プロ野球 セ・リーグCS 巨人がヤクルトに先勝

プロ野球 セ・リーグCS 巨人がヤクルトに先勝

ふむ・・・


プロ野球、セ・リーグのクライマックスシリーズファーストステージ第1戦が神宮球場で行われ、シーズン3位の巨人が、2位のヤクルトに4対1で勝ち、ファイナルステージ進出へ、あと1勝としました。

巨人は同点の3回、1番の坂本勇人選手のソロホームランで勝ち越し、7回には7番の陽岱鋼選手のタイムリーツーベースと代打の亀井善行選手のタイムリーヒットで2点を加えました。

先発を任されたプロ7年目の今村信貴投手は、5回途中まで1失点と好投し、その後は上原浩治投手など3人の投手リレーでリードを守り、4対1で逃げ切りました。

ヤクルトはおととしから巨人戦8連勝中の小川泰弘投手が先発しましたが、7回途中4失点で負け投手になりました。

巨人は14日の第2戦で勝てば、ファイナルステージ進出が決まります。

巨人 今村投手「いい緊張感」

プロ7年目でクライマックスシリーズ、初先発を果たし、5回途中まで1失点と好投した今村信貴投手は「いい緊張感をもって投げることができた。最初から全力で、いけるところまでいこうと思っていたので、なんとか1点に抑えられてよかった」と振り返りました。

また、みずからが作ったピンチをリリーフで登板して抑えた上原浩治投手に対して、「あの場面を抑えてくれた上原さんに感謝です」と話していました。

巨人 上原投手「勝つことが大事」

5回のピンチでマウンドに上がり、回をまたいでバッター4人を抑えて勝ち投手になった上原浩治投手は「とにかく5回をゼロで終えることができたし、次の回もゼロで抑えることができて、本当にうれしい」と振り返りました。

14日の第2戦に向けて、「内容がどうこうではなくて、勝つことが大事なので、みんなで協力し合い、あと1つ勝てるように頑張りたい」と3年ぶりのファイナルステージ進出へ意欲をみせました。

巨人 岡本選手「いいところに飛んでくれた」

巨人の4番・岡本和真選手は先制の犠牲フライについて、「なんとかバットに当てようと思って打った。いいところに飛んでくれた」と振り返りました。

また8連敗中だったヤクルトの小川投手から、先制点を挙げたことに対して、「小川投手の時には初回にチャンスで回ってくることが多いのに打ててなかったので、犠牲フライでも打ててよかった」とほっとした様子でした。

そのうえで、「初戦をとれたことで相手も負けられなくなり、プレッシャーもかかるので、よかったと思う」と話していました。

ヤクルト 小川監督「あす勝つしかない」

ヤクルトの小川監督は「先発の小川はなんとか粘っていたが、こういう結果になってしまった。きょうのことは振り返ってもしかたがない。とにかくあす勝つしかない」と気持ちはあすの第2戦に向いていました。

ヤクルト 小川投手「悔しい」

7回途中4失点で負け投手になった、ヤクルトの小川泰弘投手は「自分の状態うんぬんではなく、勝てなかったことがすべてなので悔しい。とにかくチームが勝つことを信じて、次の登板に向けて準備したい」と話していました。

情報源:プロ野球 セ・リーグCS 巨人がヤクルトに先勝 | NHKニュース


6回を三者凡退に抑えた上原(撮影・堀内翔)
6回を三者凡退に抑えた上原(撮影・堀内翔)

「セCSファーストS・第1戦、ヤクルト1-4巨人」(13日、神宮球場)

レギュラーシーズンで3位の巨人が、2位のヤクルトを下し、ファーストS突破に王手をかけた。

打線が8連敗中だったヤクルトの先発・小川から初回に岡本の犠飛で先制すると、同点で迎えた三回には坂本勇が左越えにソロ本塁打を放ち、勝ち越した。七回は「7番・中堅」で先発出場した陽岱鋼の適時二塁打で1点を追加すると、代わったハフから代打・亀井もタイムリーを放ちリードを3点に広げた。

投げては先発の今村が4回2/3を1失点。1点リードの五回に、2死から坂口に左線への二塁打を許すと、高橋監督はベテランの上原を2番手でマウンドに送り、これが吉。上原はこのピンチで山田哲を空振り三振に仕留めると、回またぎとなった六回はバレンティン、雄平、大引のクリーンナップを三者凡退に打ち取った。その直後の七回に上原の代打・亀井のタイムリーなど打線が2点の追加点を奪い、流れを渡さなかった。

1回1/3を無安打無失点で、2008年以来となるCS勝利投手となった上原は、「とにかく0で抑えることができ、うれしいですね。投げ終わった後にもう1回と言われたので、気持ちを切ることなく、次の回にいけることができました」と振り返り、「こういう短期決戦は何点でもあっていいわけですし、守る方は1点でも少なくっていうことでね、それができたいい試合でした」とベテランらしい冷静な目で試合を分析した。

14日の第2戦に先発するエースの菅野に対しては「ひとりで投げきってください」とエール。ファンには「あとひとつ勝ってファイナルにいけるように頑張ります」とアピールしていた。

ヤクルトは先発の小川が6回1/3を5安打4失点。打線は巨人の継投の前に散発4安打、二回に中村の同点タイムリー二塁打による1点に終わった。第2戦は原が先発する。

情報源:巨人・上原 イニングまたぎ圧巻投球で流れ渡さず「気持ち切らさず。あとひとつ」/野球/デイリースポーツ online


<ヤ・巨>5回2死二塁、山田哲を抑え雄叫びを上げる上原(撮影・荻原 浩人)
<ヤ・巨>5回2死二塁、山田哲を抑え雄叫びを上げる上原(撮影・荻原 浩人)

セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ(3試合制)第1戦は13日、神宮球場で行われ、レギュラーシーズン3位の巨人が同2位のヤクルトを4―1で下し、ファイナルステージ進出へ王手をかけた。今季限りで辞任する高橋由伸監督(43)は1点リードの5回のピンチに、2番手・上原浩治投手(43)を投入。10年ぶりに日本球界に復帰したベテラン右腕は山田哲を空振り三振に斬り、大一番で貫禄を示した。

3年連続でリーグ優勝を逃し、今季限りで辞任する高橋監督が執念の采配を見せた。2―1の4回2死から先発・今村が坂口に二塁打を浴びると、迷わず上原にスイッチ。勝利投手の権利を手にするまであと一人ながら、早めの継投に出た。10年ぶりに日本球界に復帰した43歳のベテラン右腕は、3度目のトリプルスリーを達成した2番・山田哲を宝刀スプリットで空振り三振に打ち取り、同学年の指揮官の期待に応えた。上原はイニングまたぎで1回1/3を無安打3奪三振の力投で勝利投手となった。

打線も8連敗中だった“Gキラー”ヤクルト・小川を大一番で攻略した。初回、4番・岡本の右飛で先制すると、1―1の3回、坂本勇の左越えソロで勝ち越した。坂本勇は球団新となるCS通算7本目の本塁打だった。7回には無死一塁でヒット・エンド・ランを仕掛け、陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)の二塁打で一塁走者の長野が生還。さらに1死三塁で代打・亀井が2番手・ハフから中前に落ちる適時打でこの2点を追加した。

レギュラーシーズン勝率.486と勝率5割以下、3位でのCS進出。2位・ヤクルト相手に下克上でのファイナルS進出へ王手をかけ、14日はエース菅野が先発する。

情報源:巨人 下克上CSファイナルS進出王手 由伸監督執念の継投、上原が山田哲K斬り(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

情報源:巨人 下克上CSファイナルS進出王手 由伸監督執念の継投、上原が山田哲K斬り― スポニチ Sponichi Annex 野球


ベンチ前で田中俊(左)を迎える上原(カメラ・相川 和寛)
ベンチ前で田中俊(左)を迎える上原(カメラ・相川 和寛)

◆2018 マイナビ クライマックスシリーズ セ ヤクルト1―4巨人(13日・神宮)

巨人がヤクルトとのクライマックスシリーズ(CS)第1ステージの初戦でヤクルトに4-1で勝利し、CSファイナルステージ進出へ王手をかけた。

初回に岡本の犠飛で先取点を挙げた巨人は、先発の今村が2回、2死二塁から中村に中越え適時二塁打を浴び、同点を許したが、直後の3回に坂本勇が、ヤクルト先発・小川の外角低めの変化球をうまくとらえ打球はライナーで左翼スタンドに。ソロアーチで勝ち越し点を挙げた。

巨人先発の今村は2回に1点を失うも、90キロ台の緩いカーブを交えてヤクルト打線をほんろう。5回2死、坂口に左翼線二塁打を浴び、山田哲の場面で2番手の上原にバトンタッチした。

場内がどよめく中、日本球界では08年以来となるポストシーズンのマウンドに上がった上原。しかし1ボールから2球続けてストライクをとると、最後はスプリットで空振り三振。ピンチを脱すると、両手をたたいて喜んだ。上原は、約2週間ぶりの実戦ながら、今季初の回またぎで6回も3者斬りの好投を見せた。

巨人打線は7回、先頭の長野が左前打で出塁すると、陽岱鋼が2球目をヒットエンドランの奇襲に出た。打球は遊撃・西浦の頭上を越え、一塁走者・長野が一気にホームに滑り込み、適時二塁打となった。さらに小林が犠打で陽を送り、1死三塁となったところで上原に代わって代打・亀井。ヤクルトは先発の小川をあきらめ2番手・ハフがマウンドに。亀井の飛球は、前進守備の山田哲の頭上を越え適時打に。一気に突き放した。

高橋由伸監督は、リーグ優勝を逃した責任から、すでに今季限りでの辞任を表明しており、敗退すればユニホームを脱がなくてはいけない。14日の第2戦はエース・菅野智之の先発が予告されている。一気にファイナルステージを狙いにいく。

情報源:【巨人】CSファイナルステージへ王手…上原継投、エンドラン奇襲、由伸采配ズバリ(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

情報源:【巨人】CSファイナルステージへ王手…上原継投、エンドラン奇襲、由伸采配ズバリ : スポーツ報知


3回に勝ち越しのソロ本塁打を放つ坂本勇
3回に勝ち越しのソロ本塁打を放つ坂本勇

セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第1戦(13日、神宮)、3位・巨人が2位・ヤクルトに4―1と快勝。14日の第2戦に勝てば、17日から始まる広島とのファイナルステージ(マツダ)に進出する。

1―1の3回、坂本が左翼席へ勝ち越しのソロ本塁打。7回には無死一塁から陽岱鋼が二塁打を放ち、スタートを切っていた一走・長野が一気に生還する。さらにバントで送って一死三塁とし、代打・亀井の飛球が二塁後方にポトリと落ちて1点を加えた。

先発・今村は5回途中1失点。リリーフ陣も2番手・上原が3三振を奪う力投を見せるなど、強力なヤクルト打線に反撃を許さなかった。

情報源:【セCS】巨人が先勝 上原らリリーフ陣踏ん張り流れ渡さず(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

情報源:【セCS】巨人が先勝 上原らリリーフ陣踏ん張り流れ渡さず


5回2死二塁のピンチを切り抜け、坂本勇(右)、阿部(左)らとタッチを交わす上原
5回2死二塁のピンチを切り抜け、坂本勇(右)、阿部(左)らとタッチを交わす上原

◆2018 マイナビ クライマックスシリーズ セ ヤクルト1―4巨人(13日・神宮)

巨人がヤクルトとのクライマックスシリーズ(CS)第1ステージの初戦でヤクルトに勝利し、CSファイナルステージ進出へ王手をかけた。

1点リードの5回2死、坂口に左線二塁打を浴びた時点で、ベンチは先発・今村に代えて上原をマウンドに送った。上原は山田哲を三振にとると、今季初の回またぎとなる6回にも登板。3者に抑えその後の畠、山口俊につなげた。

試合後、ヒーローインタビューに立った上原は、山田哲との場面を「いやな思いでした」と吐露。戻ったベンチで「次も」と言われたそうで、「気持ちを切ることなく次の回も投げられました。ゼロで抑えられ、次(の回)もゼロで抑えられましたので(よかった)。いい試合でした」と振り返った。

ポストシーズンはメジャーに行く08年以来10年ぶりの出場だが、「内容どうこうでなく、勝つこと」と語った上原。14日の第2戦では菅野が先発するが、「1人で投げきってください」とリクエストし、「勝ってファイナル(ステージ)につなげたい」と意気込んだ。

情報源:【巨人】10年ぶりCSで好投の上原、第2戦先発の菅野に「1人で投げきってください」(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

情報源:【巨人】10年ぶりCSで好投の上原、第2戦先発の菅野に「1人で投げきってください」 : スポーツ報知


ハイライト+ヒーローインタビュー:上原浩治


カープ、大丈夫かね・・・


記事の有効期限: 2018年12月13日 Thursday 11:28pm