AbemaTVに電通と博報堂DYが資本参加。広告拡販やコンテンツ調達協力

嫌な予感しかしない・・・


サイバーエージェントとテレビ朝日が合弁で展開してきたインターネットテレビ「AbemaTV」に、電通と博報堂DYメディアパートナーズが資本参加する。資本業務提携により、両社によるAbemaTVの広告拡販や、スポーツ、アニメ、映画などのコンテンツの調達を目指す。

電通と博報堂DYメディアパートナーズを割当先とする第三者割当増資により、電通の株式持ち分比率は5.0%、博報堂DYは3.0%となる。なお、サイバーエージェントは55.2%(増資前60.0%)、テレビ朝日は36.8%(同40.0%)。

AbemaTVはサイバーエージェントとテレビ朝日の合弁企業として2015年4月に設立。オリジナルの生放送コンテンツや、ニュース、音楽、スポーツ、ドラマなど多彩な番組を無料で楽しめるインターネットテレビとして、2016年4月に本開局し、アプリダウンロード数は’18年10月現在3,400万。

AbemaTVでは、「今後も、生活の中に深く浸透したサービスになることを目指し、コンテンツの拡充やサービスの機能拡充を積極的に行なっていく」としており、今回の第三者割当増資後も、サイバーエージェントの連結子会社として活動していく。

関連リンク

情報源:AbemaTVに電通と博報堂DYが資本参加。広告拡販やコンテンツ調達協力(Impress Watch) – Yahoo!ニュース

情報源:AbemaTVに電通と博報堂DYが資本参加。広告拡販やコンテンツ調達協力 – AV Watch


サイバーエージェントは10月23日、子会社のAbemaTVが電通、博報堂DYメディアパートナーズと資本業務提携すると発表した。両社を引受先とする第三者割当増資を行う。インターネットテレビ局「AbemaTV」の広告拡販やコンテンツ調達を強化する。

増資後の持ち分比率は、サイバーエージェントが55.2%(増資前は60.0%)、テレビ朝日が36.8%(同40.0%)、電通が5.0%、博報堂DYメディアパートナーズが3.0%。AbemaTVは、引き続きサイバーエージェント連結子会社という位置付け。

これまでも電通、博報堂DYメディアパートナーズは、AbemaTVのパートナー企業として広告販売を手掛けていた。提携により、広告拡販だけでなく、スポーツ、アニメ、映画といったコンテンツ調達の強化を狙う。

関連リンク

情報源:AbemaTVが電通、博報堂と資本業務提携 広告拡販を強化(ITmedia NEWS) – Yahoo!ニュース

情報源:AbemaTVが電通、博報堂と資本業務提携 広告拡販を強化 – ITmedia NEWS


どうせなら、ネット広告の代理店を立ち上げるくらいの気概を見せてほしい。


記事の有効期限: 2018年12月23日 Sunday 5:13pm