広島が巨人に連勝 日本シリーズ進出に王手

広島が巨人に連勝 日本シリーズ進出に王手

広島4-1巨人、ヒーローはタイムリーツーベースの新井とスリーランの菊池。


プロ野球、セ・リーグのクライマックスシリーズ、ファイナルステージ第2戦は、リーグ優勝の広島が3位の巨人に4対1で勝ち、優勝チームに与えられるアドバンテージの1勝と合わせ、対戦成績を3勝0敗として日本シリーズ進出へ王手をかけました。

広島が巨人に連勝 日本シリーズ進出に王手
広島が巨人に連勝 日本シリーズ進出に王手

クライマックスシリーズ、ファイナルステージは、17日の第1戦で広島が巨人に勝って、アドバンテージの1勝と合わせ、2勝0敗とし、18日夜、広島市のマツダスタジアムで第2戦が行われました。

広島は6回、前の回までノーヒットだった先発のジョンソン投手が巨人の3番、マギー選手にタイムリーツーベースヒットを打たれ、1点を先制されました。

広島は8回、巨人の2人目、畠世周投手から2アウト二塁の場面で、代打の新井貴浩選手のレフト線へのタイムリーツーベースヒットで同点に追いつき、さらに2番の菊池涼介選手のスリーランホームランで勝ち越しました。

広島は9回、抑えの中崎翔太投手がピンチを招いたものの無失点で切り抜け、4対1で勝ちました。

巨人は、先発の田口麗斗投手が6回をヒット1本、無失点と好投しましたが、打線がヒット3本と振るいませんでした。

広島はアドバンテージと合わせて対戦成績を3勝0敗とし、日本シリーズ進出へ王手をかけました。

情報源:広島が巨人に連勝 日本シリーズ進出に王手 | NHKニュース


8回、勝ち越し3ランを放った菊池(中央)を出迎える広島ナイン(撮影・堀内翔)
8回、勝ち越し3ランを放った菊池(中央)を出迎える広島ナイン(撮影・堀内翔)

「セCSファイナルS・第2戦、広島4-1巨人」(18日、マツダスタジアム)

広島が会心の逆転勝ち。アドバンテージを含めて3勝とし、日本シリーズ進出へ王手をかけた。セ・リーグのCSでは過去11度、3勝0敗のケースは4度あり、全て日本シリーズに進出している。

シーズンで41度、“逆転の広島”が本領を発揮した。0-1の八回、2死から松山が四球で出塁。代走・上本が二盗を成功し、2死二塁。本拠地のボルテージが高まると、代打・新井が左翼線へ値千金の同点二塁打を放った。球場のボルテージは最高潮。今季限りで引退するベテランに大歓声が降り注いだ。

勝利のハイタッチをかわすカープナイン=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
勝利のハイタッチをかわすカープナイン=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)

流れは一変。その後、2死一、二塁とチャンスが拡大し、菊池が左中間へ決勝3ラン。一気に突き放した。

守っては先発ジョンソンが8回1失点の好投。九回は中崎が締めくくった。

巨人は先発の田口が6回1安打無失点。高橋監督が七回から思いきって継投策に出たが、裏目となった。2イニング目に突入した畠が崩れ、一挙4失点。チーム、そして退任が決まっている高橋監督は、崖っぷちに追い込まれた。

勝利のハイタッチをかわす広島ナイン=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
勝利のハイタッチをかわす広島ナイン=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)

第3戦は、広島・九里-巨人・今村が先発する。

情報源:広島が日本シリーズ進出に王手!代打新井が値千金の同点打&菊池が決勝3ラン(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:広島が日本シリーズ進出に王手!代打新井が値千金の同点打&菊池が決勝3ラン/カープ/デイリースポーツ online


お立ち台で抱擁する広島・新井貴浩と広島・菊池涼介=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
お立ち台で抱擁する広島・新井貴浩と広島・菊池涼介=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)

「セCSファイナルS・第2戦、広島4-1巨人」(18日、マツダスタジアム)

広島・菊池涼介内野手が、決勝3ランを放った。

0-1の八回。苦しい展開で流れを変えたのは、今季限りで引退が決まっている大ベテラン・新井。2死二塁で、引退が決まっているベテランは畠の低め変化球を仕留め、左翼線へ同点の適時二塁打。一気に流れを引き寄せた。

8回、勝ち越し3ランを放ち、拳を高々と突き上げる菊池(撮影・高部洋祐)
8回、勝ち越し3ランを放ち、拳を高々と突き上げる菊池(撮影・高部洋祐)

その後、菊池にスポットライトが当たった。2死一、二塁から左中間へ3ラン。一気に突き放した。「お兄ちゃんにしか見えないです。ガラッと一気に行ってやると。弟も打たないとと思った」。

ダイヤモンドを一周すると、「兄」と慕う新井が待っていた。「真っ白でした。振り抜こう、それだけでした。最高です。(新井が)恋人のようで、食い気味で抱きつかれました」と笑った。

8回、勝ち越しの3ランを放つ広島・菊池涼介=マツダスタジアム(撮影・高部洋祐)
8回、勝ち越しの3ランを放つ広島・菊池涼介=マツダスタジアム(撮影・高部洋祐)

情報源:広島菊池が決勝弾「弟も打たないと」兄と慕う新井と「恋人のように」抱き合う(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:広島菊池が決勝弾「弟も打たないと」兄と慕う新井と「恋人のように」抱き合う/カープ/デイリースポーツ online


お立ち台で菊池と抱き合う広島・新井(左)=マツダスタジアム(撮影・堀内翔)
お立ち台で菊池と抱き合う広島・新井(左)=マツダスタジアム(撮影・堀内翔)

「セCSファイナルS・第2戦、広島4-1巨人」(18日、マツダスタジアム)

広島が“新井劇場”に酔いしれた。

0-1の八回。二塁も踏めない苦しい展開で流れを変えたのは、今季限りで引退が決まっている大ベテラン・新井だった。

8回、勝ち越し3ランを放った菊池(中央)を出迎える広島ナイン(撮影・堀内翔)
8回、勝ち越し3ランを放った菊池(中央)を出迎える広島ナイン(撮影・堀内翔)

1点を追う八回、2死から松山が四球で出塁。「バッター新井」のコールに、大歓声が鳴り響いた。代走・上本が二盗を成功し、2死二塁。本拠地のボルテージが高まると、ベテランは畠の低め変化球を仕留め、左翼線へ運んだ。

満員の観衆は大喜び。今季限りで引退するベテランに大歓声が降り注いだ。

8回、勝ち越しの適時二塁打を放ちガッツポーズをする新井=マツダスタジアム(撮影・堀内翔)
8回、勝ち越しの適時二塁打を放ちガッツポーズをする新井=マツダスタジアム(撮影・堀内翔)

この一打で、流れは一変。その後、2死一、二塁から菊池が左中間へ3ラン。一気に突き放した。

大ベテランはお立ち台で「ありがとうございます。本当に最高です。何とかしたい、その気持ちだけでした。たくさんの声援をいただいて、気持ちがマックスで入りました」と、喜んだ。日本シリーズ進出に王手をかけ、あと1勝。「余計なことは考えず、とにかく明日の試合、家族一丸で頑張ります」と誓った。

情報源:広島“新井劇場”に歓喜「気持ちがマックス」会心の逆転劇で日本S進出王手(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:広島“新井劇場”に歓喜「気持ちがマックス」会心の逆転劇で日本S進出王手/カープ/デイリースポーツ online


広島対巨人 8回裏広島2死一、二塁、菊池は中越え3点本塁打を放ちガッツポーズを見せる(撮影・加藤哉)
広島対巨人 8回裏広島2死一、二塁、菊池は中越え3点本塁打を放ちガッツポーズを見せる(撮影・加藤哉)

<セCSファイナルステージ:広島4-1巨人>◇第2戦◇18日◇マツダスタジアム

3年連続リーグ優勝の広島がクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージの第2戦を制し連勝、アドバンテージの1勝を含め通算3勝0敗とし2年ぶりの日本シリーズ進出へ王手をかけた。

立ち上がりは両先発が好投した。広島先発のジョンソンは5回までノーヒット投球、巨人田口も二塁までの進塁を許さず1安打に抑えた。

試合が動いたのは6回。巨人は1死から坂本が中前打で出塁。この一打でジョンソンのノーヒット投球を阻止した。2死二塁でマギー適時二塁打で先制した。この日、初めて得点圏に進めたチャンスを逃さなかった。

広島対巨人 8回裏広島2死二塁、新井貴浩は左翼線へ同点適時二塁打を放つ(撮影・宮崎幸一)
広島対巨人 8回裏広島2死二塁、新井貴浩は左翼線へ同点適時二塁打を放つ(撮影・宮崎幸一)

巨人先発の田口は6回無失点でマウンドを降りた。許したヒットは初回の丸の1本のみ。今季は広島戦で3戦3敗、防御率6・60と苦しんだが、ポストシーズンできっちりと立て直した。7回から畠がマウンドに上がった。

広島は8回2死から代打松山が四球を選ぶと、代走上本が盗塁を決めて2死二塁にチャンスを拡大。ここで代打新井が適時二塁打を放ち、試合を振り出しに戻した。さらに2死一、二塁で菊池が左中間席に勝ち越し3ランを放った。最後は守護神・中崎が締めくくった。

広島の日本シリーズ進出に王手のかかる第3戦は広島九里、巨人今村が先発予定。

情報源:広島連勝日本シリーズ王手!新井同点、菊池V3ラン(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:広島連勝日本シリーズ王手!新井同点、菊池V3ラン – プロ野球 : 日刊スポーツ


8回2死一、二塁、勝ち越し3ランを放った菊池が新井と抱き合って喜ぶ (カメラ・保井 秀則)
8回2死一、二塁、勝ち越し3ランを放った菊池が新井と抱き合って喜ぶ (カメラ・保井 秀則)

◆2018 マツダ クライマックスシリーズ セ 広島4―1巨人(18日・マツダスタジアム)

広島が巨人に連勝し、アドバンテージを含む3勝とし、27日からの日本シリーズに王手をかけた。

広島打線は丸が初回に右前安打を決めたが、巨人の先発・田口に6回まで無失点に抑えられていた。

広島の先発・ジョンソンは巨人打線を5回まで無安打に抑えていたが、6回1死から坂本勇に中前に初安打を浴びると、2死二塁とから、マギーに右中間適時二塁打を決められ先取点を与えてしまった。

8回2死二塁、代打・新井が左翼線に同点となる適時二塁打を放ち、ガッツポーズ(左は二塁手・田中俊) (カメラ・保井 秀則)
8回2死二塁、代打・新井が左翼線に同点となる適時二塁打を放ち、ガッツポーズ(左は二塁手・田中俊) (カメラ・保井 秀則)

7回から巨人は畠を投入すると、8回に流れが変わった。1死二塁で今季限りで引退する代打・新井が左越え同点二塁打、さらに一、二塁となったところで菊池が勝ち越し3ランを決め4-1と巨人を突き放した。

新井貴浩「最高です。ありがとうございます。追い込まれてましたけど何とかしたいと。たくさんの声援を頂いたんで気持ちがMAXで打席に入りました」

菊池涼介「がらっと一気にいけるぞと。お兄ちゃん(新井)ががんばったんで、弟も打たないとと思って。最高です」

情報源:【広島】巨人に連勝し日本シリーズ王手…代打・新井の同点二塁打、菊池の3ランで決めた(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

情報源:【広島】巨人に連勝し日本シリーズ王手…代打・新井の同点二塁打、菊池の3ランで決めた : スポーツ報知


 <セCSファイナル 広・巨>8回2死一、二塁、菊池が3ランを放ちジャンプする新井(撮影・大塚 徹) 

<セCSファイナル 広・巨>8回2死一、二塁、菊池が3ランを放ちジャンプする新井(撮影・大塚 徹)

◇セ・リーグCSファイナルステージ第2戦 広島4―1巨人(2018年10月18日 マツダ)

セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦が18日、マツダスタジアムで行われ、球団初のリーグ3連覇を果たした広島がレギュラーシーズン3位からCSファーストステージを勝ち上がった巨人に4―1で逆転勝ちを収めて2連勝。6試合制で行われるCSファイナルステージの通算成績を上位チームのアドバンテージ1勝を加えて3勝0敗とし、2年ぶり8度目の日本シリーズ出場へ一気に王手をかけた。

広島は0―1で迎えた8回、2死走者なしから代打・松山が四球で歩き、代走・上本がすかさず盗塁を決めて2死二塁。ここで今季限りで現役を引退する新井が代打に出ると、カウント2ボール2ストライクからの6球目を左翼線に弾き返す二塁打を放って同点。続く田中が四球で歩いて2死一、二塁とすると、菊池が左中間スタンドへ劇的な3ランを叩き込み、試合を決めた。

巨人は先発投手の左腕・田口が6回1安打無失点と好投。5回まで広島先発左腕・ジョンソンに無安打無得点に抑えられていた打線は6回にマギーのタイムリー二塁打で先制点を挙げていたが、7回から登板した畠が2イニング目に入った8回、2死走者なしから打ち込まれた。9回に1死一、二塁の好機も生かせず、手痛い連敗となった。

情報源:新井さん打った!菊池が続いた!広島鮮やか逆転勝ち、日本シリーズ進出に王手(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

情報源:新井さん打った!菊池が続いた!広島鮮やか逆転勝ち、日本シリーズ進出に王手― スポニチ Sponichi Annex 野球


<セCSファイナル 広・巨>お立ち台で抱き合って喜びを分かち合う新井(左)と菊池(撮影・坂田 高浩)
<セCSファイナル 広・巨>お立ち台で抱き合って喜びを分かち合う新井(左)と菊池(撮影・坂田 高浩)

◇セ・リーグCSファイナルステージ第2戦 マツダ(2018年10月18日 広島4―1巨人)

球団初のリーグ3連覇を果たした広島があまりに劇的な勝利でクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ2連勝。アドバンテージ1勝を加えて通算3勝0敗とし、2年ぶり8度目の日本シリーズ出場へ一気に王手をかけた。

0―1で迎えた8回、2死走者なしから代打・松山が四球で歩き、代走・上本がすかさず盗塁を決めて2死二塁。ここで代打に出た新井が左翼線二塁打を放って追いつくと、さらに2死一、二塁から菊池が左中間スタンドへ劇的な3ランを叩き込み、試合を決めた。

今季限りで現役を引退する41歳の新井と、その新井を「お兄ちゃん」と慕う28歳の菊池は試合後、仲良く2人並んでお立ち台へ。「本当にもう最高です。ありがとうございます」と大歓声に応えるように切り出した新井は「まっちゃん(松山)が四球でつないでくれて、崇司(上本)もよく走ってくれたんで、追い込まれてましたけど、もう何とかしたいと。その気持ちだけでした」と満面笑み。

「きょうもたくさんの声援をいただいたので気持ちMAXで入りました」と大歓声に包まれながらチャンスで打席に入った時の気持ちを振り返り、同点にして二塁ベース上で見せた派手なガッツポーズには「ちょっと恥ずかしかったですけど、すごくうれしかったので…はい」と照れながらも会心の笑みを浮かべた。

そして、「でも、やっぱりその後のキクの本塁打じゃないですかね」と後輩に主役の座を譲った新井は「(自身に代走が出て)ベンチで見てたんですけどね。打つだろうなと思って見てました」とキッパリ。

これを受けた菊池が新井の同点打を「打つだろうなと思ってましたんで…はい」とうれしそうに呼応し「皆さんにはどう映ってるか分からないですけど、お兄ちゃんにしか見えないです」と続けると、隣で新井も大笑い。2人の仲良しぶりにスタジアムのボルテージはさらに上がった。

新井が同点打を打ったことでベンチは「ガラッと一気に”行ってやるぞ!”っていうような雰囲気になりましたし、お兄ちゃんが打ったんで、ちょっと弟も打たないといけないなっていうプレッシャーの中で打席に入りました」と菊池。一打逆転の場面で「もう真っ白でしたね。一生懸命ただ振り抜こうって」と自身の打席を改めて振り返り、スタンドインした瞬間を「最高です」と語った。

殊勲の菊池がベンチに戻ると、新井が”可愛い弟”を強く抱きしめる場面も。「いや、もう本当に恋人のように、食い気味で抱きつかれました」と話す菊池は目尻が下がりっぱなし。日本シリーズ出場に王手をかけ、最後に「1戦1戦またあした勝てるように頑張りたいと思います」(菊池)「余計なことは考えずに、とにかくあしたの試合、家族一丸で頑張りたいと思います!」(新井)とお立ち台を締めくくると、再び2人できつく抱擁。仲睦まじいヒーロー2人の姿にスタジアムの歓声は高まるばかりだった。

情報源:ヒーロー2人が熱い抱擁 V弾菊池、新井さんと並んで満面笑み「お兄ちゃんが打ったんで弟も打たないと」(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

情報源:ヒーロー2人が熱い抱擁 V弾菊池、新井さんと並んで満面笑み「お兄ちゃんが打ったんで弟も打たないと」― スポニチ Sponichi Annex 野球


8回、同点の適時二塁打を放った新井(右)を迎える緒方監督=マツダスタジアム(撮影・堀内翔)
8回、同点の適時二塁打を放った新井(右)を迎える緒方監督=マツダスタジアム(撮影・堀内翔)

「セCSファイナルS・第2戦、広島4-1巨人」(18日、マツダスタジアム)

広島が終盤の逆転で第1戦に続く勝利を収め、CS突破へ王手をかけた。

打線は七回までわずか1安打に抑えられていたが、0-1の八回。2死から代打・松山が四球を選ぶと、続く代打・新井が畠から左翼線への同点適時二塁打をマークした。ベテランの一打で流れを引き寄せると、田中が四球でつなぎ、菊池は左中間へ勝ち越し3ラン。劇的な勝利を手繰り寄せた。

緒方監督は「シーズン中何回か感じたけど、こういう厳しい状況からひっくり返して勝ちきるチームの底力を大舞台で出してくれた」と称賛。第3戦へ向けては「1つの勝ち負けでまた流れが変わってしまうので、明日また自分たちの野球をしっかりやる」と気を引き締めた。

情報源:広島・緒方監督、終盤の逆転劇で王手「チームの底力を大舞台で出してくれた」(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:緒方監督、終盤の逆転劇で王手「チームの底力を大舞台で出してくれた」/カープ/デイリースポーツ online


広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】
広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】

代打・新井が同点タイムリー、菊池が決勝3ラン

■広島 4-1 巨人(18日・マツダスタジアム)

広島は18日、マツダスタジアムで行われたクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦の巨人戦を4-1で勝利。初戦から連勝でアドバンテージを含めた対戦成績は3勝0敗となり日本シリーズ進出へ王手をかけた。

1点ビハインドの8回に代打・新井のタイムリーで同点とし、菊池が決勝3ラン本塁打を放った。劇的な逆転勝利で日本シリーズ進出に王手をかけ緒方監督は「みんな、すごい集中力だよね」とナインを賞賛した。

7回までわずか1安打の打線が、8回の代打攻勢で流れが変わった。巨人2番手の畠に対して「ランナーが1人出れば、空気が変わると思った」と1死から松山が四球で出塁。代打・新井が同点タイムリー。指揮官も「難しい球だったけど、よく打った」と称賛し「新井がもちろんすごいんだけど、球場の雰囲気が乗り移ったような一打だった」と、大歓声で後押ししたスタンドのファンにも感謝した。

リーグ3連覇で何度も見られた終盤の逆転劇が、大一番で再現された。緒方監督は「シーズン中も何回か感じたけど、厳しい状況から試合をひっくり返すチームの底力を、大舞台で出してくれた」と、選手の成長を実感していた。

第1戦の鈴木、丸に続き、この日は菊池、新井の活躍で、昨季果たせなかった日本シリーズ出場に王手をかけた。投手陣も大瀬良、ジョンソンが好投し、悲願に向けて役者が揃いつつある。それでも指揮官は「明日、またしっかりやらないといけない。ひとつ負けるとまた空気が変わるから、全力でやりたいと思います」と気を引き締めていた。

情報源:広島、脅威の集中打で日本Sに王手 緒方監督「球場の雰囲気が乗り移った」(Full-Count) – Yahoo!ニュース

情報源:広島、脅威の集中打で日本Sに王手 緒方監督「球場の雰囲気が乗り移った」 | Full-count



ハイライト

新井の同点タイムリーツーベース

菊池の逆転スリーラン


菅野が出てくる前に決めてしまえ。


記事の有効期限: 2018年12月18日 Tuesday 11:13pm