オバマ前大統領とクリントン元大統領らに不審な郵便物届く

オバマ前大統領とクリントン元大統領らに不審な郵便物届く

えぇ・・・


アメリカで、オバマ前大統領とクリントン元大統領に宛てられた不審な郵便物が見つかったほか、CNNテレビの支局があるニューヨークのビルなどに爆発物が入った郵便物が届いたことがわかりました。中間選挙を前に、トランプ政権に批判的な関係者への脅迫の可能性もあるとして、FBI=連邦捜査局などが捜査を進めています。

ホワイトハウスによりますと、24日、首都ワシントンにあるオバマ前大統領の自宅や、ニューヨーク近郊にあるクリントン元大統領の自宅などに宛てられた不審な郵便物が届いているのを大統領や大統領経験者を警備するシークレットサービスが見つけました。

現地のメディアは、届いたのは爆発物と見られると伝えています。

またニューヨークでは、トランプ大統領に批判的なCNNテレビの支局があるビルに爆発物と白い粉が入った小包が郵送されたということです。

アメリカでは22日にも、オバマ前大統領などへの多額の寄付によって、民主党を支援してきた投資家、ジョージ・ソロス氏の自宅で爆発物が見つかっています。

トランプ政権への審判ともされる中間選挙まで10日余りとなる中、民主党の関係者や、政権に批判的なメディアへの脅迫の可能性もあるとしてFBIなどが捜査を進めています。

クリントン元国務長官「深い分断の時代だ」

クリントン元国務長官は24日、中間選挙の応援のため訪れている南部フロリダ州で演説し、冒頭で「不審物はシークレットサービスが自宅に届くはるか前に見つけてくれたので、私たちは大丈夫です。彼らをきょうほどありがたいと思ったことはありません」と述べました。

そして「いまは悩ましい時代で、深い分断の時代だと思いませんか。われわれはこの国を1つにするため、全力を尽くすべきです」と述べ、こうした事態が起こる背景には、アメリカ社会における分断や政治的な対立があるのではないかという考えをにじませました。

CNN入るビルにも爆発物

ニューヨーク中心部にある、CNNテレビの支局が入るビルでも、24日午前10時ごろ、不審な郵便物が見つかりました。

中身はパイプ爆弾のような爆発物で、白い粉が入った封筒とともに小包に入っていたということです。

ニューヨーク市警は周辺を立ち入り禁止にしたうえで、爆発物処理チームが特殊な車両で爆発物を処理し、見つかってからおよそ2時間後、安全を確認したと発表しました。

爆発物や白い粉は、FBI=連邦捜査局の研究所に送られ、捜査当局は背景などについて調べています。

CNNテレビは不審な郵便物が見つかったあと、ビルの内部にいる人々に避難を呼びかける音声が鳴り響いている様子や、関係者が外に避難する様子を生中継で伝えていました。

CNNが入るビルには、高級スーパーやファッションブランドの店舗なども入っており、避難する人たちなどで辺りは一時、騒然としました。

ビルから避難した女性は「何があったのか分かりませんでしたが、爆弾と聞き、怖いと思いました。同じようなことがまた起こるかもしれず、不安です」などと話していました。

現場で記者会見したニューヨーク市のデブラシオ市長は「暴力で言論の自由や、国のリーダーたちを攻撃するテロ行為だ」と述べたうえで、「憎しみに満ちた雰囲気によって暴力が引き起こされている」として、すべての政治家などに対し、メディアへの攻撃をやめ、意見が異なる場合でも過激な言動を慎むよう求めました。

トランプ大統領「総力挙げて捜査」

オバマ前大統領などに宛てた不審な郵便物が見つかったことについて、アメリカのトランプ大統領は24日、ホワイトハウスで「アメリカ政府は総力を挙げて捜査を進めていて今後、どのような努力も惜しまない。こうした政治的な脅迫は、アメリカでは成功しないということを明確にしなければならない。非常に残念で怒りを感じており、真相は必ず究明されるだろう」と述べました。

野党幹部 トランプ大統領の言動を非難

オバマ前大統領などに宛てた不審な郵便物が見つかったことについて、野党・民主党の上院トップ、シューマー院内総務と下院トップのペロシ院内総務は、共同で声明を出しました。

声明では「トランプ大統領はこれまで何度も暴力を容認するような言動でアメリカの分断を深めてきた。トランプ大統領がみずからの言動を改めることがなければ、この事件について何を言っても説得力を持たないだろう」として、これまでのトランプ大統領の言動を非難しました。

情報源:オバマ前大統領とクリントン元大統領らに不審な郵便物届く | NHKニュース


[ワシントン/ニューヨーク 24日 ロイター] – 米国でオバマ前大統領や当時の閣僚2人、CNN宛ての郵便物から爆発物とみられる不審物が相次いで見つかり、当局が捜査している。

10月24日、米国でオバマ前大統領や当時の閣僚2人、CNN宛ての郵便物から爆発物とみられる不審物が相次いで見つかり、当局が捜査している。写真はニューヨーク・マンハッタンのタイムワーナーセンター前に集まる市警察官ら(2018年 ロイター/MIKE SEGAR)
10月24日、米国でオバマ前大統領や当時の閣僚2人、CNN宛ての郵便物から爆発物とみられる不審物が相次いで見つかり、当局が捜査している。写真はニューヨーク・マンハッタンのタイムワーナーセンター前に集まる市警察官ら(2018年 ロイター/MIKE SEGAR)

連邦捜査局(FBI)によると、少なくとも5件の不審な小包の存在が明らかになっており、受け取り人にはヒラリー・クリントン元国務長官やホルダー元司法長官、ブレナン元中央情報局(CIA)長官などが含まれる。

いずれも受け取り前に発見され爆発しておらず、負傷者はいない。これまでのところ犯行声明も出ていない。

米国では中間選挙が11月6日に迫り、緊張が高まっている。

不審な郵便物が最初に明らかになったのは22日で、民主党の主要な献金者である著名投資家ジョージ・ソロス氏宛てだった。

FBIによると、ホルダー元司法長官への小包は、5つの郵便物すべてに返送先として記載されていた民主党全国委員会の前委員長、デビー・ワッサーマン・シュルツ氏のフロリダのオフィスに転送された。

大統領警護隊の説明では、オバマ氏とクリントン氏宛ての不審物は事前の検査で発覚した。またCNNのニューヨーク支局でも不審な小包が見つかり、支局が入るタイムワーナービルからは人々が退避させられた。

CNNに届いた不審物は、かつて同社コメンテーターだった反トランプ派のブレナン元CIA長官宛てで、パイプ爆弾のようだったという。

ニューヨークのデブラシオ市長は、一連の事件を「テロ行為」と批判した。

またトランプ大統領とホワイトハウスのサンダース報道官は、事件を「卑劣な」行為として非難。犯行に関わった者に法の裁きを受けさせると警告した。

トランプ大統領は「このような時にわれわれは結束し、政治的暴力の行為や脅迫は米国に存在し得ないというメッセージを明確に発するべきだ。事件に対して非常に憤りを感じており、徹底的に捜査する」と述べ、結束の重要性を強調する異例の呼びかけを行った。

*余分な文字を削除して再送しました。

情報源:オバマ氏・ヒラリー氏やCNN宛てに不審物、反トランプ派標的か(ロイター) – Yahoo!ニュース

情報源:オバマ氏・ヒラリー氏やCNN宛てに不審物、反トランプ派標的か | ロイター


米連邦捜査局(FBI)は24日、オバマ前大統領や、民主党の大統領候補だったヒラリー・クリントン元国務長官らに宛てた不審な小包が見つかった、と発表した。米メディアは爆発物が入っていたと報じている。CNNやトランプ大統領に批判的な投資家にも届いており、11月6日の中間選挙を前に全米で警戒が強まっている。

犯行声明は出ていない。FBIは爆発物の可能性があるとみて、送り主などを捜査している。

FBIによると、小包は著名投資家ソロス氏、オバマ前政権のホルダー元司法長官、オバマ前政権のブレナン中央情報局(CIA)元長官宛てにも送られた。ブレナン氏宛ての小包は24日、CNNニューヨーク支局に届き、同支局が入るビルでは避難騒ぎが起きた。米メディアによると、民主党のウォーターズ下院議員(カリフォルニア州選出)宛ての不審物も見つかったという。

宛先となった人たちはいずれも、トランプ氏に批判的な立場で知られる。中間選挙前に、民主党の有力者やトランプ政権に批判的な関係者の殺傷や脅迫を狙った可能性がある。

FBIは、内側にエアキャップが付いた茶封筒が使われた▽宛名は手書きではなくコンピューターの印字だった▽一般的な切手が使われた▽送り主として民主党全国委員会(DNC)のシュルツ元委員長の名前が記されていた、などの類似点を指摘した。

ニューヨーク・タイムズ紙によると、これらの不審物にはパイプ爆弾が入っていた。シークレットサービス(大統領警護隊)による点検などで発見され、負傷者は確認されていない。ニューヨークのデブラシオ市長は24日の会見で「報道の自由や国家の指導者を暴力で弱らせようと試みる、明らかなテロ行為だ」と非難した。

クリントン氏は同日、フロリダ州での会合で「この深い分断の時代に、私たちは国を一つにまとめるために全力を尽くさねばならない」と述べた。

トランプ氏も同日、「我々は結束し、あらゆる政治的な脅迫行為は許容されないという明確で強いメッセージを発しなければならない」と述べた。しかし、民主党側からは、トランプ氏自身が集会などで過激な発言をして分断を深めた、との批判が出ている。(ニューヨーク=金成隆一)

<不審物の宛先>

オバマ前大統領

民主党の大統領候補だったヒラリー・クリントン元国務長官

著名投資家ソロス氏

オバマ前政権のホルダー元司法長官

オバマ前政権のブレナン中央情報局(CIA)元長官

民主党のウォーターズ下院議員(カリフォルニア州選出)

(FBIの発表や米メディアなどによる)

情報源:クリントン氏とオバマ氏宛て郵便に爆発物 配達前に回収:朝日新聞デジタル


トランプ米大統領=AP
トランプ米大統領=AP

トランプ大統領「総力を挙げて捜査 許容されない」

【ワシントン高本耕太】米連邦捜査局(FBI)は24日、オバマ前大統領、クリントン元国務長官の私邸など5カ所に宛てて不審物が送られたと発表した。不審物は爆発物とみられ、うち一つは米CNNテレビのニューヨーク支局にも届いた。トランプ大統領は24日、ホワイトハウスで開かれた会合の冒頭で「連邦政府の総力を挙げて捜査している。米国内でいかなる政治的暴力も許容されない」と述べた。

FBIによると、22~24日に送られた不審物の宛名にはオバマ氏のほか、民主党を支援する著名な投資家ジョージ・ソロス氏やオバマ政権で司法長官を務めたホルダー氏らが含まれている。民主党を標的にしたものとみられ、FBIは「他にも送付されている可能性がある」と指摘。ロイター通信によると、ニューヨーク市警は不審物の中身について「パイプ爆弾のようだ」とコメントしている。一連の不審物による人的被害は発生していない。

不審物は11月の中間選挙を前に党派対立が激化する中で送られたが、トランプ氏は「今こそ私たちは、団結し連帯しなければならない」と述べた。また、トランプ氏は、捜査状況について関係当局から直接報告を受けていると説明したうえで「米国民の安全確保が政権の最重要課題だ。そのための資源を惜しまない」と強調した。

一方、一連の事件で標的となった個人や団体はいずれもトランプ氏が公に厳しく非難してきた対象。中間選に向けた最近の応援演説でもオバマ、クリントン両氏が所属する民主党を「犯罪の党」「怒れる暴徒」と呼び、CNNについては「国民の敵」と主張している。

米国内では事件の発覚直後から、トランプ氏の暴力を許容するような発言や好戦的な政治姿勢が要因になったとの指摘が多く出ている。またトランプ氏は、昨夏に南部バージニア州で発生した白人至上主義者らの衝突事件後、人種差別を明確に非難しなかったとして激しい非難を浴びた。今回は速やかな非難声明を出すことで、政治問題化を避ける狙いがあるとみられる。

情報源:米国:不審物送付は5カ所 CNNのNY支局にも – 毎日新聞


怖いなあぁ・・・


記事の有効期限: 2018年12月25日 Tuesday 1:06pm