カープ主砲・誠也CS初アーチ 会沢も適時二塁打!GメルセデスをKO

誠也の一発。


4回広島、無死一塁、2ランを放ち雄叫びをあげる広島・鈴木誠也=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
4回広島、無死一塁、2ランを放ち雄叫びをあげる広島・鈴木誠也=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)

「セCSファイナルS・第1戦、広島-巨人」(17日、マツダスタジアム)

広島の主砲・鈴木誠也外野手が四回にCS初本塁打となる豪快2ランを放った。この回、会沢翼捕手も左中間適時二塁打で続き、広島のリードは4点に広がった。

4回、2ランを放ち歓喜の表情でハイタッチを交わす広島・鈴木誠也=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
4回、2ランを放ち歓喜の表情でハイタッチを交わす広島・鈴木誠也=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)

1点リードの四回無死一塁の場面。巨人先発のメルセデスが投じた初球、115キロの甘い変化球を捉え、左翼席に運んだ。昨年のファイナルSは故障欠場しており、16年の同Sでは12打数1安打1打点と不振だった。今回、雪辱を果たす思いは強かった。

4回広島無死一塁、巨人 クリストファー・クリソストモ・メルセデス(手前)から2ランを放つ広島・鈴木誠也=マツダスタジアム(撮影・高部洋祐)
4回広島無死一塁、巨人 クリストファー・クリソストモ・メルセデス(手前)から2ランを放つ広島・鈴木誠也=マツダスタジアム(撮影・高部洋祐)

初回に1点を先制して以降、メルセデスと大瀬良の投げ合いで膠着状態になりつつあった試合を動かす4番の一発。この回はさらに1死一塁から、会沢にも左中間への適時二塁打が飛び出した。巨人・メルセデスをKOし、マウンドには二番手・吉川光が上がった。

情報源:カープ主砲・誠也CS初アーチ 会沢も適時二塁打!GメルセデスをKO(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:カープ主砲・誠也CS初アーチ 会沢も適時二塁打!GメルセデスをKO/カープ/デイリースポーツ online


 <広・巨>4回無死一塁、鈴木は左越えに2ランを放つ(撮影・坂田 高浩)
<広・巨>4回無死一塁、鈴木は左越えに2ランを放つ(撮影・坂田 高浩)

◇セ・リーグCSファイナルステージ第1戦 広島―巨人(2018年10月17日 マツダ)

6試合制で行われるセ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージが17日、マツダスタジアムで開幕し、球団初のリーグ3連覇を果たした広島とレギュラーシーズン3位からCSファーストステージを勝ち上がった巨人が対戦。初回に1点を先制した広島が4回、主砲・鈴木誠也外野手(24)の1号2ランなどで加点し、リードを4点に広げた。

<広・巨>4回無死一塁、鈴木は左越えに2ランを放ち、雄たけびをあげる(撮影・坂田 高浩)
<広・巨>4回無死一塁、鈴木は左越えに2ランを放ち、雄たけびをあげる(撮影・坂田 高浩)

初回に丸の内野ゴロの間に1点を先制した広島は1―0で迎えた4回、先頭の丸が中前打で出塁。続く鈴木が巨人先発の左腕・メルセデスが投じた初球、真ん中のカーブを左翼スタンド上段へ叩き込んだ。

鈴木の本塁打は9月20日の阪神戦(マツダ)以来27日ぶり。レギュラーシーズン終盤に調子を落としていた丸、鈴木で貴重な追加点を挙げた広島は、この回、さらに会沢の左中間二塁打でもう1点加えてメルセデスをKO。4点リードを奪った。

情報源:広島 主砲・誠也27日ぶり一発などで4回に3点追加 リード4点に広げる(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

情報源:広島 主砲・誠也27日ぶり一発などで4回に3点追加 リード4点に広げる― スポニチ Sponichi Annex 野球



1点返されたが、このまま勝ってくれ。


記事の有効期限: 2018年12月17日 Monday 8:04pm