信州大学で“世界で最も赤いリンゴ” お披露目

信州大学で“世界で最も赤いリンゴ” お披露目 | NHKニュース

この見た目は・・・


信州大学農学部が開発した、果肉が芯まで真っ赤に色づいた「世界で最も赤い」というリンゴがお披露目されました。

「世界で最も赤い」というリンゴは、信州大学農学部の伴野潔教授が5年前から開発を進め、11日、お披露目されました。

完成したのは、赤い色素の「アントシアニン」を多く含む品種をかけ合わせて作った2種類で、いすれも果肉が芯まで真っ赤に色づいています。

果肉が赤いリンゴはすでにありますが、今回のリンゴはアントシアニンの含有量がリンゴ100グラム当たり最大26.3ミリグラムと、世界最高レベルだということです。

2つの種類のうち、1つは小ぶりで酸味が強くジャムなどの加工用に適していて、もう1つは大ぶりで甘みが強く、そのまま食べるのに適しているということです。

伴野教授は「色のつき具合や味などにまだ研究の余地があるので、さらに研究を重ね、皆さんがおいしいという品種を作りたい」と話していました。

信州大学では品種登録に向けて栽培方法などの研究を進めていくということです。

情報源:信州大学で“世界で最も赤いリンゴ” お披露目 | NHKニュース




ふむ・・・


記事の有効期限: 2018年12月12日 Wednesday 10:42am