広島VSソフトバンクの死闘は決着つかず 32年ぶりの日本S初戦ドロー

広島2-2ソフトバンク、初戦は引き分け。


12回を終えてナインを迎える大瀬良(撮影・堀内翔)
12回を終えてナインを迎える大瀬良(撮影・堀内翔)

「日本シリーズ第1戦、広島2-2ソフトバンク」(27日、マツダスタジアム)

延長十二回の激闘の末、両軍譲らず引き分け。初戦での引き分けは86年の広島-西武以来、32年ぶり3度目となった。

ソフトバンクはベンチ入り野手を全員使い切ってトータル23選手、広島も同じく21選手を起用。4時間半を超える総力戦となった。十二回は代打・新井の登場に盛り上がったが、得点は奪えなかった。

広島は初回、菊池がソフトバンク・千賀の高め直球を仕留め、左中間席へ先制ソロ。さらに四球、安打で1死一、二塁として松山が右前適時打を放ち、2-0とした。

だが、ソフトバンクも粘り強さを発揮。四回まで大瀬良に無安打無得点に封じられていたが、五回に中村晃と内川の連打で2死二、三塁。代打デスパイネの適時内野安打と敵失が絡み、2-2に追いついた。

お互いに投手陣が奮闘。広島は先発の大瀬良を含めて8投手をつぎ込み、再三のピンチを脱出。ソフトバンクは千賀を含めて7投手をつぎ込み、二回以降スコアボードに0を並べた。

日本シリーズは今季から延長を十五回制から十二回制に変更。第8戦以降は決着がつくまで無制限で行う。

第2戦もマツダスタジアムで行われる。

情報源:広島VSソフトバンクの死闘は決着つかず 32年ぶりの日本S初戦ドロー(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:広島VSソフトバンクの死闘は決着つかず 32年ぶりの日本S初戦ドロー/カープ/デイリースポーツ online


引き分けに悔しそうな表情を見せる広島ナイン(撮影・堀内翔)
引き分けに悔しそうな表情を見せる広島ナイン(撮影・堀内翔)

「日本シリーズ第1戦、広島2-2ソフトバンク」(27日、マツダスタジアム)

延長十二回の激闘の末、両軍譲らず引き分け。初戦での引き分けは86年の広島-西武以来、32年ぶり3度目となった。

本拠地がため息に包まれた。十二回、1死一塁。代打・新井浩が登場し、大歓声が送られたが、投ゴロ。2死二塁と続いたチャンスで田中広が三振に倒れて、試合が終わった。

ソフトバンクはベンチ入り野手を全員使い切ってトータル23選手、広島も同じく21選手を起用。4時間半を超える総力戦となった。

12回、引き分けに終わりベンチで険しい表情を見せる緒方監督(撮影・堀内翔)
12回、引き分けに終わりベンチで険しい表情を見せる緒方監督(撮影・堀内翔)

お互いに投手陣が奮闘。広島は先発の大瀬良を含めて8投手をつぎ込み、再三のピンチを脱出。ソフトバンクは千賀を含めて7投手をつぎ込み、二回以降スコアボードに0を並べた。

日本シリーズ初戦での引き分けは3度目で、全て広島が絡んでいる。過去2度は75年の阪急3-3広島、86年の広島2-2西武。広島はこの2度のシリーズでは日本一を果たせなかった。

日本シリーズは今季から延長を十五回制から十二回制に変更。第8戦以降は決着がつくまで無制限で行う。 第2戦もマツダスタジアムで行われる。

情報源:広島 球団史上3度目“不吉”初戦ドロー 過去2度は日本一ならず…(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:球団史上3度目“不吉”初戦ドロー 過去2度は日本一ならず…/カープ/デイリースポーツ online


両チーム譲らず延長12回引き分けに
両チーム譲らず延長12回引き分けに

広島が初回に2点先制も、ソフトバンクが5回に同点に

■広島 2-2 ソフトバンク(27日・マツダスタジアム)

広島とソフトバンクが戦う日本シリーズは27日、広島の本拠地マツダスタジアムで第1戦が行われた。34年ぶりの日本一を狙う広島、2年連続の日本一を狙うソフトバンクが火花を散らしたが、最後までともに譲らず、2-2で延長12回引き分けに終わった。

先制したのは広島だった。初回、ソフトバンク先発の千賀をいきなりつかまえた。1死から菊池が左中間スタンドへ飛び込むソロ本塁打を放って先制。さらに丸の四球、鈴木の右前安打でチャンスを作ると、松山が右前適時打を放ち、2点目を奪った。

4回までノーヒットに抑えられていたソフトバンクは5回に反撃。先頭の中村晃、続く内川が連打で無死一、三塁のチャンスを作った。西田、甲斐が相次いで内野ゴロに倒れて2死二、三塁となると、4回まで2失点の千賀に打順が。ここで指揮官は代打にデスパイネを送る積極策に出た。

1ボール2ストライクからの4球目にキューバ人助っ人が放った打球は右腕のすぐ脇を抜けて二遊間へ。あらかじめ深めの守備位置を取っていた名手・菊池がキャッチし、すぐに送球したものの、これを一塁の松山が捕球できず。松山のグラブの下を抜けていったボールがファウルグラウンドを転がる間に二塁走者まで生還した。

ソフトバンク先発の千賀が4回2失点、広島先発の大瀬良は5回2失点でそれぞれ降板し、接戦はリリーフ勝負に。ソフトバンクは武田、石川、森、加治屋、高橋礼、モイネロと6投手で、広島は岡田、一岡、フランスア、中崎、ジャクソン、ヘルウェグ、中田の7投手で無失点リレー。最後まで決着がつかなかった。日本シリーズでの引き分けは、ロッテと中日が対戦した2010年の第6戦以来。第1戦でのいきなりのドローは西武と広島が対戦した1986年以来、史上3度目となった。

情報源:【日本S】史上3度目の第1戦引き分け 広島、ソフトバンクともに延長12回譲らず(Full-Count) – Yahoo!ニュース

情報源:【日本S】史上3度目の第1戦引き分け 広島、ソフトバンクともに延長12回譲らず | Full-count


日本シリーズ 第1戦は延長12回引き分け
日本シリーズ 第1戦は延長12回引き分け

プロ野球の日本シリーズ、広島対ソフトバンクの第1戦が今夜、広島市のマツダスタジアムで行われ、延長12回、規定により2対2で引き分けました。日本シリーズの引き分けは平成22年、中日対ロッテの第6戦以来、8年ぶりです。

ことしの日本シリーズは、セ・リーグ3連覇を果たし34年ぶりの日本一を目指す広島とパ・リーグ2位からクライマックスシリーズを勝ち上がり、2年連続日本一を目指すソフトバンクの対戦となり、27日夜、広島市のマツダスタジアムで第1戦が行われました。

試合は広島が1回、2番の菊池涼介選手がホームランを打ち、さらに松山竜平選手にタイムリーヒットが出て2点を先制しました。一方、ソフトバンクは5回、2アウト二塁三塁からデスパイネ選手の内野安打に相手のエラーが重なってランナー2人が返り、2対2の同点に追いつきました。

試合は、このまま延長に入りましたが、両チームのリリーフ投手が粘って得点を許さず、延長12回、規定により2対2で引き分けました。

日本シリーズの引き分けは平成22年、中日対ロッテの第6戦以来、8年ぶりです。第2戦は、28日、午後6時半からマツダスタジアムで行われます。

広島 新井「みんなしっかり動けていた」

この日本シリーズを最後に現役を引退する広島の新井貴浩選手は、同点の延長12回、1アウト一塁で代打で登場し、ピッチャーゴロに倒れましたがランナーを二塁に進めるバッティングをしました。

新井選手は「何とか打ちたかったが、相手ピッチャーにいいコースに投げられた。シュート系のボールだった」と振り返りました。

そのうえで、「緊迫した初戦だったが、こうした中でもみんながしっかり動けていたと思う。あすの試合に向けて準備をしていきたい」と話していました。

広島 大瀬良「全体的に悪くなかった」

日本シリーズ 第1戦は延長12回引き分け
日本シリーズ 第1戦は延長12回引き分け

広島の先発 大瀬良大地投手は、「シーズン中とはまた違った空気だったが、1回にいい入りができたのでよかった。バッターの反応を見ながら、いろいろなボールを使って抑えることができた。相手に的を絞らせなかったし、全体的に悪くなかった」と話していました。

広島 緒方監督「こちらのペースで進められた」

広島の緒方孝市監督は「選手はよく頑張ってくれた。先発の大瀬良も初戦でプレッシャーがかかる中、いいピッチングをしてくれた。こちらのペースで進められたがもう1点を取る攻撃ができなかった。あしたからの試合でいい形になるよう、メンバーも考えながらやっていきたい」と話していました。

ソフトバンク デスパイネ「いつもどおりの気持ちで」

日本シリーズ 第1戦は延長12回引き分け
日本シリーズ 第1戦は延長12回引き分け

5回に代打で出場し、タイムリー内野安打を打ったソフトバンクのデスパイネ選手は「ふだんの指名打者ではなく、代打での出場だったが、チャンスの場面でもいつもどおりの気持ちで打席に入れた」と振り返り、内野安打がその後、相手のエラーを誘ったことについては、「大事な場面だったので、同点に追いつけてよかった。あの2点は本当に大きかった」と話していました。

ソフトバンク 千賀「試合を壊さずによかった」

日本シリーズ 第1戦は延長12回引き分け
日本シリーズ 第1戦は延長12回引き分け

2年連続で日本シリーズ第1戦の先発を務めたソフトバンクの千賀滉大投手は2失点の内容にも「ふだんどおり入ることができた。久しぶりの屋外のマウンドだったが、なんとか2点で抑え、試合を壊さずによかった。もし次の登板の機会があれば、しっかり投げたい」と前を向いていました。

ソフトバンク 工藤監督「よく追いついてよく投げた」

ソフトバンクの工藤公康監督は延長12回での引き分けに「よく追いついてよく投げてくれた。特にリリーフ陣は1点を取られて終わりということを十分わかったうえで、自分の持っているものをしっかり出してくれた。ナイスピッチングでした」と無失点で抑えたリリーフ陣を褒めていました。

情報源:日本シリーズ 第1戦は延長12回引き分け | NHKニュース

日本シリーズ 第1戦は延長12回引き分け
日本シリーズ 第1戦は延長12回引き分け

 

ことしのプロ野球の日本シリーズは、広島とソフトバンクが初の顔合わせ。第1戦から4時間38分の熱闘となり、シリーズ8年ぶりの引き分け。両チームともシリーズ仕様の戦いを初戦から見せました。

数字で見ても“熱闘”

日本シリーズ 第1戦は延長12回引き分け
日本シリーズ 第1戦は延長12回引き分け

リーグ3連覇の広島か。クライマックスシリーズから勝ち上がったソフトバンクか。平成最後の日本一を争う頂上決戦は、第1戦から熱戦に。

それは数字が物語っています。得点は2対2の引き分け。

それでも両チームで登板したピッチャーは広島8人、ソフトバンク7人の合わせて15人は延長戦での日本シリーズ新記録です。

両チームの三振合わせて27個も新記録。

さらに、ベンチ入り25人のうち、広島は21人、ソフトバンクは23人が出場。両チームの出場選手44人は過去の記録に並びました。両チーム、ベンチ入りした選手のほとんどを使い切ったまさに総力戦でした。

短期決戦ならでは

日本シリーズ 第1戦は延長12回引き分け
日本シリーズ 第1戦は延長12回引き分け

その総力戦の中で、日本シリーズのような短期決戦ならではの戦いが随所に見られました。

中でも、ソフトバンクが2点を追う5回の攻撃、2アウト二塁三塁で先発の千賀投手に代えて、代打にデスパイネ選手を送った場面は、工藤監督の采配が光りました。

第1戦の球場は広島の本拠地、マツダスタジアム。セ・リーグの球場でパ・リーグのチームはシーズン中に使える指名打者が使えません。

守備に不安のあるデスパイネ選手はシーズン中、出場の多くが指名打者でした。

シーズン13勝の千賀投手をたてた第1戦、工藤監督は、指名打者が使えない状況で、今シーズン、ケガで離脱した期間がある中、ホームラン29本を打った中軸を先発から外していました。「いつもは指名打者だが代打の準備はできていた」。

千賀投手が2回以降ノーヒットに抑えていた状況。イニングはまだ5回。それでも工藤監督は勝負をかけました。

そして、デスパイネ選手は、セカンドへの内野安打を打ち、相手のミスも重なってランナー2人が生還。早めの勝負をかけた代打策は成功し、何とか引き分けに持ち込みました。

対する広島も、延長の12回でつぎ込んだピッチャーは8人。緒方監督はソフトバンクに流れを渡すまいと中盤以降は惜しみなく、そして小刻みにピッチャーをつなぎ、最後はベンチにピッチャーは1人しか残っていませんでした。

第1戦からがっぷり四つに組んだ両チーム、第2戦以降も白熱した戦いを見せてくれそうです。

日本シリーズ 第1戦は延長12回引き分け
日本シリーズ 第1戦は延長12回引き分け

情報源:日本シリーズ仕様の戦い 初戦から | NHKニュース



菊池のツーランで点を取り、攻めた守備の結果のエラーで失点し・・・
仕方ないけど、あのエラーが無ければ・・・、と思ってしまうな。


記事の有効期限: 2018年12月27日 Thursday 11:45pm