小型機が高速道に「奇跡の着陸」エンジンが突然停止

小型機が高速道に「奇跡の着陸」エンジンが突然停止 | NHKニュース

ほぉ・・・


アメリカでエンジンが突然停止した小型の飛行機が高速道路に緊急着陸しました。たくさんの車の間を縫うように着陸して1人もけが人が出なかったことから、地元メディアは「奇跡の着陸」と大きく伝えています。

アメリカ西部カリフォルニア州のサンディエゴ近郊で19日、高速道路に小型プロペラ機が緊急着陸しました。

着陸の瞬間を撮影した映像がSNSに投稿されて大きな話題になりました。高速道路には当時、多くの車が走っていましたが、プロペラ機がふらつきながら車と車の間を縫うようにギリギリのところに着陸する様子がとらえられています。

当時、プロペラ機は訓練飛行中で、訓練生と教官の2人が乗っていましたが、エンジンが突然停止し、近くの空港の管制塔に着陸したいという連絡があったということです。しかし空港にはたどり着けず途中の高速道路に降りるしか手がなくなったということで、目撃者の1人は地元メディアの取材に対し「着陸直前の2人は表情がこわばり本当に恐怖を感じているようだった」と話していました。

プロペラ機はその後、車とぶつからずに高速道路から一般道へと下りる出口の辺りで停止しました。1人のけが人も出ず、大惨事にならなかったことから、アメリカのメディアは「奇跡の着陸」などと大きく伝えています。

情報源:小型機が高速道に「奇跡の着陸」エンジンが突然停止 | NHKニュース



運が良かったな。


記事の有効期限: 2018年12月21日 Friday 9:53am