国交相 辺野古埋め立て 県の承認撤回 “執行停止”

国交相 辺野古埋め立て 県の承認撤回 “執行停止”

ふむ・・・


沖縄のアメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設をめぐり、沖縄県が埋め立ての承認を撤回したことについて、石井国土交通大臣は、30日の閣議のあとの記者会見で防衛省の申し立てを受けて、沖縄県の撤回の効力を一時的に停止する、執行停止を行うことを明らかにしました。これを受けて、防衛省は、速やかに埋め立て工事を再開する方針です。

この中で、石井国土交通大臣は「沖縄防衛局と沖縄県から提出された書面を審査した結果、承認撤回の効力を停止することにした」と述べ、沖縄県が埋め立て承認を撤回した効力を一時的に停止する、執行停止を行うことを明らかにしました。

その理由について、工事ができないことで生じる経済的な損失のほか、普天間基地周辺の事故や騒音の被害の防止を早期に実現することが困難になること、日米間の同盟関係などにも悪影響を及ぼしかねないという外交・防衛上の不利益が生じることなどを挙げています。

現場の埋め立て工事は、ことし8月、沖縄県が埋め立ての承認を撤回したことから中断していて、防衛省は今月17日、工事の再開を目指し、行政不服審査法に基づいて、埋め立ての法律を所管する国土交通大臣に、執行停止の申し立てを行っていました。

執行停止の効力は、この決定を通知する文書が沖縄防衛局に到達する31日から発生する見込みだということです。
これを受けて、防衛省は速やかに埋め立て工事を再開する方針です。

防衛相「速やかに工事再開する」

国交相 辺野古埋め立て 県の承認撤回 “執行停止”
国交相 辺野古埋め立て 県の承認撤回 “執行停止”

岩屋防衛大臣は、閣議のあと、記者団に対し「けさ、国土交通省から、沖縄防衛局に対して執行停止をするという連絡を受けた。現地の気象などを踏まえて準備を進め、速やかに工事を再開したい」と述べました。

そのうえで、岩屋大臣は「沖縄の負担軽減という一貫した方針で進めており、1日も早い返還を成し遂げるためにも、できるだけ速やかに工事を再開することが必要だ」と述べました。

官房副長官「協力得られるよう粘り強く」

西村官房副長官は、閣議のあとの記者会見で「政府としては、アメリカ軍普天間基地の危険除去、辺野古移設に関する考え方、そして、沖縄の負担軽減を目に見える形で実現するという取り組みについて丁寧に説明し、知事をはじめ地元の皆様のご理解、ご協力を得られるよう粘り強く取り組んでいく所存だ」と述べました。

沖縄県副知事「執行停止は理不尽」

沖縄県の富川副知事は30日午前、県庁で記者団に対し「執行停止は理不尽なことだ。リーガルチェックなどを含めて協議をして知事に報告したい」と述べました。

県民からは国の対応に批判の声

沖縄県民からは、政府の対応を批判する声が聞かれました。

このうち、那覇市の78歳男性は「新しい基地を増やすような辺野古移設はやめてもらいたい。政府は、県民に寄り添っていないように感じるので、丁寧な対応をしてほしい」と話していました。

那覇市の34歳女性は「翁長元知事の遺志を受け継いだ玉城知事が就任したにもかかわらず、国が対抗してくるやり方は好ましくない。結局、沖縄は日本として認められていないのではないかと感じてしまう」と話していました。

また、那覇市の83歳男性は「県民がいくら移設反対を訴えても政府はいつも上から押しつけてくる。諦めのような気持ちもあるが、子や孫に負担を残したくないという思いだけだ」と話していました。

立民 辻元国対委員長「民意の切り捨て」

立憲民主党の辻元国会対策委員長は、記者団に対し「沖縄の民意の切り捨てであり、強く抗議したい。安倍政権は、美辞麗句を言って、やっていることは全然違う二枚舌で、口先内閣だ。国会論戦でしっかりただしていくと同時に、政府に対し、野党6党派で抗議せざるをえない」と述べました。

情報源:国交相 辺野古埋め立て 県の承認撤回 “執行停止” | NHKニュース


辺野古 国交省、県の承認撤回「執行停止」
辺野古 国交省、県の承認撤回「執行停止」

アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設を巡り、国土交通省は、沖縄県が決めた埋め立て承認の「撤回」について、効力を停止させると発表した。

普天間基地の辺野古移設を巡っては、沖縄県が、亡くなった翁長前知事の意向を受けて今年8月、辺野古沖の埋め立て承認を撤回したことで、工事が中断している。

沖縄防衛局は今月、石井国交相に撤回の取り消しを求める審査請求を行うとともに、撤回の効力を一時的に停止する執行停止の申し立てを行っていた。

これに対し、石井国交相は30日、「執行停止」を決定したと発表した。理由については、「普天間基地周辺の住民に及ぶ危険性が続いていることや日米同盟関係に悪影響を及ぼす懸念のほか、経済的損失」などをあげている。

国交省の決定を受けて、岩屋防衛相は辺野古の埋め立て工事を速やかに再開させたいとの考えを示した。

情報源:辺野古 国交省、県の承認撤回「執行停止」(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュース

情報源:辺野古 国交省、県の承認撤回「執行停止」|日テレNEWS24


沖縄県の承認撤回を国交相が効力停止、辺野古埋め立て工事再開へ
沖縄県の承認撤回を国交相が効力停止、辺野古埋め立て工事再開へ

アメリカ軍普天間飛行場の移設問題で、沖縄県は辺野古の埋め立て承認を撤回していましたが、その効力を停止すると30日朝、石井国土交通大臣が表明しました。

「沖縄防衛局および沖縄県の双方から提出された書面の内容を審査した結果、承認撤回の効力を停止することとしました。執行停止の効力につきましては、決定書が沖縄防衛局に到達した時点から発生いたしますが、明日10月31日には到達すると見込んでおります」(石井啓一国交相)

石井国土交通大臣は30日の会見で、沖縄県が名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認を撤回した処分の効力を一時的に停止すると表明しました。理由として、工事中断による経済的損失や普天間飛行場の危険性、日米間の信頼関係で外交・防衛上に不利益を生じる可能性があるため判断したと述べました。

今年8月に沖縄県が出した埋め立て承認の撤回をめぐっては、今月17日、防衛省沖縄防衛局が石井大臣に対し、処分の効力停止と無効を求める申し立てを行っていました。今回の効力停止より、政府は中断されていた辺野古への移設作業が再開できるようになります。

「危険な普天間の基地について、一日も早い全面返還を成し遂げたい」(岩屋毅防衛相)

岩屋防衛大臣は、準備が整い次第、中断していた辺野古の埋め立て工事を速やかに再開させる考えを示しました。気象状況などを踏まえ、工事は早ければ数日以内に再開され、土砂が投入されることになります。(30日11:23)

情報源:沖縄県の承認撤回を国交相が効力停止、辺野古埋め立て工事再開へ(TBS系(JNN)) – Yahoo!ニュース

情報源:沖縄県の承認撤回を国交相が効力停止、辺野古埋め立て工事再開へ TBS NEWS


へぇ・・・


記事の有効期限: 2018年12月30日 Sunday 12:48pm