ドコモ 来年度から通信料金2~4割値下げへ

ドコモ 来年度から通信料金2~4割値下げへ

だからメール単体のプランを用意しろと・・・


「NTTドコモ」は、携帯電話の通信料金を2割から4割値下げする新たな料金プランを発表しました。このプランでは端末の購入代金の割り引きは縮小するとしていて、ユーザーにとっては全体の負担がどこまで軽くなるかが注目されます。

ドコモ 来年度から通信料金2~4割値下げへ
ドコモ 来年度から通信料金2~4割値下げへ

発表によりますとドコモは、端末の購入代金と通信料金をセットにした今の料金プランを見直し、毎月の通信料金と端末の購入代金を分離する新しい料金プランを来年度から始めると発表しました。

ドコモは、このうち通信料金については2割から4割の値下げになるとしています。

一方、分離する端末の購入代金については、現在よりも割り引きを縮小する見通しだとしています。

ドコモは、端末の購入代金を割り引くいわゆる2年縛りを維持するかどうかを含め、具体的な料金プランの内容については今後検討するとしていて、ユーザーにとっては、全体の負担がどこまで軽くなるかが注目されます。

また、2年縛りを活用することで高額な端末を割り引き額で購入することにメリットを感じるユーザーもいますが、ドコモは、今のプランを来年度も維持するかどうかは決まっていないとしています。

吉澤和弘社長は新たなプランの導入によって最大4000億円規模を利用者に還元するとしたうえで「これまでいろいろなプランを継ぎ足してきたことで複雑でわかりにくいお得感がないと言われている。新しい料金で顧客基盤を強化したい」と述べました。

ユーザーにメリットは

携帯電話料金をめぐっては、ことし8月、菅官房長官が今より4割程度下げる余地があると発言し、総務省が各社の競争を促すための具体策の検討を始めています。

こうした中、最大手のNTTドコモが新たな料金プランの方針を打ち出したことで、今後、ほかの大手2社をはじめとする各社の競争にも影響を与えそうです。

また、端末の割り引きと引き換えに、一定の契約期間を求めるいわゆる“2年縛り”の料金プランをめぐっては、最新鋭の高額な機種をほしいというユーザーからは、端末の購入代金を割り引く料金プランにメリットを感じているという声も出ています。

ドコモは、新たな料金プランで通信料を値下げする一方、端末の購入代金の割り引きは縮小するとしているため、ユーザーにとっては、端末の購入代金を含めた毎月の負担が実際にどこまで軽くなるのかは、新たな料金プランの具体的な内容しだいとなります。

一方、通信料が分離されることで、機種変更を頻繁に行う必要がないユーザーにとっては、価格の安い中古の端末をより使いやすくなるメリットもありそうです。

情報源:ドコモ 来年度から通信料金2~4割値下げへ | NHKニュース


NTTドコモは10月31日、2019年第1四半期(19年4月~6月)に現行料金から2~4割値下げとなる新料金プランを提供すると発表した。18年度第2四半期の決算説明会で同社の吉澤和弘社長が明らかにした。また料金プランが複雑で分かりにくいという声に応え、「シンプルで分かりやすい料金プランに大胆な見直しを行う」(吉澤社長)

NTTドコモの吉澤和弘社長
NTTドコモの吉澤和弘社長

新しい料金プランの具体的な内容は「検討中」だが、最大で年間4000億円規模の利用者還元を実行するとしている。このため19年度は減益となる見込みだが、「ユーザーに“おトク”を実感してもらい、ドコモを長く使ってもらうことで顧客基盤をさらに強固にするために還元は必須」という。

将来的には強化した顧客基盤をベースに5G関連ビジネスや法人ビジネス、スマートライフビジネスを強化し、21年度には営業収益5兆円、23年度に17年度と同水準となる営業利益9900億円への回復を目指す。

関連リンク

情報源:NTTドコモ、料金が2~4割安くなる料金プランを19年に導入(ITmedia NEWS) – Yahoo!ニュース

情報源:NTTドコモ、料金が2~4割安くなる料金プランを19年に導入 – ITmedia NEWS


月額500円くらいで「@docomo.ne.jp」のメール提供してや。


記事の有効期限: 2018年12月31日 Monday 8:38pm