アンパンマントロッコ、瀬戸内海の風感じて 家族に人気:朝日新聞デジタル

ふむ・・・


STUの2人が乗ったアンパンマントロッコ=岡山県倉敷市、安冨良弘撮影
STUの2人が乗ったアンパンマントロッコ=岡山県倉敷市、安冨良弘撮影

瀬戸リスト

JR四国が運行しているアンパンマントロッコが、家族連れに人気だ。車体には瀬戸内海の島々をイメージした風景の中に、アンパンマンのキャラクターたちが描かれている。

車内には、アンパンマン人形と一緒に写真が撮れる「記念撮影コーナー」、足元から海面や島の緑が見える「床窓」などがある。オープンスペースのトロッコ車両に乗ると、晴れた日には瀬戸内海を渡る風が心地よい。

アンパンマントロッコに乗り込み、ポーズをとる福田朱里さん(左)と甲斐心愛さん=安富良弘撮影
アンパンマントロッコに乗り込み、ポーズをとる福田朱里さん(左)と甲斐心愛さん=安富良弘撮影

お弁当やグッズが買える売店などがあり、ファンにはたまらない。小さな子供連れが安心して乗れるよう、おむつ交換に使える多目的ルームやベビーカー置き場もある。

3月~11月の土日祝、春・夏休みなどに、岡山―高松間、岡山―琴平(香川県)間で運行。乗車券のほかグリーン車指定席券が必要。定員48人。

情報源:アンパンマントロッコ、瀬戸内海の風感じて 家族に人気:朝日新聞デジタル


へぇ・・・


記事の有効期限: 2018年12月12日 Wednesday 7:27pm