「事件は計画的だった」サウジアラビアが見解修正

「事件は計画的だった」サウジアラビアが見解修正 | NHKニュース

はぁ・・・


トルコのサウジアラビア総領事館でジャーナリストが死亡した事件について、サウジアラビアの検察当局は、国営通信を通じて「事件は計画的だった」と発表し、偶発的な事件だったとするこれまでの見解を修正しました。事件の計画性を指摘するトルコに歩み寄ることで、早期の幕引きを図る狙いがあるものとみられます。

ジャーナリストのジャマル・カショギ氏が、トルコにあるサウジアラビア総領事館で死亡した事件では、合同で捜査にあたっているトルコのエルドアン大統領が、「残酷で計画的な殺人だ」と指摘しているほか、国際社会からもサウジアラビア政府に対して、真相の究明を求める声が高まっています。

こうした中、サウジアラビアの検察当局は25日、国営通信を通じて、「トルコ側からもたらされた情報は、事件は計画的だったことを示している」とする声明を発表しました。

この声明は、事件は偶発的に起きたとするこれまでの見解を修正するものですが、事件への関与が指摘されるムハンマド皇太子については一切触れておらず、トルコの主張に歩み寄ることで、早期の幕引きを図る狙いがあるものとみられます。

また、サウジアラビアで開かれていた皇太子主催の経済フォーラムでは、今回の事件を受けて各国の要人や企業の幹部が相次いで欠席しましたが、最重要閣僚の1人、ファリハ エネルギー産業鉱物資源相は25日、国営テレビで、「欠席したすべての企業から謝罪の電話があった。数週間のうちに関係は修復されるだろう」と述べるなど、サウジアラビア政府は強気の姿勢を崩していません。

ジャーナリストら正義の実現訴える

「事件は計画的だった」サウジアラビアが見解修正
「事件は計画的だった」サウジアラビアが見解修正

一方、事件が起きたイスタンブールにあるサウジアラビア総領事館の前には25日夜、数十人のジャーナリストや市民が集まりました。

人々は「ここでカショギ氏の魂が失われた。われわれは今回の殺人事件についていかなる妥協も許さないことをここに明確にしておく」と声明を読み上げ、今回の事件の対応にあたっているサウジアラビアやトルコ、それにアメリカといった国々に対し、妥協のない捜査を行って真相を明らかにし、正義を実現するよう訴えました。

カショギ氏の友人だったという男性は「事件に関与した者たちに責任をとらせ、正義が実現されるまでわれわれに安息の日は決して訪れない」と話していました。

現場ではサウジアラビアのムハンマド皇太子の顔を描いたお面をかぶり、手の平を血をイメージさせる赤色に塗って皇太子が事件に関与しているはずだとアピールする人の姿もみられました。

また、人々はろうそくに火をともし、カショギ氏の死を悼みました。

訪れたジャーナリストの1人は「あのような立派なジャーナリストを失い、とても悲しい。われわれは皆、彼と同じように表現の自由を掲げるジャーナリストとして、彼のように危険な目にあうのではないかと不安も感じている」と話し、表現の自由を抑圧する強権的な政府に懸念を示していました。

情報源::「事件は計画的だった」サウジアラビアが見解修正 | NHKニュース


ふむ・・・


記事の有効期限: 2018年12月26日 Wednesday 9:42am