仙谷由人元衆院議員 死去 民主党政権で官房長官務める

仙谷由人元衆院議員 死去 民主党政権で官房長官務める | NHKニュース

72歳、ご冥福をお祈りいたします。


民主党政権で菅内閣の官房長官を務めた仙谷由人元衆議院議員が、今月11日、肺がんで亡くなりました。72歳でした。

仙谷氏は、徳島県出身で、弁護士を経て平成2年の衆議院選挙に当時の社会党から立候補して初当選し、衆議院議員を6期務めました。

この間、当時の民主党で政策調査会長などを務め、平成21年の政権交代で発足した鳩山内閣では、行政刷新担当大臣に就任し、「事業仕分け」などに取り組みました。

その後、菅内閣で官房長官を務めましたが、沖縄県の尖閣諸島沖の漁船衝突事件での対応をめぐり、参議院で問責決議が可決されて、内閣改造に伴って退任しました。

東日本大震災の発生後は、官房副長官に起用され、被災者支援に尽力したほか、その後、党の政策調査会長代行に就任して、東京電力の経営改革などに取り組みました。

仙谷氏は、みずからの経験も踏まえ、がん対策にも熱心に取り組んできましたが、肺がんのため、今月11日に亡くなったということです。

情報源:仙谷由人元衆院議員 死去 民主党政権で官房長官務める | NHKニュース


誰とは言わんが、先に逝くべき議員がいると思うんだがな・・・


記事の有効期限: 2018年12月16日 Sunday 3:42pm