007、黒人も同性愛者もOK=ただし外国人はだめ-英世論調査:時事ドットコム

ほぉ・・・


【ロンドン時事】人気スパイ映画シリーズ「007」の主人公ジェームズ・ボンドを演じるのは黒人でも同性愛者でもOK、最も受け入れがたいのは外国人―。

英調査会社ユーガブが今月公表した世論調査でこんな結果が明らかになり、英国人のボンドに対する思い入れの強さを示す格好となった。

調査結果によると、黒人などの人種的マイノリティーがボンドを演じることについて、58%が「受け入れられる」、29%が「受け入れられない」と回答し、許容する声が多数を占めた。同性愛者の場合でも47%が賛成、40%が反対だった。

女性がボンドを演じるのは36%の賛成に対して反対が51%だった。最も不人気だったのは「英国籍以外のボンド」で、賛成は35%にとどまり、反対は53%に上った。

ボンドを演じてほしい俳優の投票では、英黒人俳優のイドリス・エルバ氏が28%で首位。英白人俳優のトム・ハーディ氏が11%でこれに続いた。

調査は9月半ば、英国の成人男女1677人を対象に実施した。

情報源:007、黒人も同性愛者もOK=ただし外国人はだめ―英世論調査(時事通信) – Yahoo!ニュース

情報源:007、黒人も同性愛者もOK=ただし外国人はだめ-英世論調査:時事ドットコム


ふむ・・・


記事の有効期限: 2018年12月13日 Thursday 9:29am