若手の月給増やして!都人事委が待遇改善を勧告

若手の月給増やして!都人事委が待遇改善を勧告 | NHKニュース

稼いだ金を使う時間も用意しないと意味ないよ。


東京都の人事委員会は、優秀な人材を確保するための競争が激しくなっているとして、都に対し、来年4月から若手職員に限って月給を増額するなど、待遇の改善を図るよう勧告しました。

若手の月給増やして!都人事委が待遇改善を勧告
若手の月給増やして!都人事委が待遇改善を勧告

東京都の人事委員会は12日、都の職員の給与について小池知事に対して勧告を行いました。

この中では、国や民間企業などとの間で優秀な人材を確保するための競争が激しくなっているとして、都の職員になって4年目までの若手について来年4月以降、100円から1000円の範囲で月給を増やすよう求めました。

人事委員会の事務局によりますと、月給を一部の職員に限って増額するよう求める勧告は初めてだということです。

また、新規採用の職員の初任給も来年4月から1000円増やすよう求めていて、都が勧告どおりに実施すれば、大学卒業程度の採用試験に合格した職員の初任給は18万3700円となります。

勧告を受け取った東京都の小池知事は「首都圏は有効求人倍率の高い状態が続いている。こうした状況を十分に考慮して検討します」と答えていました。

情報源:若手の月給増やして!都人事委が待遇改善を勧告 | NHKニュース


そもそもの話、ただでさえ現在は必要な出費が昔より増えているんだから。昔と比べて増えた出費と言えば筆頭はやはり消費税、そこに(ダイヤルアップ→ISDN→ADSL→FTTHと変化する)インターネットなどの通信費、(通信速度の高速化に伴い上昇する)携帯電話の利用料金が加わったからな。

趣味の多様化もあるし、景気の先行きに対する不安もある。年金を払っても受け取れるのか不安というのもあるし、実際受け取るときの物価の上昇やさらなる必要な出費の増加の可能性もな。


記事の有効期限: 2018年12月13日 Thursday 9:10am