プロ野球 広島 2年ぶり日本シリーズ進出

広島5-1巨人、CSのMVPは菊池。


プロ野球 広島 2年ぶり日本シリーズ進出
プロ野球 広島 2年ぶり日本シリーズ進出

プロ野球、セ・リーグのクライマックスシリーズファイナルステージ第3戦は、リーグ優勝の広島が3位の巨人に5対1で勝ちました。

プロ野球 広島 2年ぶり日本シリーズ進出
プロ野球 広島 2年ぶり日本シリーズ進出

3連勝の広島は優勝チームに与えられるアドバンテージの1勝とあわせて対戦成績を4勝0敗とし、2年ぶりに日本シリーズに進出しました。

情報源:プロ野球 広島 2年ぶり日本シリーズ進出 | NHKニュース


<広・巨>3回2死、丸は本塁打を打ち出迎えを受ける(撮影・荻原 浩人)
<広・巨>3回2死、丸は本塁打を打ち出迎えを受ける(撮影・荻原 浩人)

◇セ・リーグCSファイナルステージ第3戦 広島5―1巨人(2018年10月19日 マツダ)

セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦が19日、マツダスタジアムで行われ、球団初のリーグ3連覇を果たした広島がレギュラーシーズン3位からCSファーストステージを勝ち上がった巨人に5―1で3連勝。6試合制で行われるCSファイナルステージの通算成績を上位チームのアドバンテージ1勝を加えて4勝0敗とし、2年ぶり8度目の日本シリーズ出場を一気に決めた。広島は27日からの日本シリーズで34年ぶりの日本一を目指す。

先発の九里は初回に坂本勇、田中俊を連続三振、マギーを二ゴロに抑える最高の立ち上がり。2回は味方の失策と四球で走者を背負ったが、小林を三振に仕留めてピンチを切り抜けた。

その後も5回まで巨人打線を無安打に封じる力投。6回にマギーの適時打で1点を許し、この回で降板したが、リーグ3連覇を決めた9月26日ヤクルト戦で8回無失点と好投するなど大舞台に強い右腕が本領を発揮した。

好投する九里を打線が援護。2回に野間の適時二塁打などで2点先制。3回に丸が2号ソロを放ち加点。5回にも坂本の適時失策で2点を追加した。

九里の後を託された救援陣も奮投。岡田、一岡、ジャクソン、フランスアが無失点でリードを守った。

勝つしか道はない巨人だったが、九里の前に打線が沈黙。6回にマギーの適時打で1点を返したが、反撃はここまでだった。14日のヤクルト戦でノーヒットノーランを達成し、第4戦先発予定のエース菅野につなぐことはできず、高橋監督のラスト采配となった。

情報源:広島2年ぶり日本シリーズ進出!巨人をスイープ!由伸監督はラスト采配に(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

情報源:広島2年ぶり日本シリーズ進出!巨人をスイープ!由伸監督はラスト采配に― スポニチ Sponichi Annex 野球


日本シリーズ進出を決め、笑顔でハイタッチを交わす広島ナイン
日本シリーズ進出を決め、笑顔でハイタッチを交わす広島ナイン

◆2018 マツダ クライマックスシリーズ セ 広島5―1巨人(19日・マツダスタジアム)

広島が巨人相手に3連勝を飾り、アドバンテージの1勝を含め、無傷のまま2年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。1位チームの全勝突破は、13年に巨人が広島を下して以来、5年ぶりとなった。

広島は2回に野間が適時二塁打を放つなど、2点を先制。続く3回には丸が2号ソロを放つと、5回にも追加点を挙げ、突き放した。野間は「つなぐ気持ちで食らいついていった」と必死さをアピールした。

投げては九里が5回までノーヒットに抑えるなど、6回途中1失点と好投。リーグ優勝を飾った9月26日のDeNA戦(マツダ)に続き、白星を挙げた。

情報源:【広島】3連勝で2年ぶりの日本シリーズ進出決定(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

情報源:【広島】3連勝で2年ぶりの日本シリーズ進出決定 : スポーツ報知


日本シリーズ進出を決め、勝利のタッチを交わす丸(左から3人目)ら広島ナイン
日本シリーズ進出を決め、勝利のタッチを交わす丸(左から3人目)ら広島ナイン

「セCSファイナルS・第3戦、広島5-1巨人」(19日、マツダスタジアム)

広島が3連勝で巨人を圧倒。2年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。27日から西武、ソフトバンクの勝者と戦い、球団史上34年ぶり4度目となる日本一を目指す。

攻守で強さを発揮した。電光石火の攻撃は二回。メヒア、野間がいずれも初球をたたき、連続二塁打で先制。野間が「とにかく後ろにつなぐ気持ちで食らいついていきました」と振り返ったように、緒方カープを象徴する全員野球で主導権を握った。

追加点は三回だ。丸が今CS2本目のソロ本塁打。「甘く来た球を一振りで仕留めることができました」。頼れる男の一撃で、本拠地のボルテージは最高潮に高まった。

日本シリーズ進出を決めて喜び合うカープナイン(撮影・堀内翔)
日本シリーズ進出を決めて喜び合うカープナイン(撮影・堀内翔)

こうなれば、勝利まで一直線だ。先発の九里は威力ある六回途中まで1失点の好投。役割を果たし、バリエーション豊富な救援陣に後を託した。

今季限りで引退する新井ら、歓喜に湧く広島ナイン。勢いそのまま、頂点を狙う。

巨人は攻守で力負け。第4戦に先発予定だったエース菅野も登板できないまま、終戦となった。辞任が決まっていた高橋由伸監督にとっても、指揮官としてのラストゲームとなった。

情報源:広島、2年ぶり日本シリーズ進出決定 3連勝で巨人を圧倒(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:広島、2年ぶり日本シリーズ進出決定 3連勝で巨人を圧倒/カープ/デイリースポーツ online


<セCSファイナル 広・巨>記念撮影で笑顔をみせる緒方監督(中央)(撮影・坂田 高浩)
<セCSファイナル 広・巨>記念撮影で笑顔をみせる緒方監督(中央)(撮影・坂田 高浩)

◇セ・リーグCSファイナルステージ第3戦 広島5―1巨人(2018年10月19日 マツダ)

セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦が19日、マツダスタジアムで行われ、球団初のリーグ3連覇を果たした広島がレギュラーシーズン3位からCSファーストステージを勝ち上がった巨人に5―1で3連勝。6試合制で行われるCSファイナルステージの通算成績を上位チームのアドバンテージ1勝を加えて4勝0敗とし、2年ぶり8度目の日本シリーズ出場を一気に決めた。広島は27日からの日本シリーズで34年ぶりの日本一を目指す。

緒方監督の試合後インタビューは以下の通り。

――日本シリーズ進出を決めて、ファンに一言。

「今日もこれだけたくさんの応援をいただきました。本当にありがとうございました」

――今の心境は。

「短期決戦、とにかく初戦が大事なので、選手がいい調整で試合に入ってくれるか心配したが、その心配を吹き飛ばすような活躍をしてくれた。感謝している」

――3連勝で決めた。

「とにかく投手陣が頑張ってくれた。初戦先発の大瀬良、第2戦のジョンソン、きょうの九里と素晴らしい投球。そして投手を本当に助けたのは野手の守り。ナイスプレーでもり立ててくれた」

――重圧は。

「私は重圧を感じましたが、選手たちは重圧を感じさせない、伸び伸びとプレーをしてくれた。本当に凄いです」

――日本シリーズ、34年ぶり悲願へ向けて。

「本当に厳しい戦いになると思うが、チーム一丸となり、そしてファンとともに日本一を勝ち取りましょう!頑張ります」

情報源:広島が日本シリーズ進出!緒方監督、ファンと「日本一を勝ち取りましょう!」(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

情報源:広島が日本シリーズ進出!緒方監督、ファンと「日本一を勝ち取りましょう!」― スポニチ Sponichi Annex 野球


広島東洋カープは19日、本拠地マツダスタジアムでの読売ジャイアンツとのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦に5-1で勝利。対戦成績4勝0敗(アドバンテージ1勝含む)で、日本シリーズ出場を決めた。

日本シリーズへ王手をかけたこの日、広島は2回裏、野間の適時二塁打などで2点を先制。3回には丸にソロ本塁打が飛び出し、5回には敵失で2点を追加した。

投げては九里が5回まで無安打の力投。6回2死二塁からマギーの適時打で1失点。岡本に左前打を許して降板となったが、2死一、二塁でマウンドを引き継いだ岡田が阿部を左飛に取ってピンチをしのいだ。一岡、ジャクソン、フランスアの無失点リレーでリードを守り切り3連勝を飾った。

今季リーグ3連覇を果たした広島。リーグ優勝1年目は日本シリーズで、北海道日本ハムファイターズに敗れ、日本一を逃した。2年連続でリーグ優勝を果たした昨季は、CSファイナルステージで横浜DeNAベイスターズに4連敗。日本シリーズ出場も叶わなかった。

今季CSファイナルステージでは、ファーストステージ連勝で勢いに乗る巨人との対戦となった。第1戦は今季最多勝の大瀬良大地投手が6回1失点と好投し、丸佳浩、鈴木誠也両外野手の本塁打など6得点で快勝した。息詰まる展開の投手戦となった第2戦は、先制を許しながらも8回に菊池涼介内野手の3ランで逆転勝利を収めた。

3連勝でCS突破を果たした広島。今年こそ三度目の正直となるか。34年ぶりの頂点を目指し、27日開幕の日本シリーズに臨む。

情報源:広島が3連勝で日本シリーズ進出決定! 34年ぶり頂点へ、“三度目の正直”なるか(ベースボールチャンネル) – Yahoo!ニュース

情報源:広島が3連勝で日本シリーズ進出決定! 34年ぶり頂点へ、”三度目の正直”なるか | ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)


日本シリーズ進出を決めて丸(左)と談笑する広島・新井
日本シリーズ進出を決めて丸(左)と談笑する広島・新井

「セCSファイナルS・第3戦、広島5-1巨人」(19日、マツダスタジアム)

今季限りでの引退を表明している広島・新井貴浩内野手も、2年ぶり日本シリーズ進出に喜びを爆発させた。

日本シリーズ進出を決め、ナインを迎える新井(中央)
日本シリーズ進出を決め、ナインを迎える新井(中央)

この日は出場機会がなかったが、第2戦では八回に代打で同点二塁打。流れを引き寄せ、日本シリーズ進出突破に貢献した。

試合後はトロフィーを手にした新井を中心に、ナインが記念撮影。「家族一丸となって頑張りたい」と話していたベテランを先頭に、広島が34年ぶりの日本一を目指す。

日本シリーズ進出を決め、ナインを迎える新井(中央)
日本シリーズ進出を決め、ナインを迎える新井(中央)

情報源:広島・新井も歓喜 トロフィーを手に「家族」と記念撮影(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:新井も歓喜 トロフィーを手に「家族」と記念撮影/カープ/デイリースポーツ online


CSのMVPを獲得し、雄叫びを上げる菊池
CSのMVPを獲得し、雄叫びを上げる菊池

「セCSファイナルS・第3戦、広島5-1巨人」(19日、マツダスタジアム)

広島・菊池涼介内野手が、MVPに選ばれた。賞金100万円を獲得した。

前夜の第2戦で決勝3ラン。打率・200だったが、勝負強く、強烈なインパクトを残した。

最優秀選手を獲得した菊池
最優秀選手を獲得した菊池

この日は守備で魅せた。緒方監督が「あれは大きいプレー。特に先頭打者の入りでああいうプレーをしてくれたら、どれだけ投手が助かるか」と振り返ったのは4点リードの八回のプレー。先頭立岡が放った二遊間への鋭いゴロをスライディングキャッチ。間髪入れずに一塁へワンバウンド送球し、アウトにした。俊足の立岡に内野安打すら許さない堅守。超人的なプレーで、投手陣をもり立てた。

試合後、菊池は第2戦の決勝弾を振り返り「ファンの声援、新井さんの一打があったり、勢いで打たせてもらった。僕の力だけでなくみんなに打たせてもらった。シーズンで活躍できなくて苦しんだ分、2番として役に立てればと思った。」と感謝。

8回、立岡の放ったゴロを好捕し、一塁へ送球してアウトにする菊池
8回、立岡の放ったゴロを好捕し、一塁へ送球してアウトにする菊池

日本シリーズへ向け、「チーム一丸、家族一丸で襲いかかりたい。3度目の正直、新井さんをいい形で送り出したい」と前を向いた。

情報源:広島菊池がMVP 第2戦決勝3ラン&第3戦は超人的なファインプレー(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:菊池がMVP 第2戦決勝3ラン&第3戦は超人的なファインプレー/カープ/デイリースポーツ online


<広・巨>CS最優秀賞に選ばれた菊池(撮影・坂田 高浩)
<広・巨>CS最優秀賞に選ばれた菊池(撮影・坂田 高浩)

セ・リーグCSファイナルステージ第3戦 広島5-1巨人 ( 2018年10月19日 マツダ )

攻守で躍動した広島の菊池が最優秀選手(MVP)に選ばれた。2年ぶりの日本シリーズ進出に大きく貢献。「シーズンで活躍ができなかったし、苦しんだ分、しっかり2番として役に立てればいいなという思いで練習してきた」と胸をなで下ろした。

この日も、打撃ではきっちり2犠打をマーク。守備でも難しいゴロをいとも簡単に処理するなど、再三の好守でファンを魅了した。2年前敗れた雪辱の舞台へ「新井さんが来年からニートらしいので、最後いい形で送り出してあげたい」とちゃめっ気たっぷりに意気込んだ。

情報源:広島・菊池がセCSのMVP 攻守で活躍!日本Sへ「新井さんが来年からニートらしいので最後いい形で」― スポニチ Sponichi Annex 野球


緒方監督(左)の元へ向かい、握手を交わす高橋監督
緒方監督(左)の元へ向かい、握手を交わす高橋監督

「セCSファイナルS・第3戦、広島5-1巨人」(19日、マツダスタジアム)

2年ぶりの日本シリーズ進出を決めた広島・緒方孝市監督は、「厳しい戦いになると思いますがチーム一丸となってファンとともに日本一を勝ち取りましょう」と1984年以来、34年ぶり4度目となる日本一を誓った。

優勝シャーレをファンに向かって掲げる緒方監督
優勝シャーレをファンに向かって掲げる緒方監督

3連勝で日本シリーズ進出を決めたことには「とにかく投手陣が頑張ってくれました。初戦の大瀬良、そしてきのうのジョンソン、きょうの九里。素晴らしいピッチングをしてくれました」と先発投手陣の頑張りを称えた。

さらに「この短期決戦は初戦がすごく大事だと思っていた。本当にみんないいプレーをしてくれた。感謝しています。自分自身プレッシャーを感じていたが、選手は全然、それを感じさせず、のびのびと力を発揮してくれました。すごい選手たちです」と満面の笑みを浮かべた。

試合後、握手を交わす緒方監督(左)と高橋監督
試合後、握手を交わす緒方監督(左)と高橋監督

リーグ3連覇を達成している広島だが、2017年はCSファイナルSでDeNAに敗れ、2016年は日本シリーズ進出も日本ハムに4勝2敗で頂点に手は届かなかった。

情報源:CS突破の広島・緒方監督、34年ぶり日本一へ「厳しい戦いになるがチーム一丸で」(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:CS突破の緒方監督、34年ぶり日本一へ「厳しい戦いになるがチーム一丸で」/カープ/デイリースポーツ online


日本シリーズ進出を決めて記念撮影する丸、新井ら
日本シリーズ進出を決めて記念撮影する丸、新井ら

「セCSファイナルS・第3戦、広島5-1巨人」(19日、マツダスタジアム)

今季限りで現役引退する広島・新井は後輩たちに感謝した。

日本シリーズ進出を決めて丸(左)と談笑する新井
日本シリーズ進出を決めて丸(左)と談笑する新井

この夜は出番が訪れなかったが、第2戦では八回に代打で同点二塁打。チームは勢いに乗り、一気に日本シリーズ進出を決めた。

この日の試合後は「今日はオレ、何もしてないよ」と控えめに話しつつ、「みんなのおかげです」とナインをたたえていた。

日本シリーズ進出を決め、ナインを迎える新井(中央)
日本シリーズ進出を決め、ナインを迎える新井(中央)

情報源:広島・新井「みんなのおかげ」日本シリーズ進出で仲間に感謝(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:新井「みんなのおかげ」日本シリーズ進出で仲間に感謝/カープ/デイリースポーツ online



ハイライト

菊池のスーパープレイ


守備や決勝スリーランがあったからな。


記事の有効期限: 2018年12月19日 Wednesday 11:50pm