男鹿のナマハゲなど10の伝統行事 ユネスコ無形文化遺産登録へ

男鹿のナマハゲなど10の伝統行事 ユネスコ無形文化遺産登録へ | NHKニュース

へぇ・・・


秋田県の「男鹿のナマハゲ」など、住民が仮面をつけたり仮装したりして無病息災などを願う伝統行事が、ユネスコの無形文化遺産に登録されることになりました。

男鹿のナマハゲなど10の伝統行事 ユネスコ無形文化遺産登録へ
男鹿のナマハゲなど10の伝統行事 ユネスコ無形文化遺産登録へ

文化庁によりますと、ユネスコの評価機関は24日夜、日本が提案していた「来訪神:仮面・仮装の神々」について、無形文化遺産への登録を意味する「記載」と勧告しました。

「来訪神」は秋田県の「男鹿のナマハゲ」、岩手県の「吉浜のスネカ」、山形県の「遊佐の小正月行事」、宮城県の「米川の水かぶり」、沖縄県の「宮古島のパーントゥ」など全国10の伝統行事で構成されています。

いずれの祭りも正月などに仮面や仮装をした住民が家々を訪れて、無病息災などを願う行事で、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

文化庁によりますと、来月下旬からモーリシャスで開かれる政府間委員会で、ユネスコ無形文化遺産への登録が正式に決まります。

国内の無形文化遺産は「和紙」や「和食」などがあり、今回の登録で21件となります。

「男鹿のナマハゲは地域の誇るべき文化」

秋田県男鹿市の菅原広二市長は「『男鹿のナマハゲ』は、地域の誇るべき文化であり、この文化が世界に認められることは、ナマハゲ行事の保存・伝承への励みになります。政府間委員会において、ユネスコ無形文化遺産に登録されるよう、男鹿のナマハゲ行事に関わっている方々をはじめ、市民一同、願っております」というコメントを出しました。

「登録に向けて一段階近づいた」

宮城県の「米川の水かぶり保存会」の菅原淳一さんは「これで登録に向けて一段階近づいたので、ほっとしています。正式な登録が決まる11月には、ナマハゲなど他の行事の仲間と集まって、一緒に登録を見守りたいと思います」と話していました。

情報源:男鹿のナマハゲなど10の伝統行事 ユネスコ無形文化遺産登録へ | NHKニュース


ほぉ・・・


記事の有効期限: 2018年12月25日 Tuesday 2:30pm