サグラダ・ファミリア 133年ぶりに「建設許可」

サグラダ・ファミリア 133年ぶりに「建設許可」

へぇ・・・


スペインのバルセロナで建設が続くサグラダ・ファミリア教会は世界的な観光名所として知られますが、実は、133年間にもわたってバルセロナ市から建設許可を得ていない状態でした。このほど、教会が日本円にして46億円余りを市に支払うことでようやく許可が下りる運びとなりました。

アントニオ・ガウディの代表作「サグラダ・ファミリア教会」は、136年前の1882年に着工し今なお建設が続けられていますが、スペインのメディアによりますと、133年前にはバルセロナ市から建設許可を得ていない状態になり、そのまま現在に至ります。

理由は、教会の建設場所が着工当時は別の自治体で、その後バルセロナ市に合併された際どういうわけか建設許可が更新されなかったためだということです。

「無許可建設」という指摘に対し、教会は「バルセロナ市から連絡がなかった」と説明していましたが、市と2年間にわたって協議した結果、このほど、市に3600万ユーロ、日本円にして46億円余りを支払うことで市から建設許可が下りる運びとなりました。

教会が支払うのは、長年にわたって滞納する結果になった税金などに当たりますが、市は、それを教会に隣接する道路の補修や地下鉄から教会への新たな出口の整備など教会建設への支援に充てるとしています。

情報源:サグラダ・ファミリア 133年ぶりに「建設許可」 | NHKニュース


スペイン・バルセロナの観光名所「サグラダ・ファミリア」/LLUIS GENE/AFP/AFP/Getty Images
スペイン・バルセロナの観光名所「サグラダ・ファミリア」/LLUIS GENE/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) 100年以上にわたって違法な建築工事を進めてきたとされるスペイン・バルセロナの観光名所「サグラダ・ファミリア」の管財当局は20日までに、同市当局に今後10年間で計3600万ユーロ(約46億8000万円)を支払い、合法的な工事許可を得ることで合意したと発表した。

支払金は同教会を毎年訪れる約450万人もの観光客がもたらすとされる悪影響を緩和させるためインフラ基盤の改修事業に充てられる。

サグラダ・ファミリアはバルセロナ観光の最大の目玉とされ、アダ・クラウ市長はツイッター上で今回の合意を称賛。2年間の対話の成果であり、教会への進入経路、公共輸送や周辺の路上の再開発など地元住民の生活向上を図る財源を得たとした。

2200万ユーロは教会への輸送手段の改善、700万ユーロは地下鉄を使った訪問手段を広げる事業に使われる。400万ユーロは4つの主要道路の改修、300万ユーロは周辺地域の清掃や安全対策事業が使途となっている。

複雑な建物外側のデザインに見入る観光客/QUIQUE GARCIA/AFP/AFP/Getty Images
複雑な建物外側のデザインに見入る観光客/QUIQUE GARCIA/AFP/AFP/Getty Images

ネオゴシック様式のサグラダ・ファミリアは1882年に建設開始。設計は最初、フランシスコ・ビリャールが担当したが短期間で辞任し、アントニ・ガウディが後を継いでいた。カタルーニャ出身のガウディの独特な美学に根差した建築物は今なおバルセロナ市内に数多く残る。

ガウディは1926年、電車にひかれて死去。この後、複数の建築家がガウディの当初の設計図に従ってサグラダ・ファミリアの建設を引き継いでいた。工事は、ガウディの死去から100年に当たる2026年に完工予定となっている。

情報源:サグラダ・ファミリアに正式な建築許可、建設開始から136年(CNN.co.jp) – Yahoo!ニュース

情報源:CNN.co.jp : サグラダ・ファミリアに正式な建築許可、建設開始から136年


ほぉ・・・


記事の有効期限: 2018年12月21日 Friday 1:02am