機関のATMに取り入れられているほか、企業の中には経理や個人情報を扱う部署など、限られた社員しか入れない部屋の出入り口に取り付けているところもあります。

国立情報学研究所の越前功教授らの研究グループは、市販のデジタルカメラで研究員2人の指を50センチの距離から1本ずつ撮影したうえで、指の画像を特殊な方法で加工すると、静脈が浮かび上がり、そのパターンを読み取れることを確認しました。

さらに、読み取ったパターンを特殊な方法で印刷して、市販の生体認証のセンサーに読み取らせたところ、2人の研究員の親指を除く16本の指のうち11本の指で本人と認証されたということです。

ただし、撮影する際の指の角度が少しずれたり、明るさが変わったりするだけで静脈は読み取れなくなるほか、読み取れるかどうかは個人差も大きいということです。

世界で普及する生体認証

指の静脈の生体認証 デジカメ画像で突破される危険
指の静脈の生体認証 デジカメ画像で突破される危険

生体認証には、今回の静脈のパターン以外にも、人の顔や指紋、それに虹彩と呼ばれる瞳の模様などを利用したものがあり、パスワードや暗証番号と比べて偽造やなりすましが難しいことから、国内外で普及が進んでいます。

アメリカや中国では、顧客の顔をカメラで認識し、買い物の決済ができるサービスが始まっているほか、日本でも、コンビニエンスストアで手の静脈を使った決済の実証実験が行われています。

さらに、羽田空港では、先月から顔認証の技術を使って無人で日本人の出国審査を行う専用のゲートが新たに導入されています。

一方、国内外の専門家からは、他人の写真から顔や瞳の虹彩の情報を読み取って、スマートフォンのロックが解除できたり、指紋を復元できたりしたといった指摘もあり、なりすまし対策が急務となっています。

このため、国のガイドラインでは、自治体や医療機関などのシステムに生体認証を取り入れる場合、パスワードなどと組み合わせる多要素認証を行うよう求めています。

情報源:指の静脈の生体認証 デジカメ画像で突破される危険 | NHKニュース



はぁ・・・


記事の有効期限: 2019年1月1日 Tuesday 8:14pm