台風で消えた灯台 約250m離れた海底で発見 鹿児島 奄美大島

台風で消えた灯台 約250m離れた海底で発見 鹿児島 奄美大島 | NHKニュース

マジかよ・・・


先月、鹿児島県の奄美大島で台風24号が接近したあと、根元からなくなっていた灯台が13日、250メートルほど離れた海底に沈んでいるのが見つかり、海上保安部は今後、引き揚げて詳しい原因を調べることにしています。

奄美大島の名瀬港では、台風24号が接近したあとの先月30日、高さおよそ11メートルの強化プラスチック製の灯台が、コンクリートの基礎を残して根元からなくなっているのがわかりました。

奄美海上保安部によりますと、12日から音波探知機を使って周辺の海を捜索していたところ、13日の午後、およそ250メートル離れた水深13メートルの海底に灯台が沈んでいるが見つかりました。船の行き来に影響はないということです。

これまでの調査で、灯台を基礎に固定するステンレス製のボルト16本が、全部内側からさびていたことがわかっているということで、海上保安部は今後、灯台を引き揚げて詳しい原因を調べることにしています。

この問題を受けて、海上保安庁は全国に400余りあるボルトで固定するタイプの灯台などを、来年3月までに緊急点検することを決めています。

情報源:台風で消えた灯台 約250m離れた海底で発見 鹿児島 奄美大島 | NHKニュース


ほぉ・・・


記事の有効期限: 2018年12月14日 Friday 9:45am