高須克弥氏「不正ではない」母校・昭和大医学部「得点操作問題」で持論

学内基準として存在するのはいいけど、それならそれで入試要項に記載しておいてほしかったね。


高須克弥院長
高須克弥院長

高須クリニックの高須克弥院長(73)が16日、ツイッターを更新。母校である昭和大学医学部が一般入試で得点操作をしていた問題について、自身の見解を披露した。

同大学が15日に会見を開き、医学部の2次試験で、現役受験生と1浪の受験生に対し一律に加点する得点操作をしていたこと、さらに、補欠者だった同大卒業生の親族を優先的に合格させていたケースがあったことを公表した。

この会見を受け、15日夜に更新したツイッターで「医師の家庭に育った学生は医師になる心構えができている。一次試験で学力がクリアーできているなら大学が見込んだ学生を選んでもいいではないか。昭和大学の現役国家試験合格率は100%だよ」と自身の考えをつづっていた高須氏。一夜明けたこの日も、同問題に言及し「医学部は医師になるための教育を受ける場です。いい素質を持った学生を鍛えて良い医者に育てるのですから学力に加え素質や心構えを重視するのが正しいです。医師になる心構えのない学生は研究者に向いています。医師免許はいりません。病人の役に立つ臨床医を育てるのが私立医学部の義務です」と持論を展開した。

また、「今回の文部科学省の指摘ですが、僕は不正ではないと思います」とし、文科省が「適切でない運用」と指摘したことに反論。「文部科学省が『不正だ』と言うから昭和大学執行部が『その認識はなかった』と言っているだけです」と私見を述べた。

これまでも医学部の不正入試について、ツイッター上で考えを伝えてきた高須氏。13日の投稿では「誰を入学させるかは大学に決めさせればよいではないか。文部科学相はおせっかいだと思います」とつぶやいていた。

情報源:高須克弥氏「不正ではない」母校・昭和大医学部「得点操作問題」で持論(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

情報源:高須克弥氏「不正ではない」母校・昭和大医学部「得点操作問題」で持論― スポニチ Sponichi Annex 芸能


美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(73)が、出身校の昭和大学医学部が一般入試で得点操作をしていた問題について、「不正ではない」とあらためて自身の考えを示した。

高須氏は16日更新のツイッターで、同大学が医学部一般入試の2次試験時、高校から提出される調査書の評価の中で現役と1浪の受験生に加算する得点操作をしたほか、同窓生の親族を優先させていた問題に言及。「医学部は医師になるための教育を受ける場です。いい素質を持った学生を鍛えて良い医者に育てるのですから学力に加え素質や心構えを重視するのが正しいです。医師になる心構えのない学生は研究者に向いています。医師免許はいりません。病人の役に立つ臨床医を育てるのが私立医学部の義務です」と持論を展開した。

その上で「今回の文部科学省の指摘ですが、僕は不正ではないと思います」と私見を述べ、「文部科学省が『不正だ』と言うから昭和大学執行部が『その認識はなかった』と言っているだけです」と解説した。

高須氏は7月、同大学医学部に“裏口入学”していたことを告白して物議をかもしたが、15日更新のツイッターでも「医師の家庭に育った学生は医師になる心構えができている。1次試験で学力がクリアーできているなら大学が見込んだ学生を選んでもいいではないか。昭和大学の現役国家試験合格率は100%だよ」と主張した。

情報源:高須氏「素質や心構えを重視するのが正しいです」(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:高須氏「素質や心構えを重視するのが正しいです」 – 芸能 : 日刊スポーツ


高須クリニックの高須克弥院長(73)が16日、自身のツイッターを更新。母校である昭和大が医学部の一般入試で得点操作を行っていた問題について持論をつづった。

昭和大は2浪以上の受験生が不利となる得点操作に加え、卒業生の子弟を優遇していたことを認め、15日に会見を開いて謝罪した。高須院長は「医学部は医師になるための教育を受ける場です」とした上で「いい素質を持った学生を鍛えて良い医者に育てるのですから学力に加え素質や心構えを重視するのが正しいです。医師になる心構えのない学生は研究者に向いています。医師免許はいりません。病人の役に立つ臨床医を育てるのが私立医学部の義務です」と持論を展開。

「そもそも医者になる心構えができているかどうかわからぬ学生を東京医大に裏口入学させた文部科学省の役人が騒動の発端ではないか」と指摘し、「反省しないで逆ギレする文部科学省にお灸をすえてやりたい」と怒りをにじませた。

自身も7月に「僕も裏口入学だよ」などとツイートしたが、のちに「母校に迷惑はかけられん。わかりました。かっちゃんのは勝手口入学です。言葉尻訂正なう」と発言を修正。この日も「今回の文部科学省の指摘ですが、僕は不正ではないと思います。文部科学省が『不正だ』と言うから昭和大学執行部が『その認識はなかった』と言っているだけです。僕は『自分は裏口入学だ』と言いましたがそれは『特待生入学』だと訂正されました。特待生は利益を受けています。悪いですか?」と改めてつづっていた。

高須院長は69年、昭和大医学部を卒業、医師免許を取得。73年、同大学医学部整形外科大学院を修了、医学博士号を取得。76年、名古屋市に高須クリニックを開設した。

情報源:高須院長、母校・昭和大の入試得点操作は「不正ではない」…自身は「特待生入学」(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

情報源:高須院長、母校・昭和大の入試得点操作は「不正ではない」…自身は「特待生入学」 : スポーツ報知



そうでないなら、受験料を吸あげるために隠されていたとみられてもしょうがない。

そういう基準があるとわかっているのなら、それを踏まえて受験するかどうかを判断できるわけで・・・


記事の有効期限: 2018年12月16日 Sunday 11:45am