サウジ皇太子 みずからの関与には言及せず「非常に醜い事件」

サウジ皇太子 みずからの関与には言及せず「非常に醜い事件」 | NHKニュース

はぁ・・・


サウジアラビアのムハンマド皇太子は、みずから主催する経済フォーラムに登壇し、ジャーナリストが死亡した事件について「非常に醜い事件であり全く正当化できない。関わった者に罰を与える」と述べたものの、みずからの関与については言及しませんでした。

サウジアラビアの首都リヤドで開かれている経済フォーラムは24日、2日目を迎え、主催するムハンマド皇太子が登壇し、中東の経済発展に向けたリーダーの役割などをテーマにしたパネルディスカッションに参加しました。

ムハンマド皇太子は発言の冒頭でサウジアラビア人ジャーナリストのジャマル・カショギ氏がトルコにある総領事館で死亡した事件について触れ「非常に醜い事件であり、全く正当化できない。トルコ政府と協力して捜査を続ける。関わった者に罰を与える」と述べました。

一方で、みずからの事件の関与については、一切、言及しませんでした。

このあとのパネルディスカッションでムハンマド皇太子は、みずからが主導する石油に依存しない国づくりを目指した経済改革の意義などを強調しました。

今回のフォーラムでは、欧米各国の要人や企業のトップなどが相次いで参加を取りやめる事態となり、事件をめぐりサウジアラビア政府への批判が高まる中、ムハンマド皇太子が進める経済改革にも影響が広がりそうです。

サウジ皇太子 壇上で冗談も

ムハンマド皇太子は経済フォーラムの壇上で、同席したレバノンのハリリ首相について「彼が2日間、サウジアラビアにいるからといって、誘拐されたとかいううわさが広まらないことを望む」と述べ、会場は笑いに包まれました。

これは去年、レバノンのハリリ首相がサウジアラビアを訪問した際に、突然、辞意を表明し、ムハンマド皇太子による圧力によるものだという受け止めが広がったことに冗談を交えて反論した形です。

サウジ参加者 皇太子の姿勢を評価

経済フォーラムの会場でムハンマド皇太子の発言を聞いたサウジアラビア人の男性は「皇太子の説明は的確で、指導力を示せたと思う。ジャマル・カショギ氏の事件については、政府が適切に対処するだろう。われわれは団結して、今の厳しい状況を乗り越えたい」と話し、ムハンマド皇太子の姿勢を評価する姿勢を示しました。

サウジ皇太子とトルコ大統領が電話会談

サウジアラビアのムハンマド皇太子とトルコのエルドアン大統領は24日、電話で会談しました。

トルコのアナトリア通信によりますと、会談はムハンマド皇太子からの要請で行われ、2人は今回の事件の真相をあらゆる側面から明らかにするための協力と、その手順について話し合ったということです。

今回の事件をめぐっては、捜査を進めるトルコのエルドアン大統領が23日、「責任を数人の諜報機関や治安機関のメンバーに負わせるのでは、われわれも国際社会も納得しない」と演説し、サウジアラビア政府の対応を批判したのに対し、関与が指摘されているムハンマド皇太子はそれを否定しています。

イラン ロウハニ大統領がアメリカを厳しく批判

一方、イランのロウハニ大統領は、24日の閣議でこの事件について初めて言及し「凶悪な殺人事件だ」として、対立関係にあるサウジアラビア政府の関与が疑われる事件を非難しました。

そのうえで、アメリカが大量の武器を輸出するなどしてサウジアラビアに対し融和的な政策をとってきたことが、このような事件を引き起こしたなどと厳しく批判しました。

また「アメリカやヨーロッパなどは、事件への対応によって、人道上の問題をどれほど重視しているか、問われることになるだろう」と述べて国際社会に厳しく対応するよう求めました。

アメリカはこれまで、サウジアラビア寄りの政策をとることによって、イランに対する包囲網を強化してきた経緯があり、イランとしては事件をきっかけに、アメリカへの反発をさらに強めていくとみられます。

情報源:サウジ皇太子 みずからの関与には言及せず「非常に醜い事件」 | NHKニュース


ふむ・・・


記事の有効期限: 2018年12月25日 Tuesday 10:40am