日韓外相が電話会談 河野外相 韓国側にきぜんとした対応求める

日韓外相が電話会談 河野外相 韓国側にきぜんとした対応求める | NHKニュース

はぁ・・・


太平洋戦争中の徴用をめぐる裁判で、韓国の最高裁判所が日本企業に賠償を命じる判決を言い渡したことを受け、河野外務大臣は、韓国のカン・ギョンファ(康京和)外相と電話で会談しました。河野大臣は「日韓関係の法的基盤が根本から損なわれたことを重く見ている」と伝え、韓国側にきぜんとした対応を取るよう求めました。

太平洋戦争中に「徴用工として日本で強制的に働かされた」と主張する韓国人4人が新日鉄住金に損害賠償を求めた裁判で、韓国の最高裁判所は30日、「個人請求権は消滅していない」として賠償を命じる判決を言い渡しました。

河野外務大臣は、31日午前9時すぎから、韓国のカン・ギョンファ外相と電話で会談しました。

このあと河野大臣は、記者団に対し「判決を受けて、1965年の国交回復以来、日韓関係の基盤となっている日韓基本条約、そして日韓請求権協定という両国のいちばんの法的基盤が根本から損なわれたことを非常に重く見ていることを伝えると同時に、韓国政府に対して、しっかりとした、きぜんとした対応を取るよう求めた」と述べました。

そのうえで「韓国政府内でこの問題について対応を協議しているということだったので、韓国政府の対応方針の決定を待ちたい」と述べました。

情報源:日韓外相が電話会談 河野外相 韓国側にきぜんとした対応求める | NHKニュース


理屈ではなく感情が優先される政治司法・・・


記事の有効期限: 2018年12月31日 Monday 11:22am