台湾列車脱線 原因は機械故障でなく速度超過 検察当局

台湾列車脱線 原因は機械故障でなく速度超過 検察当局 | NHKニュース

人災だろ。


台湾北東部で21日、8両編成の特急列車が脱線して18人が死亡、190人がけがをした事故で、台湾の検察当局は、事故の原因は速度超過で、機械の故障が原因だった可能性は低いという見方を示し、引き続き事故の詳しい原因を調べています。

北東部の宜蘭県で21日夕方、8両編成の特急列車が脱線し、台湾当局によりますと、乗客366人のうち18人が死亡し190人がけがをしました。

現場では事故のあった反対側の線路を使って22日から列車の運行が再開され、脱線した一部の列車は線路脇から撤去されました。

複数の地元メディアは22日夜、検察当局の責任者の話として、急カーブとなっている事故現場で当時、列車は確実に時速80キロ以上の速度が出ていて、時速100キロ以上だった可能性も否定できないとして、事故の原因は速度超過だったと伝えました。

そのうえで機械の故障が原因だった可能性は低いという見方を示しました。

また、検察当局が列車の運転士に対し業務上過失致死の疑いで取り調べを始めたとも伝えています。

これまでに複数の地元メディアは台湾の鉄道当局の責任者の話として、走行中の列車の速度などについて計測し、自動的に列車を制御する装置が切られていた疑いがあると伝えています。

これが速度超過につながったかは今のところわかっていませんが、原因究明にあたっている当局は引き続き事故の詳しい原因について調べています。

情報源:台湾列車脱線 原因は機械故障でなく速度超過 検察当局 | NHKニュース


安全装置が働いて一定速度以上が出せないから、安全装置を切ったんだろ。


記事の有効期限: 2018年12月23日 Sunday 10:30am